Entries

安倍談話に関するコメント(前半)

安倍さんの70年談話ですが、
賛否両論あるようです。
国内でも、メディアによって捉え方が違っていたり、
国際社会でも、国々によって捉え方に微妙な違いがあるようです。

戦後70年談話は、閣議決定されていますので、
安倍さん個人の談話ではなく、
日本政府としての談話だと捉えなければなりません。

これ、有識者会議から発表された内容が含まれており、安倍さん個人というよりは、官僚によって成文化されたものだと見ていいでしょう。

こういう仕事をさせると官僚は抜群の能力を発揮します。
何せ、国内外に公表する日本政府の声明みたいなもんですから、
揚げ足を取られるような内容であってはならないのは当然ですが、
該当国に確実にメッセージを届けられるような仕掛けも必要です。
そう考えながら、談話を読むと、実によくできている文だと思いました。

主語が曖昧という日本語の特性を最大限引き出したところも高評価です。
韓国などは、安倍自身の言葉になっていないとか、70年としての謝罪と反省が無いとかピント外れな事を言って騒いでいますが、
これは、韓国という国家、朝鮮人という民族の「限界」を如実に現していると思います。

自国に関係のある部分に執着するあまり、それ以外の部分の重要性や、自国に間接的に関わる重要なメッセージを読み落としており、
本来ならば「顔面蒼白」とならなければならないはずですが、
かの国の皆様方は、キムチの食い過ぎなのか、
怒りと興奮が収まらないようで、自国に迫り来る危機が理解できていないようです。


自分なりに感想を述べれば・・・




 

「終戦七十年を迎えるにあたり、先の大戦への道のり、戦後の歩み、二十世紀という時代を、私たちは、心静かに振り返り、その歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます。」



さて、私たちが教訓の中から学ばなければならない知恵と、韓国人のそれとでは大きな隔たりがあるということに韓国人は気付いているか???

 

「百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。」



歴史的事実を淡々と述べており、その中で日本が執ってきた国政を明確に表明しています。さて、その頃、朝鮮半島の住民は何をしていたのかな?国家の危機も顧みず、相変わらず権力闘争に明け暮れ、支配層は酒と女に溺れていたのでは?

 

「世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。」



白人国家(ロシア)を打ち負かした有色人種国家(日本)の快挙により、白人による世界支配は限界に近づきつつあると悟った西欧諸国。並行して、植民地を持てる国家と待たざる国家との格差が表面化・・・。
そのころ盲腸半島の住民は、相も変わらず権力闘争・・・
日韓併合は韓国の意に反して締結されたと言っていますが、
「日本国民」になれるのを一番喜んだのは朝鮮人です。
当時の朝鮮人はゴミ民族・・・
日本に併合してもらえば「一等国」国民になれるわけですから・・・。
過去より長きにわたり頭を押さえつけられてきた中国人より上の民族になれる!
そう思って舞い上がったのは朝鮮人自身だろ?

 

「当初は、日本も足並みを揃(そろ)えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。」



韓国は、日本は盲腸半島を植民地支配したと言いますが、
そもそも植民地というのは「搾取」の対象で、西欧諸国は農産物、その他、収穫製の高い地域を選んでいます。気候温暖で、作物の育ちやすいところですね!
盲腸半島?
基本的に農耕には適していません。特に現在の北朝鮮エリアは全くダメ・・・
また韓国のソウルなんて、日本の長野と同じぐらいの緯度にあるのですから・・・
まあ、釜山あたりは作物が収穫できそうですが、どちらにしても、品種改良をした寒さに強い植物を植えないといけません。
また、盲腸半島は李氏朝鮮による徹底した身分制度の下、被差別民に対して教育はおろか、戸籍も与えていなかった・・・
農地に灌漑施設を作るなんてことはあり得ない・・・
日本は、盲腸半島から搾取するどころか、インフラ整備や学校の設立、戸籍、病院、市場・・・
あらゆるものを作り上げていかなければならなかった・・・
日本国内では飢饉で飢え死にする農民が大量に出ていたときにも、盲腸半島に設備投資をしたのですよ!

自国民を犠牲にして、植民地に国家予算を大量にぶち込むような愚かな国は存在しません。
なぜ日本政府は盲腸半島に多大なる設備投資をしたか?
つまり、盲腸半島は日本の一部であると考えていたからですね。
「併合」という言葉をもう一度学習することです。
あっ!鮮人はハングルばかり使っているので漢字が読めないのか(笑)

 

「満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。」



これは連合国に対するリップサービスです。
一応、持ち上げています。
ただ「国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした新しい国際秩序への挑戦者となっていった。」の部分は、細工が凝らしてあります。
「築こうとした新しい国際秩序」・・・
新しい国際秩序って何だろう?
「築こうとした」ですので、当時も形となって現れていなかったということですね。
新しい国際秩序=正しい国際秩序、と理解しがちですが、全く異なるものです。
日本は、連中が考え出した「新しい国際秩序」に同調することを止めました。
それを、「進むべき針路を誤り」と表現しています。
日本が進むべき針路の先にあるものが誤りであったとは言っていません。
針路を誤ったわけです。
まあ、日本としては、満州関連で、列強とうまくやる方法もあったのでしょうが、列強は満州で何を画策していたのかな?
それに答えられる支那人とか朝鮮人はいるか???

 

「そして七十年前。日本は、敗戦しました。

 戦後七十年にあたり、国内外に斃(たお)れたすべての人々の命の前に、深く頭(こうべ)を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫(えいごう)の、哀悼の誠を捧げます。

 先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、酷寒の、あるいは灼熱(しゃくねつ)の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が、無残にも犠牲となりました。」



これは、国内向けです。
また、談話の中で一番重要な部分でもあります。
鮮人などは、加害国のくせに!とか言って一蹴する部分でもあります。
国際社会では、このような記述は受け容れられており、大きな犠牲と惨禍をもたらす戦争を否定する意味で、絶対外せない部分です。
まあ〜未開人にはわからないだろうな!

 

「戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が、数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず、食糧難などにより、多くの無辜(むこ)の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。」



鮮人たち、よく読め!ここに盲腸半島のことは書かれているかな?上に書かれている地域では大変な事になったけれど、盲腸半島に米軍が大規模な爆撃をしたかな?
中国軍、ソ連軍が攻めてきた?
大東亜戦争時、盲腸半島が被った被害って何だ?
それから
「深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいた」とありますが、
「誰に」とは書かれていません。
この意味を、鮮人はよく考えることだな!

 

「何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈(かれつ)なものです。一人ひとりに、それぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じ得ません。」



上記、「我が国が」と書いていますが。すべて「大本営」がやったことです。
または「大政翼賛会」かな?(笑)
特亜はよくドイツを引き合いに出して、ドイツは謝罪したのに日本は謝罪しないと吠えますが、ドイツは責任を「ナチス」になすり付けただけ。
まあ、日本も「大本営」とか「大政翼賛会」になすり付ければいいのですが・・・
支那・鮮人たちは、それでは困るのでしょう。奴らが求めているのは、実は「謝罪や賠償」ではなく、日本に「支那・朝鮮」より格下になれ!ということですので・・・
ドイツ式に済まされては困るのです。

 「これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある。これが、戦後日本の原点であります。

 二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。

 事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別(けつべつ)し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。

 先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは、静かな誇りを抱きながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。」



まあ、お決まりの文言が並んでおりますが、
自衛のための武力行使は否定していません。
竹島を奪ったとき、本来なら自衛のための武力を行使しても良かったのですが、
サンフランシスコ講和条約前でしたので・・・
良かったね!鮮人たち・・・
もし、講和条約批准後だったら、竹島に近づく鮮人のボロ船やならず者兵士は蜂の巣になっていたでしょう。
それから「植民地支配から永遠に訣別(けつべつ)し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。」の部分・・・
この文章のもの凄さが、どうやら鮮人には理解できないようです。
いったい何を読んでいるのでしょう?
当然日本もこのように誓うわけですから・・・
不法な手段で奪い取った竹島は、いわゆる鮮人の「植民地」。
ここまで書かねばわからないか?
また
ゆめゆめ対馬や九州に手を出さぬよう、重く申しつけておく。



・・・今日はここまで・・・

後半は次号!




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム