Entries

アメリカはEUを警戒しているのか?

一つ前の記事で、EUプラスBRICsと書きましたが、
そのラインで考えると、
どうも、北アフリカや中東の混乱は、
ある筋書きに従って進められているのではないかと思うようになりました。

下記転載の記事は、昨日のものですが、
目にとまったのは「難民」・・・

民主化?運動などで、北アフリカや中東では、政情が不安定となった国が増え、
難民が大量に発生しています。

戦火を逃れ
食料を求め
平穏な生活を求め
夥しい数の難民が、ヨーロッパを目指しています。
今回の難破はゴムボートですが、
過去には、しっかりとした船舶が謎の沈没を遂げたり、
船長船員がこっそりと脱出したりと、
怪しげな事件が起こり
多くの犠牲者が出ています。
この引用記事にも
3500名が命を落としたとあります。

どうして難破したり漂流したり、波をかぶって多くの難民が命を落とすのでしょうか?

何となく確信犯的なニオイが・・・

難民の弱みにつけ込んで、乗船料をガッポリ吸い上げ
あとは知らんぷり・・・
悪徳商法がばれるとまずいので沈没させる。

もともとヨーロッパまで航行できる燃料なんて積んでいない・・・
船長、船員は密かに脱出する・・・
地中海なんて絶対渡れないのを承知の上で、ゴムボートを売りつける・・・

まあ、そういう輩もいるのでしょうが、
基本、ヨーロッパに来てもらっては困るという背景がチラチラ見えます。

北アフリカや中東の混乱は、
大量の難民をヨーロッパに流すことが目的なのか?
大量の難民がヨーロッパに入り込むと、ヨーロッパ各国はその対応に手を取られるし、人道的援助で金銭的な負担も増大します。
もしかすると、難民に紛れて、イスラム国兵士とか、そのた過激分子が入り込む恐れもあります。

妄想たっぷりですが、
将来EUがロシア・中国と手を組むと予測したイスラエル・アメリカ勢力が、
わざと、北アフリカと中東に混乱が起こるよう工作したのかも・・・

仮に、EUがアメリカ・イスラエルと訣別し、ロシア・中国と手を組むと、
EUプラスBRICsという、ユーラシア大陸にブラジルとが加わった
超巨大経済共栄圏が出来上がるわけで、
それは、同時に、アメリカの衰退を意味し、国際社会の覇権はEUプラスBRICsに移行・・・
特にロシア・中国・ドイツの発言権が大きくなるでしょう。

一方アメリカ勢は、カナダと連携、TPPをてこに環太平洋諸国を組み込んだ壮大な経済圏を構築、もちろん日本、オーストラリアがこれに加わっています。

EUプラスBRICsが大陸中心の経済圏であるに対し、
北アメリカ環太平洋連合は広大な海を取り込んだ大経済共栄圏・・・

覇権を維持を目論むアメリカは、EUプラスBRICs連合成立を阻止すべく
難民という時限装置をヨーロッパに植え付ける。
一方ヨーロッパは、その陰謀を阻止すべく
難民の排除を水面下で進める・・・。

気になるのは、中東にぽつんと残されたイスラエルですが、
今後の世界情勢は
どうも、イスラエルの動向がポイントになりそうです。

第三次世界大戦は起こってほしくはないですが、
もし起こるとすれば、
この、大陸連合と海洋連合の激突となるかもしれません。

気になる「世界覇権」の行き先ですが、
紛争地を多く抱える大陸連合は圧倒的に不利ですね。
各地で頻繁に起こるテロ鎮圧にエネルギーを取られ、
自壊するかも?
なんて、勝手な想像をしています。








朝日より

・・・転載開始・・・


地中海で難民300人以上不明 ボート4隻波にのまれる
http://www.asahi.com/articles/ASH2C6VD5H2CUHBI01L.html
山尾有紀恵2015年2月11日22時47分

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は11日、リビアから欧州へ向かっていた難民のゴムボート4隻が地中海で波にのまれ、少なくとも300人が行方不明だと発表した。生存の可能性は小さいとみられている。

 地中海では8日にも、悪天候のなか、ボートで渡ろうとした難民29人が体温の低下で死亡している。

 中東・アフリカでの紛争の悪化で、欧州へ密航する難民は増加傾向にあり、欧州の玄関口のイタリアへは1月だけでも3528人が到達。約2割はシリアからの難民だったという。昨年は21万8千人が地中海経由で欧州に渡ろうとし、約3500人が死亡している。(山尾有紀恵)



・・・転載終了・・・


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム