Category [国政 ] 記事一覧

マリオが冒険の旅に出るか?

京都市の会合で、ジャーナリストの田原総一朗氏が安倍晋三首相に「政治生命を懸けた冒険」を提案したそうですが、記事の文面を見るに、なかなか意味深な書き方ですね。アベノミクスで日本経済を引っ張ってきた安倍首相ですが、円高もある程度解消され、株価平均も現在2万円ほど・・・。各企業にも業績回復の兆しがみられ、就職戦線も活況を帯びています。当然、安倍内閣支持率もついこの前まで高水準でしたが、モリカケ疑惑で急降...

今井エロ子と恥本健か・・・

元「SPEED」の今井絵理子・参議院議員と自民党の神戸市議会議員、橋本健がいい関係だって!小泉チルドレンとか安倍チルドレンとか何とかチルドレン・・・何だこりゃ?今井絵理子が「SPEED」の元メンバーだったことを知らないぐらい、ブログ主は芸能界に疎いのですが、こんな人物でも政治家になって、年額うん千万の歳費を貰えるのか・・・。で、この今井絵理子っていう議員、日本国憲法とか法律とか、国際情勢についての知識ある?...

稲田防衛大臣辞任の後、何が起こる?

蓮舫が民進党代表を辞任するってニュースがあった直後、稲田防衛相が辞任か・・・まあ、南スーダンの日報云々とか、都議選での問題演説とか、野党に突っ込まれるような事が何度もありましたので、与党や安倍さんもついに庇いきれなくなったか?あれほど連日「安倍やめろ!安倍やめろ!」と吠えていた蓮舫が辞任・・・満身創痍になりながら、庇いに庇った稲田が突然の辞意表明・・・一体どうなっているのでしょう?まず、南スーダン...

代表辞任か、つまんないな!

民進党の蓮舫が党代表を辞任するらしい・・・というか、この記事アップした頃にはテレビでもニュースが流れているんだろう。先日加計問題とか南スーダンPKO関連で閉会中審査があり、与野党間で質疑の応酬がありましたが、蓮舫も、もの凄い形相して安倍さんに迫っていたのでは?ずっと前の話ですが、とある女の子がテレビを見て「蓮舫さん怖い」とつぶやく記事が話題になりました。まあ、野党の立場とはいえ、眉間に皺寄せて、目...

日本会議ね!

最近、安倍内閣や安倍さん個人に対する逆風がもの凄いですね!森友加計山口某のレイプ騒動稲田防衛相など閣僚の失言原発再稼働に対する反発都議選惨敗文科省の反逆南スーダンPKO日報アベノミクス不発安倍内閣支持率低下などなどアメリカのメディアも、安倍さん「疑問視」的な記事を載せるようになりました。なんというか・・・日本全体アメリカも「安倍降ろし」に染まりつつあるというか・・・トランプさんとは良好な関係を維持...

血ルドレン

今、話題沸騰の「豊田真由子」自民党議員。ふ〜ん松蔭から東大法ハーバード留学厚生労働省入省・・・超頭がいい人だな!個人の経験というか個人的な感想というか・・・それを元にして述べるなら、親や親類縁者に高学歴な人物例えば東大卒とか京大卒とかがいる家庭ではその子どもたちも超難関校に進学する傾向が強いですね。そういった家庭では、ちょっとした家族間の会話視聴するテレビさりげなく置いてある書籍室内インテリア休日...

ご迷惑お加計しました。

加計学園問題ですが、怪文書が証拠として出回ったり、文科省前事務次官が衝撃暴露とか・・・。民進党など野党陣営は行け行けドンドンですが、政府は、その文書の所在を確認するための再調査を命じました。さて、この怪文書(メール)ですが、民進党のホームページにダウンロード可能な状態で掲載されていたので、自分のパソコンに保存し、開いてみました。PDFで開くと、やたら文字がかすれたり、部分的に欠損していたりで、これは...

剥がしてはならない「どぶ板」か?

今国会で紛糾している「森友問題」ですが、遅ればせながら、Google Mapで場所をチェックしてみました。名神豊中インターや阪急庄内駅の近く。猪名川や神崎川など、河川が多い地帯・・・。嘗ては葦などが生い茂る湿地帯だったかもしれません。昔は湿気が多くて住居には適さなかったでしょう。埋め立てて平地にしたんでしょうね。数十メートル歩くと、豊中市立の中学校や小学校があります。それから幼稚園。西隣は大阪音大のキャンパ...

騒ぎは収拾しないだろう

蓮舫氏の国籍問題については、ネットが発端だったのかな?最近では、テレビ・新聞でも報道されるようになりました。最初は強気だった蓮舫氏も、弁明を述べる度に、ネット民が過去の資料を持ち出し矛盾を突かれ、八方塞がりの状態となりました。公職選挙法によると、二重国籍の者が公職に就任しても特に問題はないようです。では、ネット民の不満はどこにあるのでしょう?一言でネット民と言っても、それぞれに主義主張があり、今回...

日本は戦後、アメリカなどが起こした戦争に加担してきました。

私は東京都民ではないので、東京新聞の記事に触れることは滅多にありませんが、どうやらアンチ安倍メディアのようですね。それにしても、ここまで書くとはね!はっきり言って、朝日新聞顔負け。この「筆洗」というコラムを書いた記者は誰だろう?特にこの部分が意味不明・・・↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 「目を引くのは、勇ましい発言で名を売る中堅の実力派女優、稲田朋美の防衛相への起用だ。監督としてはシリーズにサスペンスやホラー風...

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム