Entries

もしかして日本は、世界遺産の件で韓国に外交上勝利したのか?!

今回の世界遺産登録に関し、日韓が衝突した件・・・
いろいろネットで勉強していると、
少し見えてきました。

◇日本政府代表団声明文

英語

Japan is prepared to take measures that allow an understanding that there were a large number of Koreans and others 
who were brought against their will and forced to work under harsh conditions in the1940s at some of the sites,
and that,during World War2,the Government of Japan also implemented its policy of requisition.

日本語

日本は、1940年代にいくつかのサイト(施設)において、その意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者等がいたこと、
また、第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことについて理解できるような措置を講じる所存である。



文中に「forced to work」とあります。
韓国側は
「forced to work」は強制労働の意味!

対する日本は
「forced to work」は
「forced to labor」ではない。

国際労働機関の
1930年の強制労働条約(第29号)
http://www.ilo.org/tokyo/standards/list-of-conventions/WCMS_239150/lang--ja/index.htm

によりますと、

「純然たる軍事的性質の作業に対し強制兵役法によって強制される労務、国民の通常の市民的義務を構成する労働、裁判所の判決の結果として強要される労務、緊急の場合、例えば戦争、火災、地震、猛烈な流行病その他のような災害またはそのおそれのある場合に強要される労務、軽易な地域社会の労務であって通常の市民的義務と認められる労務などは包含されない。」



とありますので、

「1944年9月から1945年8月終戦(終戰)までの間に「国民徴用令」に基づき、韓半島出身者の徴用が行われた」件は、上記の「強制労働条約」に違反していないとなります。つまり、合法であると・・・。

単語1つ違いで
天国から地獄
地獄から天国ですね〜。

韓国はworkであろうがlaborであろうが意味は同じとメディアで国民に流していますが、
委員会の議事録は英語で記録されますので、当然英語での理解となります。
強制労働条約(第29号)に強制労働=forced workと記述されていない以上、
国際法上forced workは強制労働ではありません。
韓国が「どちらも同じ」と主張しても認められないでしょう。

何だか、非常に微妙できわどい駆け引きですが、
これで韓国の頭を押さえつけることが出来れば、
結果的には日本の勝利ですね!

ただ、韓国は、慰安婦や植民地支配などのように世界各地で歴史戦を展開していくでしょう。
軍艦島はアウシュビッツだとか
軍艦島は奴隷輸出港だったとか
軍艦島にも慰安所があり、韓国人女性が性奴隷として扱われたとか
あちこちで言いふらすと思います。
厄介ですね。

でも、今日あたりの韓国メディアの論調は
外交的勝利一辺倒から
日本にしてやられた!
日本に騙された!
日本は信用できない!
に変化しつつあります。

やはり「forced to work」=「forced labor」
という主張で日本を追い込むことには
限界があると悟ったのか・・・

これからは
姑息な手を使い韓国人を騙す日本という
新しいプロパガンダを立ち上げ
韓国を反日に染め上げていくつもりでしょう。

韓国がさらに反日に精を出そうが知ったことではありませんが、
関係悪化の原因が、世界遺産登録の場で日本によって引き起こされる事態だけは回避できたということで、
「英文解釈の誤りで勝手に怒る韓国」という演出がばっちり出来たので、
アメリカもこれ以上日本に
「韓国との関係を改善せよ」なんて無理難題はふっかけてこないでしょう。

加えて、日韓首脳会談実現なんて話は木っ端微塵に吹き飛んでしまったことは説明するまでもありません。





朝鮮日報より

・・・転載開始・・・

世界遺産対立:「forced to work」≠「forced labor」!?
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/07/07/2015070700502.html

外信記者・学者らは「意味に違いない」
「forced to work=合法的」というのは日本だけ
韓国政府「どう翻訳しても日本の強制徴用明確」



 5日、ドイツのボンで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で、日本代表団は英語で「1940年代に多くの韓国人が自分の意思に反して動員され(brought against their will)過酷な条件で強制的に働かされた(forced to work under harsh conditions)ということを知らせたい」と述べた。

 これについて、韓国代表団は「歴史的真実を確認する重要な一歩だ」と述べた。日本が徴用の強制性を公式に認めたということで、前日まで韓国側演説に盛り込もうとしていた「強制労働」(forced labor)という表現は外した。ところで、「強制的に働かされた」(forced to work)という言葉と、「強制労働(forced labor)」という言葉には何の違いがあるのだろうか。

 外信記者や学者たちは「何が違うのか分からない」と言った。アジアで10年以上活動したイギリス特派員は「英語で記事を書き、本を書き、デスクの仕事をする私もニュアンスの違いが分からない。強さの差はない」と語った。韓国が望んだ「労働(labor)」と、日本が望んだ「働く(work)」は、後者の方が多少一般的な言葉であるだけで、どちらの方がもっと強いとか、弱いとかいうことではない。

 だが、その答えは日本側から出された。日本外務省の水嶋光一参事官は「当時の日本では徴用が合法だった」「(朝鮮人労働者を本人の)意思に反して日本に連れて来られた方もいたことは否定できないが、それは違法な形で強制労働を行ったことを意味するものではない」とした。「強制労働」と書くと違法だという感じが強いが、「強制的に働かされた」と書けば少なくともその当時は合法だったとの意味になるという主張だ。

 これに対し、韓国政府関係者は「世界遺産委員会議長は『正本は英語版だけだ』と言った。日本がどう翻訳しても日本の強制徴用の事実が明確になっているのは明らかだ」と語った。

東京=金秀恵(キム・スへ)特派員 , イム・ミンヒョク記者 , イ・スルビ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

国内向け言い訳 

海外の主要な英語インタネットニュースサイトを見ると、残念ですが複数紙に強制労働(Forced Labour, Slave labour)という文字が見られます。日本は悔い改めた(Repent)、という見出しすらありました。ニュースなので「面白おかしく」書く傾向はあるのでしょうけど、海外一般人のイメージは固定されたのではないかと危惧します。

最終責任はどこにあるのか、いつもながら良くわからない展開ですね。日本の悪い面が出たように思います。

もはや商業化だけでなく国際政治の道具にすらなった世界遺産登録フィーバーはおしまいにした方がよいかと思います。
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2015.07/08 12:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

思うんですが、韓国という国は成立当初からアメリカの傀儡であり(初代大統領はアメリカに逃亡していた両班ですしw)、日本が軛を解き普通の国として振る舞わぬよう妨害・監視するのが至上命題だったのでしょう。

アメリカは、DNAの故郷である欧州の意をくみ、日本によって植民地を奪われ得られるはずの利益を破壊されたことに対する逆恨みを潜在意識として持ち続けています。
一旦は日本に儲けさせた上で、本来自分たちが手にするはずの金を『みかじめ料』として搾り取っている構図です。

そして、アメリカにとっての利益を損なうと映る、本当に日本ための国益を考える日本の政治家は長生きできません。 この先有望なのに自殺をしたり、不可解な病死であったり、アメリカからの『証言』のみで事後法によって有罪とされたり・・・・

こんな連中のお先棒を担ぐが、言わずと知れた韓国ですw

  • posted by h 
  • URL 
  • 2015.07/08 13:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 国内向け言い訳 

名無し様、コメント有り難うございます。
今回の件では、あの「佐藤地」とかいう外交官の姿勢が問題視されていますね。
「譲歩」という言葉は、日本人の耳には「悪く」は聞こえませんが、
勝ち負けでしか物事を判断しない韓国人にとって
日本から「譲歩を引き出した」ことは「勝利」したと同義です。
つけあがる口実を与えてしまったことは確かですね。
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2015.07/09 05:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム