Entries

裏切りは朝鮮民族のDNA

習近平が、北京で開かれる抗日戦争勝利記念行事に、各国首脳を招待しているそうです。
アメリカは勿論、ヨーロッパ各国、韓国、そして日本にも・・・
ロシアは出席するのだろう・・・
日ソ不可侵条約を一方的に破棄して、宣戦布告も無しに満州になだれ込んできた卑怯者ですので・・・。
逃げ遅れた満州開拓団の一行や、一般人を戦車でひねり潰しながら行軍したそうですね。
日露戦争の仕返しとか
ノモンハンで関東軍に勝利できなかった腹いせとか・・・。

さて韓国!
中国から熱烈求愛を受けているようです。
記事には
オバマのアメリカは取りやめ
安倍さんも辞退したことで
「計算が複雑になった」???
アメリカが参加するとでも思っていたのかな?
そもそも、中国の共産党政権は、日本と戦ってはいません。
日本の相手は蒋介石率いる国民党・・・
ポツダム宣言受け入れで8月15日終戦。
日本軍武装解除、大陸から引き揚げ、
その後、大陸で国民党軍と中共軍との内戦勃発。
共産党軍は、関東軍が放棄した大量の武器弾薬を得て形勢逆転!
また、部下の命や、部隊の安全と引き替えに、
旧日本軍人が軍事教練を行ったり、空軍創設に協力したりで
共産党軍は力をつけたそうな!
毛沢東は、中国に進出した日本軍を恨むどころか
よくぞ国民党軍を蹴散らしてくれたと
感謝していたそうです。

日本と戦いもせず対日勝利をアピールする、妙な記念行事にアメリカが出席するわけありません。
また、南沙問題で中国と火花を散らしていますので、
どう考えてもアメリカの出席はありません。

極めつけは日本の不参加・・・
何をどう考えれば、安倍さんが記念行事に出席すると予測できるのでしょう?
最初から、そのような可能性は0です。
少し考えればわかることです。

アメリカと日本の不参加によって計算が複雑になった?

何も複雑なことはありません。
非常にシンプル!
招待を受けたアメリカ、日本、韓国・・・
「3国」
辞退はアメリカ、日本!
「—2国」

3国—2国は?
答えは一つしかありません。
3−2=1

3−3=0
か・・・
韓国が考えることは、以上2つの計算式だけです。

安倍首相が中国を訪問すれば、クネクネの訪中は自然な流れとなる?

思考回路が完璧に破棄されているか、
頭の中がお花畑か???

救いようのない「バカ」です。

多分、韓国は「出席する」のじゃないかな?
連中、裏切りが大好き民族ですから・・・
連中が賞賛する「李氏朝鮮」ですが、
明を攻めろと命令された李成桂は何と、命令を出した高麗を攻め滅ぼしたのですから・・・
李氏朝鮮というのは、主君を裏切った武官が興した国です。
そういうDNAがあるんですね!韓国には・・・
当時の高麗は「元」との繋がりが深く、
新興「明」は、いわば敵国・・・
当然高麗の主君は、明を打てと命ずるはず。
ただ、当時の元は衰退の一途を辿っており、
そのような元と重要視する主君を見切った・・・
まあ、こんなところでしょう。

その後、明の冊封国となり
500年ほど、明や清の奴隷国家となりました。

アメリカを衰退する「元」に見立て、
中国を「明」に見立てているのか?
何となく、同じ過ちを犯してしまいそうですね(笑)
ただ、当時と違うところは、
未だ、アメリカは圧倒的な軍事力を持っており、
日本というアメリカの同盟国が目と鼻の先に存在する。
それから、
現在アメリカも中国も衰退中・・・
さて韓国は、アメリカの呪縛を逃れて、
めでたく中国の属国になれるのか?

何となくハッピーエンドにはならない予感・・・
アメリカは激怒するでしょうしね!
そんなストーリーは、中国も承知のはず・・・
さて、中国のねらいは
韓国の取り込みか?
それとも・・・


中央日報より

・・・転載開始・・・


朴大統領、中国の抗日全勝行事への出席「ジレンマ」
http://japanese.joins.com/article/248/204248.html

2015年08月10日11時41分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
朴槿恵(パク・クネ)大統領が来月3日、北京で開かれる中国の抗日戦争勝利記念行事に参加するかをめぐって苦心中だ。今年3月、中国政府から公式な招待を受けた朴大統領はこれまで参加する方向で検討してきた。ところがオバマ米国大統領をはじめ主な西側諸国の首脳に続き最近、日本の安倍晋三首相も中国への訪問計画をとりやめたことが分かり計算が複雑になった。

安倍首相が習近平中国国家主席の記念式行事の招待を受け入れて中国を訪問し、首脳会談が実現すれば朴大統領の中国訪問は自然な外交の歩みになりうる。だが南シナ海の領有権紛争をめぐり中国と対立を見せている日米の両首脳がそろって参加しない状況で、朴大統領だけが参加すれば韓米関係と韓日関係に少なくない負担となる恐れがある。対内外的に「朴大統領が中国にあまりにも傾倒している」という指摘が再び提起される可能性がある。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)核心関係者は9日、朴大統領の出席の有無について「まだ決定していない」と話した。1カ月も残っていない大統領の海外訪問日程が流動的というのは多少異例なことであり、それだけかなり苦心しているというのが政界と外交家の分析だ。

こうした中、日本の共同通信はこの日「米国が韓国政府に、中国の抗日勝利記念行事に朴大統領が参加しないことを外交筋を通じて要求した」と報道した。米国側は朴大統領が行事に参加すればそれ自体が「中国が韓米同盟を亀裂させた」というメッセージを伝えることと同然になりかねない上、韓米日の協力を軸にしているオバマ政権のアジア重視戦略にも影響を与えるという意を伝えたと共同通信は報道した。これに対して外交部当局者は「事実無根」として「(外交的に)ありえない話であり、実際にそんなこともない」と明らかにした。尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は5日マレーシアで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議で中国の王毅外相に会い、朴大統領の出席の有無について諸般の事情を検討して立場を決めると説明したと伝えられた。

中国は抗日勝利70周年記念の閲兵式に世界各国の首脳を大勢招待した。だが主要国の首脳は決定を留保しているという。



・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム