Entries

調布の飛行機事故

調布の民間機墜落事件ですが、
まず、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

事故が起こったのが4日前の7月26日。
毎日のようにニュースになっています。
新しい情報も結構出て来ています。
ただし、ネットの方が情報速いですね。
テレビニュースは、嘘ついても仕方ないので、仕方なくネットと同様の情報を出しているように見えます。(笑)

離陸時の映像を見ていると、離陸のタイミングが遅く、スピードも出ていないようです。それから、上昇角度の割りに、機首がやや上を向いている印象。
高度を稼げないので無理矢理機首を引き上げたのでしょうか?
揚力不足で墜落のパターンです。

ニュースでは、燃料は満タンで、搭乗人数も多かったので、離陸できるギリギリの重量だったと報じています。

しかしです・・・
墜落したパイパー・PA-46-350Pですが、
スペックを見ると
全備空虚重量:1,416 kg
最大離陸重量:1,968 kg
航続距離:1,953 km(最大燃料時)
乗客:最大5名
乗員:1名
ということで、
今回のフライトは
定員オーバーではありません。
気になるのは「最大離陸重量:1,968 kg」で
成人男性の体重を70kgとして計算すると350kg
燃料満タンで200kg
1416+350+200=1966
重量ぎりぎりですね!
大島までの往復なら、燃料を満タンにする必要はありませんので、
離陸に不安があるなら、燃料を減らしておく手もあったと思うのですが・・・
それとも、満タンにする必要があったのか?
機長は当然ライセンスを持っているので、限界重量とかの知識はあったはずです。
ちょっと変ですね。
大島往復の間にあちこち飛ぶつもりだったのか???
となると、同乗者が搭乗した意図、フライトの目的も気になります。
撮影機材とか、重たいものを積んでいたのかも・・・です。

調布飛行場では遊覧飛行は禁止になっています。
事故機の飛行目的はかなりグレーですね。
虚偽申請だった可能性も囁かれています。

亡くなった3名の方は、機長を含め、どこの誰だかわかるのですが、
それ以外の搭乗者については一切情報がありません。
まあ、今後事故当時の聞き取りをするのでしょうが・・・
もし何か聞かれた場合、言っていいこと、まずいことは
入院中に整頓しているのでしょう。
大した情報は聞き出せないかもしれません。

気温が高いとエンジンが不調になるとか?
そんな報道が目立ちますが、
それって、調布に限らず、どこの飛行場でもどの飛行機でも同じだと思うのですが・・・。

最後に、
近くには横田(米軍)基地がありますので、
調布飛行場はもちろんですが、民間機の離発着等、飛行高度、エリアとか
かなり制限があるのでは?
そのあたりのことと、事故との関連はニュースにはなっていませんが、
どうなのでしょう?



スポンサーサイト

Comment

今回の事故で 

警備・管理のユルい調布を発ち、米軍を含め都内主要施設を自爆テロの対象とすることが可能であることを証明したようなものです。
  • posted by h 
  • URL 
  • 2015.07/30 13:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 今回の事故で 

h様、コメント有り難うございます。今回の墜落事故は、ドローンの時と似ていますね。トラブルや事件、事故を起こすことによって、飛行エリアに大きく制限をかけられるようにするための、偽旗事件のような気もします。
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2015.07/31 05:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム