Entries

安倍談話に関するコメント(後半)

 

「我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫(わ)びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。

 こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。

 ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族を失った方々の悲しみ、戦禍によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛(つら)い記憶は、これからも、決して癒えることはないでしょう。

 ですから、私たちは、心に留(とど)めなければなりません。」



日本は、戦後繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきまたと明記しています。それから、その思いを実際の行動で示すため、平和と繁栄のため力を尽くしてきたとありますね。
対象国は、

東南アジアの国々
台湾
韓国
中国

支那人と鮮人たち・・・
おまえ達の国がどれほど日本から援助を受けたか調べてみると良い。
また、それらの援助がなければ、どうなっていたかを・・・。
エンジン一つ作れなかった下朝鮮が自動車製造?輸出?
なぜ、そのような奇跡が起こったのだろう?
おまえ達が、ゼロから研究して自動車部品を開発したのか?
また、
自動車が走るためには、適した道路が必要・・・
李氏朝鮮時代のような、凸凹だらけ、ぬかるみだらけ、糞尿だらけの道では、
自動車は何の役にも立たない・・・。
そういったインフラ整備に援助の手を差し伸べたのは、どこの国かな?

東南アジアの国々
台湾
韓国
中国

他のブログなどでも紹介されていますが、
これは日本にとって重要な国のランクと同じかな?
または、
平和と繁栄のために日本が関わった貢献度?

どちらにしても
中国は最後
下朝鮮は下から二番目・・・

日本政府が公式に発表する談話の記述で
最下位と
下から二番目という扱いが意味するものは?

一方台湾は大喜びですね!


 「戦後、六百万人を超える引き揚げ者が、アジア太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた三千人近い日本人の子どもたちが、無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが、長年にわたり、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。

 戦争の苦痛を嘗(な)め尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐え難い苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。

 そのことに、私たちは、思いを致さなければなりません。

 寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後七十年のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。」



中国、アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリアの名前が並んでいます。
中国残留日本人孤児の件・・・
敵味方となって銃を撃ち合った元兵士同士が、憎しみを越え、手を握り合った・・・

あれ?盲腸半島については何の記述もありませんね!
南方や中国からは邦人が引き揚げてきました。
ソ連は、卑怯にも日ソ不可侵条約を一方的に破棄し、
満州になだれ込んで、無抵抗な日本人を大量に殺戮しました。
男たちは戦地に赴いているので、犠牲者のほとんどは
老人と、女、子どもです。
逃げ惑う日本人を、機関銃で撃ち殺し、戦車で踏みつぶし、ミンチのようにしました。
また、50〜60万もの将兵を捕虜としてシベリアに連行し、強制労働を強制しました。戦争は終結したのに、酷寒の異郷で、寒さと飢えのため、多くの日本人捕虜が無念の死を遂げました。
だから、ソ連(ロシア)の名前があがっていないのは当たり前・・・。
盲腸半島にも多くの日本人がいましたが、全員無事帰還できたのかな?
それから、中国残留日本人孤児というのはよく耳にするけれど、
朝鮮残留日本人孤児というのは聞いたことがないな!
もしかして
「竹林はるか遠く」みたいなことが盲腸半島全域で発生し、
日本人は虐殺され、内臓を引きずり出されたのかな?
「残忍さ」については定評のある支那人ですが・・・
鮮人って、もっと残虐なのか?(無力な者に対して・・・)



 

「日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

 しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。」



いつまでも「謝罪と賠償」を要求し続ける特亜に対して「NO」を表明しています。逆に解釈すれば、未だ、理不尽にも、「謝罪と賠償」を要求し続ける国家がアジアに存在するという事実を世界に向け発信したということですね。
しっかり明記しておりますので、
以降、「謝罪と賠償」を要求しても日本政府は相手にしないということです。
仮に、愚かにも、再び「謝罪と賠償」を要求してくれば、
「日本政府が過去、幾度と謝罪と反省の意を表明し、賠償にも応じてきたにもかかわらず、未だに、恥ずかしげもなく「謝罪と賠償」を要求する不良国家が存在する。」なんて発信するかも(笑)

 「私たちの親、そのまた親の世代が、戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で、命をつなぐことができた。そして、現在の私たちの世代、さらに次の世代へと、未来をつないでいくことができる。それは、先人たちのたゆまぬ努力と共に、敵として熾烈(しれつ)に戦った、米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐(おんしゅう)を越えて、善意と支援の手が差しのべられたおかげであります。

 そのことを、私たちは、未来へと語り継いでいかなければならない。歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります。」



再び、連合国へのリップサービス。
恩讐を越え善意と支援の手を差し伸べた、連合国、その他のヨーロッパ諸国、インドネシア、パラオなど東南アジア諸国(盲腸半島を除く)、インドなど・・・
さて、鮮人たちよ、戦後、おまえたちは日本に対して何をした?
世界各国が恩讐を越え、日本に手を差し伸べてきたんだが、
その間、李承晩ラインなるものを勝手に作り、竹島を不法に奪い、
拿捕した日本漁船の漁師の解放と引き替えに、日本国内で収監されている鮮人犯罪者の全員解放を要求した。
また、対馬、九州侵攻作戦も練っていたのではないのかな?
盲腸半島を自分達で二分し、他国を巻き込んで内戦を起こし、
たった3年の戦いで、大東亜戦争時の日本人犠牲者の数を大きく上回る死者を出したって?
ソウルから逃走するときは、橋を落とし、一般人を見殺しにしたって?
集落に次々と火を放って、虐殺の限りを尽くしたか?
共産主義者の「疑い」があるだけで、容赦なく殺害・・・
これが、おまえ達の尊敬する、建国の功労者「李承晩」・・・
単なる人殺しではないか?


 「私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。」



積極的平和主義を唱えています。
謝罪と反省、賠償は日本政府としてしっかり行ってきた。
今後も引き続き、アジア・全世界の平和と繁栄に寄与し続ける国家となる決意表明。
それから、唯一の戦争被爆国として、核兵器の拡散防止と廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たす。
当たり前すぎます。
戦争被爆国であるからこそ、国際社会に訴えるだけの説得力がある。
でも、支那人と鮮人は、広島長崎の平和式典を「敗戦国が〜戦犯国が〜」と嘲笑し、偽善であると言い切っていますね!
おまえらどもの発言が、どれほど国際社会で浮いているか?
一度考えたことがあるかな?
原爆を落としたアメリカでさえ、ルースやケネディを参列させているのだよ!
そんな中で、平和式典に欠席した国があるな!


 「私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい。二十一世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードしてまいります。」



これは、慰安婦問題と取られがちですが、女性の人権保護に力を尽くすという意味でしょう。あのアメリカでさえ、戦争当時、女性の人権は男性のそれよりも軽く見られていた。
ん?盲腸半島では、未だに女性は家畜か奴隷扱いか?
なぜ、下朝鮮には、性産業従事者が多いのかね?
女性に職に就けるような政策を執っているのかな?
結婚を嫌う女性が激増だそうだな!
DV当たり前なら、結婚しても幸せにはなれないだろう・・・。
女性が不足しているからと言って、日本女性に手を出すことは止めてほしい。
それから、世界中に輸出している「売春婦」を何とかしろ!
日本政府は、将来、そのようなことに関しても、下朝鮮に課題を突きつけるだろうな!

 「私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる国の恣意(しい)にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界の更なる繁栄を牽引(けんいん)してまいります。繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。」



終盤で、当たり障りのない文章が続いていると見なされがちですが、
気になる部分が・・・。
「我が国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ・・・」
は、既成の経済システムを更に発展させ、平和と繁栄に結びつけるのか?
それとも、
現状の、
特定の国ないし組織の恣意に左右され、
不自由で、
不公正で、
閉鎖的な
経済システムを脱皮し、
あらたな経済システム構築に「日本」が貢献するという意味なのか?
仮に後者であるならば、このような談話が発表出来るだけの、準備、根回しが完了しているということか?
かなり気がかりな部分ではあります。

 「私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。

 終戦八十年、九十年、さらには百年に向けて、そのような日本を、国民の皆様と共に創り上げていく。その決意であります。」



日本が、どのような国々と手を携えるか明記しています。
すなわち
自由、民主主義、人権といった基本的価値を共有する国家です。
下朝鮮は、だいぶ前に、外務省のHPの記述に更新があり、
「価値を共有できない国家」であると公表しました。
中国は、現状では論外・・・。
つまり、積極的平和主義に邁進する我が国は、下朝鮮と現状の中国とは手を携えないと「やんわりと」言っています。
まあ、当然と言えば当然、
訳の分からない理屈で、産経ソウル支局長を起訴するバカさ加減・・・
未だ、盗んだ仏像を返却しない面の皮の厚さ・・・
ユネスコでは事前協議を突然破棄し、国際舞台で日本を貶める暴挙・・・

最近、日本への「すり寄り」を再開したようですが、
安倍談話でこのように表明されていますので、
下朝鮮は、高い高いハードルをいくつも乗り越えないと、日本から「餌」は貰えません。
まず無理でしょう。

中国については、
10数年前から「崩壊する」「分裂する」「共産党が瓦解する」と言われ続けていますが、なかなかその日は訪れないようです。
でも、上海株式や、天津爆発は、以前には無かった要素です。
これがどのように中国を追い詰めるか?
あっ!ドイツは中国主催の戦勝記念式典への参加を辞退したそうで・・・
あの中国贔屓のドイツがです。
下朝鮮は参加するんでしょうな!?
日本との価値観共有は絶対無理ですので、
アメリカの機嫌を伺ったり、中国にゴマをするような
「コウモリ外交」を続けざるを得ませんね!


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム