Entries

2020年東京オリンピックは開催されないかもしれません。

2020年開催予定の東京オリンピックですが、
もともと東京都民は乗り気ではなかったと聞いています。

なんせ、莫大な資金が必要ですので・・・
国庫からも多少の援助はあるのでしょうが、
場合によっては赤字で終わる恐れもあります。
さらに、施設の維持費等で、重い負担が東京都にかかるかもしれません。

オリンピックといえば
平和の祭典とか
スポーツの祭典とか
アマチュア精神とか
スポーツマンシップとか
いろいろ「理想」っぽいものが頭に浮かびますが、

政情によって、オリンピック開催返上とか
参加ボイコットとか
テロ勃発とか
いろいろありましたね!

また、
オリンピックでは巨額の「カネ」が動きます。
放送・放映
スポンサー
スポーツ業界
などの「利権」が絡んでおり
あちこちで甘い汁を吸おうと
悪人どもが蠢いています。

また、
政治色を出してはならぬとの原則があるにもかかわらず、
国威発揚の場になっていたり
特定の国や
特定の思想
特定の宗教などを非難する場にもなっています。

さて、
先日、新国立競技場の建設案が白紙撤回されましたが、
今度は、オリンピックのエンブレムに盗作疑惑ということで、
スペインのデザイン会社が告訴の構えですね!
もともと、「黒」が多くて、あまり好きではありませんでしたが、
そのスペインのデザイン会社が手がけたデザインを見ると、
偶然の一致では済まされないデザイン上の酷似点が多くあります。
ネットでは、デザイナー佐野 研二郎が手がけた過去のauの広告デザインなどを取り上げ、過去からパクリの疑惑があるデザイナーだと糾弾しています。
なるほど、そう言われてみれば「パクリ」っぽい・・・。
長さを少し変えるとか、間隔を若干変更するとか
色を少し変えるとか・・・
それで、問題なしというのが、デザインスピリットなのか?
甚だ疑問です。

そもそも・・・
ここからは個人的な見解
偏見も含みますが、
デザインというのは、
現状、商業ベースに乗せられていますので、
大量に売れることを前提にしています。
マーケットリサーチを定期的に行い
メーカーは
売れる商品やデザインを考えます。
背後には「大量消費」という大前提が・・・
資本主義の裏の顔というか、
資本主義の本音というか・・・

まあ、そんなことで、車にしても、ラーメンやお菓子のパッケージにしても
各社似たり寄ったりのデザインになるわけで・・・
そんな仕事を請け負っているクリエイターの中には
良心の呵責に押し潰されそうになるデザイナーもいるでしょう。
一方、
「デザインなんてその程度のもの」とクールに割り切り
低品質のデザインを世に送り出すデザイナーもいます。
まあ、まだ、自分の頭で考えたのなら、
ひどいデザインでも、「オリジナリティ」だけは認めてあげますが、
中国や韓国のように、平然と「朴る」デザイナーは許せません。

デザイナーの魂を売る・・・
そういった輩が増えてくるのは
「デザイン」が背負った運命なのかもしれません。

東京2020オリンピックですが・・・・
「ケチ」付きすぎですね!
今後、各種目競技場などについて、新たに問題が噴出してくるだろうと思います。
それから、最も気がかりなのが、「福島原発事故」・・・
政府は事故は収束に向かっていると説明していますが、
とある情報によると
事故の影響は関東エリアにも及んでおり、トリチウム禍も懸念されているとか・・・。
近い将来、仮に
東京の汚染状況が明らかになれば、健康安全の観点から、
選手の派遣を見送り、日本への渡航を制限・禁止する国も出てくるでしょう。

また、国際情勢、世界経済も予断を許さぬ状況であり、
例えば、日本は1940年開催予定の東京オリンピックを返上した過去もあることから、
もしかすると、突発的な事態、または開催できぬ状況に追い込まれ、
東京オリンピックは開催されないかもしれません。
75年前、日本は大東亜戦争へと突き進んでいきました。
2015年・・・
東京オリンピック開催予定の2020年までに
日本に何が起こるのでしょうか?

そういった不安を抱かせるような、前兆が次々と起こっていると思うのは
私だけでしょうか?




スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

スペインじゃないよ
ベルギーだよ
  • posted by  
  • URL 
  • 2015.09/02 00:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

匿名様、ご指摘の通りです。オリビエ・ドビ氏はベルギーでした。
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2015.09/02 23:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム