Category [EU関連 ] 記事一覧

ヨーロッパ人なんて、もともと野蛮人である。

英国の国民投票ですが、結果がEU離脱と決まり、キャメロン首相は辞意を表明。脱退手続きと脱退後の英国のリーダーシップは次の首相に任せると言いました。後継者は9月に決まる見込みと言っていますが、何か、理解に苦しむというか、キャメロンがすぐさま辞職するというのが、ちょっと分からないです。キャメロン政権下で実施した国民投票です。結果を踏まえ、EU脱退の作業をこなすのはキャメロンでは?作業期間は最長2年ほど...

ユーロ売り来るか?!

ギリシャにバルファキスという財務相がいるのですが・・・ノーネクタイ、カジュアルと、ファッション的にも異色の政治家!そのバルファキス財務相が爆弾発言というのですから、驚きです。<発言内容>① ギリシャは世界で最も破綻した国である。② ギリシャが債務返済を怠るということを2010年5月の時点で欧州首脳が認識していた。③ ギリシャが破綻していないかのように、流動性が不十分であるだけかのように(欧州首脳らが)振...

アメリカはEUを警戒しているのか?

一つ前の記事で、EUプラスBRICsと書きましたが、そのラインで考えると、どうも、北アフリカや中東の混乱は、ある筋書きに従って進められているのではないかと思うようになりました。下記転載の記事は、昨日のものですが、目にとまったのは「難民」・・・民主化?運動などで、北アフリカや中東では、政情が不安定となった国が増え、難民が大量に発生しています。戦火を逃れ食料を求め平穏な生活を求め夥しい数の難民が、ヨーロッパ...

ハンガリーに続け!

ハンガリー債が格下げとなった。ほとんどジャンク債扱いライン・・・。ハンガリーはEU加盟国ではないが、もし、格下げが原因による経済破綻を起こすと、ヨーロッパや世界経済に与える影響は小さくはないだろう。中銀法可決?!中央銀行の独自性を侵害する恐れがある・・・中銀が政府の影響下に置かれる・・・日本で例えると日銀を政府の統制下に置くと言うこと・・・通貨の発行権を政府が取り戻すということか???これは、画期...

スペインは既に破綻している?

スペインのバレンシア州がドイツ銀行への債務返済を1週間遅れる??スペインの財政の懸念が昨年より囁かれているが、既に州単位で、崩壊の兆しが見え始めているようだ。世間では、ギリシャデフォルト危機のことを騒いでいるが、スペインが崩れると、EUにおける影響は計り知れない。次いで、イタリア・・・。イタリア国債は、とりあえず順調な水準で推移しているようだが、何者かが買い支えているという情報もある。いつ事件が起こ...

EUの命運を握るドイツ

「強いドイツ」・・・東西ドイツ統一後なぜ、EU(ヨーロッパ連合)が発足したのか?答えは簡単。ヨーロッパ各国が、強いドイツの台頭を恐れたからだ。放っておくとたちまち国力を回復し、超大国になるから・・・戦前から科学が発達し、勤勉実直な国民性に加え自動車など、工業製品の開発・製造に関しては他国の追随を許さない。統一後のドイツは国土も広大で、欧州各国が第二次世界大戦の悪夢の再来を恐れたことは容易に想像でき...

いよいよ全世界に激震が走るか

風雲急を告げるとはこのことか・・・。ギリシャ関連の記事・・・深読みすれば、ギリシャをデフォルトにしてでも、イタリア、スペインなど黄色点滅信号のEU加盟国の救済に資金を回さなければならないとうことか・・・?フランス債も状態が悪化している。あのドイツ債も35%札割れ・・・。EUが既に、このような状態であるのなら、日本が、救済に資金を提供しても焼け石に水だろう。来週の金融市場は大荒れになると思われる。それか...

EU大爆発の導火線

イタリア、非常にまずくなってきた・・・。このままでは本当に最悪の状況まで行き着くかも・・・。EU危機をダイナマイトに例えたら、最初のマッチ1本がギリシャちっちゃな火種が導火線に着火・・・最初の1メートルがイタリア次の2メートルがスペインやポルトガル途中パチッと弾けるのがキプロスその後導火線がやや湿気ているのかちょっと火が消えかかるがそのうち火力を盛り返し元気に燃焼・・・続く5メートルがフランスそし...

イタリアの行方

イタリア、非常にまずくなってきたな・・・。このままでは本当に最悪の状況まで行き着くかも・・・。EU危機をダイナマイトに例えたら、最初のマッチ1本がギリシャちっちゃな種火が導火線に着火・・・最初の1メートルがイタリア次の2メートルがスペインやポルトガル途中パチッと弾けるのがキプロスその後導火線がやや湿気ているのかちょっと火が消えかかるがそのうち火力を盛り返し元気に燃焼・・・続く5メートルがフランスそ...

EU崩壊が始まったかも

ユーロ危機問題は震源地ギリシャで内閣信任投票が実施され、とりあえず内閣は信任・・・。危惧されていた「ギリシャ救済策」に対する国民投票は回避された模様だ。しかし、国政立て直しには難題が山積・・・。政府は野党に対し大連立構想を打診しているという。そこで野党が出してきた条件が、パパンドレウ首相の辞任・・・。これで、ギリシャ再建作業はまた大幅に遅れることとなる。待ったなし状態のユーロ金融市場では再び不安が...

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム