Entries

性癖というのは変わることはない。

テレ朝のバンコク支局長が「自分のチ*チン」画像を外国人記者向けLINEに投稿したそうです。

既に名前も割り出された模様で・・・
もう逃げ場無し状態です。

知人女性に送るはずが誤送信?
知人女性に一方的に送ろうとした?
あるいは
女性からリクエストがあった?
ん〜それは考えにくいですね。

一種の露出狂?
わいせつ物陳列
変態

韓国の学校では「教師」が生徒であふれている廊下で突然ズボンをずりおろしてナニを始めるとか、
そんな「とんでも事件」がよく聞かれますが、
この人、どちらかというと、そういった傾向の人物に近いです。

安保で日本中が大騒ぎしているときに
こいつはバンコクで{ち*ぽ}か!
なんてネットでは非難の嵐・・・

http://daily-news.jp/2015/08/01/obscene-act-tv-asahi-bangkok-bureau-chief/

http://syoutousakurasaku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-01


この人、1994年12月1日の朝日新聞朝刊の「オピニオン」に
投稿が採用されています。  


・ ・・転載開始・・・

1994.12.01 朝日新聞東京朝刊 5頁 オピニオン (全497字)

性欲への偏見、取り除かねば(声)

東京都 森本尽(学生 23歳)

十一月二十四日の本欄で成人雑誌の自販機を憂う趣旨の投稿があった。


雑誌に限らず、性の商品化に関する議論はある。成人雑誌そのものの規制や、自販機の設置を制限することに関しては、表現の自由、青少年保護、人権擁護など様々な側面から議論のあるところだ。

だが、大切なのは、たとえば成人漫画の中と現実の世界とを区別して考えることのできる物の見方ではないだろうか。

成人雑誌や成人向けビデオを見る人が必ず性犯罪を起こすわけではない。

現実と空想との境界を見誤った人のみが性犯罪に走ってしまうのだ。

だれにも性欲はある。性欲を持ったり、満たしたりすることを恥じる必要はない。

それは食事をしたり、用を足したりするのと同じだからだ。

だが間違えてはならないのは、性欲を抑えられないからといって他人の人権を踏みにじることは許されないということだ。

それには電車の中での痴漢行為も含まれる。

現代社会において、性欲が単に子孫を残すためだけに満たされるものでないことは明白だと思う。

性欲そのものへの偏見を取り除き、性欲にどう対処していくべきかを教える性教育こそが、今、我々に必要とされているのではなかろうか。


・ ・・転載終了・・・


森本尽という名前ですね。
最近の朝日って、いいニュースありません。
慰安婦に関する誤報事件
これは戦後最大級の事件です。
以降、朝日新聞の購読者は激減だそうで・・・
まあ、当然といえば当然。
そして今回の事件・・・。

朝日は、売国奴と性犯罪者を大量に採用しているのでしょうか?
フジテレビといい勝負です。

ネット情報によると
問題の画像は
行為の後の尽き果てた映像だったそうで、
さすが名前が「尽」だけのことはあるな!

現在謹慎状態だそうですが、
謹慎中も自分の「むすこ」を可愛がっているかも・・・

多分、この支局長、
職場も
人生も
「尽」かもね!






産経ニュースより

・・・転載開始・・・


テレビ朝日バンコク支局長、自らの下半身画像をLINE投稿 「現在謹慎させている」
http://www.sankei.com/affairs/news/150801/afr1508010030-n1.html



 テレビ朝日は1日、同社のタイ・バンコク支局の40代の男性支局長が、タイ外務省が外国人記者向けに開設した無料通話アプリ「LINE(ライン)」のグループ内に、自らの裸の下半身画像を投稿したことを明らかにした。

 テレビ朝日によると、支局長は7月27日夜、下半身を撮影した画像を知人女性に送るつもりで誤ってグループ内に投稿。グループには外国人記者など約150人が登録していたという。

 テレビ朝日はタイ外務省に謝罪したことを明らかにした上で、「極めて不適切な行為をしたことは誠に遺憾。本人に猛省を促し、現在謹慎させている」とコメントしている。




・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム