Entries

2010年、韓国は対馬侵攻作戦を進行していた

先日「余命3年時事日記」さんのブログを読んでいたんですが・・・

2010年の延坪島砲撃事件ですが、
北朝鮮による予告無しの砲撃に韓国軍が反撃した、一時的な軍事衝突だと思っていましたが、
その裏で、
10月20日、韓国軍が対馬侵攻を疑われる異常な部隊移動を開始し、韓国政府は米から警告を受けていたそうです。同時に米は、事態を日本政府にも通報。防衛大臣は北澤俊美。
11月23日、延坪島砲撃事件発生。北朝鮮は本気で韓国侵攻を考えていたそうで、数個師団にも及ぶ北朝鮮軍の移動があったとか・・・
朝鮮戦争の再開を嫌う米中両国は抑止介入に踏み切ったのだそうで・・・
中国は北朝鮮国境に、瀋陽軍区10万、北京軍区10万、最終的に30万をこえる部隊を集結!
結果、北朝鮮軍の南進は実行されなかった・・・。 
当時日本は、売国民主党政権でした。米は政府と自衛隊に警告したそうですが、菅政権は全く対応しなかったそうです。
そういえば、仙谷由人が、自衛隊のことを「暴力装置」と呼んでいましたね!
で、自衛隊は北澤防衛大臣を無視して防衛体制JTF-TF(統合任務部隊創設)を構築、独自に動き出したとか・・・。
延坪島事件後、韓国軍の配置が通常に戻らないため、自衛隊は韓国軍を警戒・・・1月になり、第二次管内閣の発足直後に平常に戻ったらしい。
ということで、自衛隊の管直人に対する売国奴意識は猛烈で、
2月には制服組が動き出し、
3月には日本でクーデターが起こるのではという状況まで達していたとか・・・
しかし、3月11日に東日本大震災が発生し、すべてがリセット・・・
その後、野田内閣では、李明博の竹島上陸、天皇陛下侮辱発言等があり、日本国内で嫌韓感情が増大していきました。
6月に日韓の軍事情報を共有するような条約締結の動きとか、
韓国に都合のいいような国外財産調書法、
外国人参政権の推進等が進められていく状況に自衛隊が大きな危機感を抱いたそうです。
しかも野田内閣は、慰安婦問題で「謝罪と10兆円にも及ぶ慰安婦賠償」を韓国側に提案していたそうです。
そこで自衛隊がぶち切れたらしい・・・。
自衛隊によるクーデターの動きを察知した野田が打った手が、
突然の衆議院解散だった・・・

陸上自衛隊には「調別」という部署があるそうで・・・
その日本版FEMAみたいな部署が動きかけたということかもしれません。
これについては、
当ブログ
「「別班」とか「調別」とか・・・」
http://mizunamayuneko.blog.fc2.com/blog-entry-1139.html
で少し触れています。
この記事で、「あの民主党政権の時代2回ほど、調別が全権発動する一歩手前まで行ったとか・・・という話もあるそうです。」と書きましたが、
当時から、そのような情報が出回っており、それを参考に私は記事を書いたということです。

何か、空想物語のような感じですが、

あれです、例の韓国軍の通信装置が、軍事機密を暗号化せずに送信していたことが最近分かったという「あれ」!

アメリカは、世界中に情報収集網を張り巡らしています。
もちろん軍事衛星もあります。
プラス、バカ韓国軍の通信装置の欠陥を逆に利用し、
韓国
中国
北朝鮮の動向を
リアルタイムでキャッチしていたということですね。
でないと
延坪島砲撃事件の真相とか
韓国軍の対馬侵攻のための軍隊移動とか
北朝鮮の韓国侵攻作戦実行寸前とか
中国による懐柔策とか
分かりっこないですね!

ん〜
陰謀論では、311は米軍が引き起こした人工地震だといわれています。
目的は、
日本の核兵器製造を阻止するためとか
財政難に苦しむアメリカ政府への資金献上を断った報復とか
イスラエルが一枚かんでいるとか
いろんなパターンがあるようですが、

もしかすると、
陸上自衛隊制服組によるクーデターを阻止するため
というのも、
311陰謀説に加わるかもしれません。

最近表に出てこなくなった小沢一郎さん・・・
陸自との繋がりが強いとどこかで読んだような気がします。
311で大きな被害を受けたのは、小沢さんの地盤の岩手・・・
降って湧いてきたような西松建設事件で散々叩かれました。

何だか、いろんなことが繋がってきそうな・・・

ちょっと内容が怖くなりそうなので、このへんで書くのを止めておきます。




スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

つい最近行われた、韓国軍の竹島上陸演習&文在寅の北朝鮮べったり政策&米韓首脳会談失敗・・・。
こいつら性懲りもなくまた対馬・九州侵攻作戦をたくらんでるね。
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.07/08 10:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム