Entries

もしかすると日本は嵌められているのかもしれません

イスラエル〜日本の直行便が近々就航するそうです。
イスラエルから日本へ向かうには、香港かソウル経由しかルートがなかったらしい。
日本とイスラエル、遠く離れた二国ですが、旅行などでの人的交流とか文化の交流が活性化され、いいことですね!
と、
イスラエルと日本の航空会社や旅行業者のリクエストが実現したというニュースとして歓迎したいものです。
ただ、
以前記事に書きましたように、
近年日本とイスラエルの政治の上での関係は深まる方向で進んでいます。自民政権になってからはその傾向が加速されています。
今年1月に安倍首相がイスラエルを訪問したとき、20社以上の軍事関連業者も随行していました。
イスラエルの科学技術や先進的な軍需産業は大きな魅力です。
イスラエルのミサイル防衛システムであるアイアンドーム?だったかな?
の日本導入も検討されているとか何とか・・・。
定かではありませんが、そのような動きもちらほらですね。

二国間友好強化を越えて
いわゆる「準同盟関係」に向けて動き出していると考えて良さそうです。

相互にメリットがあるのでしょう。

この動向をアメリカなどがどう見ているかはわかりませんが、
横槍を入れるふうでもないので、
是認か
黙認か・・・
それとも泳がされているか・・・
でしょう。

日本とイスラエルが関係を強化することは
アメリカの戦略構想に既に織り込み済みということかな?

さて、直行便の就航・・・
やはりこれは
航空会社や旅行業者レベルの問題だけでなく
政府の意向
国家としての意思が反映されているのでしょう。

世間には「日ユ同祖論」というのがあるらしい。
多くのブロガーは、好んで「日ユ同祖論」を根拠に
記事を書くかもしれません。
日本人とユダヤ人はもともと同じ民族だった・・・
失われた10氏族の子孫が日本人であると・・・

だとしても、
現在イスラエルに住むユダヤ人や、世界中に散らばっているユダヤ人は、
どうやら、古代のユダヤ民族とは無関係らしいので、
「日ユ同祖論」を根拠にイスラエルと日本を結びつけるのには
かなり無理があります。

話を戻すと
今現実に起こっている、日本とイスラエルの接近は、
今後の世界情勢に、何らかの影響を与えるのでしょう。
例えば、金融面・・・
日本とイスラエル、ユダヤ系の財力を合わせると、
とんでもないパワーとなります。

それに、イスラエルとアメリカの軍事テクノロジーをプラスすれば
どのようなことになるか???

もしかすると、
世界は、際二時世界大戦後の戦後体制から脱皮し、
新たな世界観構築に向け動き出しているのかもしれません。

安保改正法案ですが・・・
冷静に考えてみれば
日本は、その先鋒として担ぎ出されているのかもしれません。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム