Category [中国 ] 記事一覧

大陸人は基本「残虐」です。

台湾といえば親日国で有名ですが、そんな台湾の治水(ダム工事)に尽力した日本人技師の像の頭部が何者かによって破壊されました。犯人は、後日、元議員とかであったことが判明するのですが、この犯罪、八田技師の功績に対する何らかの不満が理由なのか、反日が理由なのかよくわかりませんが、一言!やることが「幼稚」です。この老人、恐らく大陸から渡ってきた人物なんでしょうが、中国共産党の反日思想にどっぷり浸かった「アホ...

習近平は無謀な賭けに打って出るか?

日本政府高官が台湾(中華民国)を公式訪問か・・・。1972年以来。1971年のアルバニア決議で中華人民共和国が常任理事国となり、中華民国(台湾)は国連及び国連関係機関から脱退。国際連合って、先の大戦の連合軍クラブですね。通称戦勝国クラブ。日本がアメリカに敗れ、降伏したため、日本軍は中国大陸から撤収しました。日本がアメリカとの戦いで勝手に転けて、中国に「勝利」が舞い込んできたということです。日本軍と...

中国は傲慢に見えますが、実は臆病

2~3年ぐらい前、台湾軍がアメリカ軍に置き換わりつつあるという情報を目にしたことがあります。軍用車両や戦闘機から台湾軍の国籍マークが消されて行っていると・・・。今回転載した記事では、ジョン・ボルトン元米国連大使が「在沖縄米軍を台湾に移転を」と、提言しているとのことですが、このニュースは、2〜3年前台湾で起こった変化を裏付けるものなのかもしれません。つまり、台湾へは、かなりの規模の米軍が展開しているの...

もしもの場合の亡命先はフィリピンです

フィリピンのドゥテルテ大統領ですが、支持率91%だそうで・・・一方、韓国の朴 槿恵大統領は25%ぐらい。この人気の違いは何だろう?ちょっと前、ドゥテルテ大統領について知っていることといえば、麻薬関連の犯罪者を犯行場所とかで、容赦なくバンバン撃ち殺している!っていうことぐらいだったかな?凄いですね!逮捕もせず、当然裁判も無しで銃弾食らわすとは!欧米先進国や日本ではあり得ないことです。でも、この影響か...

大中華帝国にしては、やることが小さいね!自分のあれのサイズ程度(笑)

日本で宿泊したホテルの水道を全開にして、満州事変の仇をとった!これ、中国の富豪のすることです。で、その妻は中国の元オリンピック選手だそうですが、夫の行動をツイートで称賛したそうな!「小さな国にいじめられたのを忘れられない」というのが理由だそうで、小さい国というのは「日本」のこと。中国は大きな国・・・。1930年代の中国って、形の上では「国家」ですが、国家として機能せず、実態としては、中国大陸は軍閥...

中国人よ、頑丈な車がいいのなら戦車に乗れ!

なぜアメリカ人が日本車を好むのか、中国人には理解できないらしい。戦前から戦後あたりの日本車というのは、それほど品質はよくありませんでした。たぶんフォード車を参考にして国産に取り組んだのでしょうが、アメリカの技術を超えることは出来ませんでした。もともと欧米は馬車の国日本は「駕籠」か(笑)欧米は車輪のある乗り物が走り回ることを前提とした道路、そして街作り・・・。当然、日本にそのような発想はありませんで...

尖閣騒ぎはもしかして「茶番」か?

尖閣周辺には、中国の公船や漁船など300隻ほどがうようよしているらしい。何しに来ているか知りませんがご苦労なことです。一隻あたりの燃料代の平均が100万円として3億円か・・・でかい船も来ているのでもっと燃料代かかっていそう・・・漁船も公船も、高い燃料代使って収穫も0だったらどうするつもりなのか?現場で魚でも獲って中国で売るのか?それか、中国政府が燃料代と日当を支払っているのか?ん?もしかして日本政...

中国に空母を建造する技術は無い

中国自慢のJ−15戦闘機が空母着陸に失敗して墜落。パイロット死亡。原因は飛行操縦制御装置の故障・・・。空母「遼寧」って、旧ソ連で建造され未完成のままウクライナに放置されていたのを、確か香港の業者が洋上レストランに改装するとかで買い取った奴じゃなかったっけ?で、最終的には中国海軍に渡ってリフォームされ空母「遼寧」になった。空母としては旧式で、船首がスキーのジャンプ台みたいに空に向かって反っくり返って...

トラは人間が好物なのか?

北京のサファリパークで若い女性がトラに襲われて死亡したそうです。これは監視カメラの映像ですが、女性が助手席から車外に出て、運転席側に回ったところでトラに襲われています。女性が車外に出た理由は「口論」らしい。別のニュースでは、この映像に映っている女性が死んだのではなく、助けに出た別の女性が別のトラに襲われ、持ち去られたとか・・・。サファリパークは危険な猛獣が放し飼いになっているので、車外に出ることは...

満水のダムが破壊されると中国は詰みます

南シナ海の領有権を巡って中国とフィリピンが争っていた件で、仲裁裁判所が裁定を下しましたが、中国としては国連海洋法条約第298条批准に際し、「領土や海の境界、歴史的な権限、軍事活動などを紛争解決手続きから除外する」と宣言していますし、2011年に中国とフィリピンが発した「紛争を2ヵ国間の話し合いで解決する」という共同声明に違反している、また南シナ海問題の解決を当事者間の話し合いで行うとした「ASEAN...

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム