Entries

中国、国際貢献できないまま70年経過の記念日

中国が、抗日戦争勝利記念行事を開催するにあたり、世界50カ国に招待状を出しているそうですね。
うわさによると、韓国や日本にも来ているらしい・・・。

「MIZUNAの部屋」を訪れる皆さんは、
現在の共産党政権が大日本帝国軍と戦火を交え
勝利したなんてことは
「大嘘」であると、ご承知でしょう。

日本軍が相手にしたのは、
当時中国大陸で跋扈していた
「ならず者軍隊」である国民党軍・・・。
蒋介石率いる匪賊ですね!

日本軍にしてみれば、中国大陸の治安維持のため
テロ、破壊工作、殺人、略奪、放火を繰り返す国民党軍を
鎮圧する必要があった訳ですが、アメリカから豊富な物資や武器弾薬の援助を受けていた国民党軍は、中国全土を逃げ回り、結果、日本軍は掃討作戦のエリアを中国大陸奥深くまで拡大せざるを得なくなった・・・。

ん〜
これ、最近の中東情勢に似ている!
中国を中東
国民党軍をISに置き換えるとドンピシャ!
アメリカは、昔からこんなことやってたんだな〜

さて、話は戻って・・・
これは、「事変」なのか「戦争」なのか?
意見が分かれるところですが、
内紛、内戦状態にあった当時の中国に対し、日本は「宣戦布告」なんてしていません・・・
日本国民に「中国と戦争状態に突入した」と伝えてもいません。

凶悪国民党軍を日本軍が追撃していた当時
共産党軍は何をしていたんでしょうね?
国民党軍と日本軍の対立が深まるような工作・・・
邦人殺害とか破壊工作をして、
「国民党軍の仕業」とふれまわる・・・
一方では
日本人は「悪い民族だ」とふれまわる・・・
史実からは、このような「せこい」行為しか見えてきません。

まさか共産党軍は、「日本軍に対してこんなことしかしていませんでした」
とは言えないので、
嘘であったとしても、勇ましいことを国民に吹き込まなければならないのでしょう。

「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」を掲げて
国際社会における中国の地位を向上させる狙いがある?

へそ曲がりな私としては、
「へえ〜?そうなんだ・・・。戦後70年も経過しているのに、中国の地位は高くはないんだ。」
と理解します。

中国が「戦勝国」として戦後の国際秩序づくりを担ってきたと宣伝したい意図があるそうですが、70年間、そのような評価を受けなかったので、
今の中国があるのでしょう。
70年経過して現状の評価なんですから、
いくら頑張っても、
これから将来、
今以上に「評価」されることはないですね。

国際社会はずっとずっと先を進んでいます。

連中の言う「戦犯国家ドイツ」は
今や、EUの盟主!
日本は戦後、焦土から立ち上がり、奇跡の復興&経済大国!
へたれのイタリアは知りません。

過去にこだわっているのは、中国と韓国だけ。
過去にこだわり続ける以上、前にはすすめませんね。
招待を受けた国家のほとんどが回答保留だそうで・・・
当たり前ですね。
中国・韓国と同じだと思われたくはない・・・
または
このような招待状を送りつけた意図を図りかねる・・・

空気読めないんですね!習近平は・・・

もう一段踏み込んで言うならば、
「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」
というのは
「戦後から今日に至るまで、国際社会への貢献度を認知されなかった中国を嘆く70周年」ということです。

まあ、小さな子どもがだだこねているような感じに見えますが、
中国瓦解の足音がそこまで聞こえて参りましたので、
こんな声明を発信するのも、これっきりなんじゃないかな?


exciteニュースより

・・・転載開始・・・

中国、抗日式典に50カ国招待 大半が態度保留
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20150716/Kyodo_BR_MN2015071601000718.html
共同通信 2015年7月16日 09時31分 (2015年7月16日 09時33分 更新)


 【北京共同】中国政府が、北京市で9月3日に開く抗日戦争勝利記念行事で、50カ国余りの首脳に出席を呼び掛けていることが16日分かった。大半の国が返答せず、態度を保留にしているという。北京の外交筋が明らかにした。
 今年を「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」と位置付ける習近平指導部は、中国が「戦勝国」として戦後の国際秩序づくりを担ってきたとの宣伝を展開。9月の記念行事に、より多くの国の指導者の参加を取り付け、国際的地位の向上を内外にアピールしたい考えだ。
 外交筋によると、中国は日本や韓国、北朝鮮、欧米諸国に加え、東南アジア各国の指導者を招待している。



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム