Entries

国立競技場と安保法案

安保改正法案ですが、
一昨日衆院委員会で可決・・・
昨日衆議院送りで通過。
順調に
国会会期内に参院に送られ可決か?

野党は猛反対し、各メディアも、論議が尽くされていないとか、
強行採決だとか、やや与党を非難する姿勢を見せています。

議事堂前では、33歳の人物が1日中抗議の座り込みをしていたとか・・・

これで戦争まっしぐらとか
そのうち徴兵制とか
この道はいつか来た道とか
若者がたくさん死ぬとか

そういった声を聞きます。

さて、我が国の、
交通事故死者数は年間4000〜5000人
一時は10000を越えたり20000に迫ったりしていましたので
激減したと言えるでしょう。
でも、4〜5000人ほどの尊い命が毎年失われています。

それから殺人による犠牲者・・・
これも激減しており
現在年間1000人未満・・・
夢や希望を、理不尽にも一瞬にして断ち切られた人が年間1000人ほど・・・

あと、医療事故による死者・・・
これは推計ですが45000〜50000人ほどいると推定できます。

ということで、年間56000人越えの方々の命が寿命を待たずに失われているというのが日本の現状・・・。

先の大戦で、
最終的な日本の犠牲者数は大きな数字となりましたが、
そのほとんどは、大戦末期に集中しています。
終盤までは、それほど犠牲者は出ていません。

戦況が悪化すると犠牲者は増加に転じます。
優勢あるいは拮抗しておれば増加することはありません。

現状の日本・・・
ロシア・中国などの軍事大国が攻撃をしかければ、
何日持ち堪えられるでしょうか?
頑張って3週間。
最初は大きな戦果をあげるでしょうが、
物量で押し寄せられると
策はありません。
雨あられとミサイルを撃ち込まれ
最悪1週間で日本の上空をロシア・中国機が飛ぶかも・・・
現状の自衛隊の兵力で専守防衛なら、
ロシア・中国にやられてしまう公算が強いですね。

つまり、軍事衝突から数日は、犠牲者はほとんど出ませんが、
敵国が押し出すと一気に犠牲者が増えます。

停戦あるいは降伏という手がありますが、
反日教育を受けた中国などの軍人が、丁重に自衛隊員や日本の一般市民を扱うとは思えません。侵略軍が日本に進駐してくれば、そこら中に日本人の死骸の山が築き上げられるでしょう。
軍主導で殺戮と略奪が行われ、めぼしいものが無くなった段階で、軍政が敷かれるのでしょう。最終的には3000万~4000万ほどの日本人が殺害されると思います。
中国の場合
チベットやウィグルで何が起こっているのかを見れば想像がつくというものです。


安倍は戦争を知らないと揶揄する人々がいます。

ならば、そういうおまえ達はどうなのか?
欧米人・中国人の残虐性を知っているのか?
反日教育の恐ろしさを知っているのか?
戦場がどのようなものなのか知っているのか?


先ほど、事故や殺人、医療事故での死者のことを書きましたが、
自衛隊や若者に戦死者が出るのが嫌だと主張する人は、

戦争でもないのに
交通事故や
殺人
医療事故で
命を落とした方々の代弁者として
まずは
然るべきところに抗議に出なければいけないでしょう。

警視庁や病院の前で抗議活動をして下さい。
また、
ブラック企業やブラックバイトで命を削られている若者達の実情にも目を向け、該当企業社屋の前で抗議活動をして下さい。

人命を大切に思い、日頃からそのような活動に身を投じているのなら
議事堂前の出来事も少しは理解できます。
抗議をしている方々は、
多分、
警視庁や病院や会社前でデモとかやっていないでしょうね。

そういうところに、特定の政治色というか、特定の「思想」のニオイを感じます。

他国の不当な圧力に対抗するには、
友好国や関連諸国と
軍事上の補完関係や
安全保障を密にする必要があるでしょう。

例えば中国・・・
日本を攻撃すれば
同盟国が黙ってはいない。
そういう体制を構築しておくことは必要でしょう。
いわゆる軍事バランスというやつです。

しかし、今期国会で衆院を通過した安保改正法・・・
果たしてそのような効力が期待できるものなのか?
内容や、実際に運用した場合のシミュレーションをしてみないと言えないのですが、
甚だ疑問です。
もしかすると、
場合によっては、アメリカの逆鱗に触れるかもしれません。

それから、今朝のニュースで驚いたのですが、
政府は
例のメインスタジアム(新国立競技場)建設計画の見直しを
突如発表しました。

あの奇妙なデザインを後押しした
森さんや安藤さんがコメントを発していますね!
つまり、ザハ・ハディドのデザインや工費を非難する立場に寝返りました。

裏に何かありそうです!

安保改正法案通過への非難をかわすための自民党による工作なのか?
情勢の急激な変化により、ザハ・ハディドのデザインを採用できなくなったのか???
よくわからないですね。
ただザハ・ハディッドはイラク出身ですが
ザハ・ハディッド・アーキテクツはイギリスにあります。
設計思想に問題があるのか
イギリス(関連)で最近急激な異変が起こったのか???
何か、日本の奥深くで動きがあるような感じ・・・
例の安保法案は全く無関係に見えますが、
安保法案と国立競技場の件は立て続けにニュースとなっていますので
どうしても関連づけて考えてしまいます。
突拍子もない話ですが

新国立競技場建設計画見直し・・・安保法案見直し


仮に、何らかの大きな力が国政に影響を及ぼしているとすれば、
安保法案はもしかすると
参院で否決され
衆院に戻って廃案にされる
という前代未聞の結果となるかも・・・





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム