Entries

韓国には、今後、苦難の道が用意されているだろう。

中国のメディアが、中国外交部副部長の言葉として、
「朴槿恵大統領が来月3日北京で開催される中国の抗日戦争勝利70周年記念活動の閲兵式(軍事パレード)に参加」と報じているそうです。

参加するだろうとは思っていましたが、案の定・・・。

数日前では、「訪中はするが軍事パレードへの参加はしない」なんて、
米中両国に配慮(?)した希望的(?)観測が韓国メディアに見られました。
自らを「バランサー」と名乗り、両大国を手玉にとる外交が韓国には可能だなんて妄想がそのまま記事になっていました。

普通に考えれば、
抗日戦勝記念行事に招待され、
出席と応答すれば、
中国側は、当然軍事パレードへの参加とセットにして判断するでしょうし、
軍事パレードは欠席なんてあり得ないですね。
おそらく、参加表明を行った30数カ国の代表は全員軍事パレードに参加するのでしょう。
そのような状況で、韓国大統領1人だけ欠席なんて、
これは、中国という国家の顔に泥を塗るような行為で、
中国より遙かに格下の韓国に出来るわけがない・・・。

そのような事でさえ考えられない韓国メディアは
「世界遺産級のバカ」が揃っているのでしょう。
メディアがこれですから、庶民に至っては推して知るべしです。

韓国の指導層も、「軍事パレードへの欠席はあり得ない」ことに
要約気付いたということか・・・。

結局、韓国という国は上から下まで「バカ揃い」ということでよろしいでしょうか?


抗日戦争勝利と中国は言いますが、
中国人も日本人も、当時の中国の状況、世界情勢、
ソ連コミンテルンの地下活動などについて、再確認する必要があるのではないでしょうか?

度重なる中国政府による抗日戦勝記念行事というのは、
動かし難い歴史上の事実を、隠蔽するか歪曲するために行われているような気がしてなりません。

そもそも、蒋介石率いる国民党軍は、中国を救済しようとする日本軍を敵に回すことはありませんでした。両軍の衝突が勃発したのは、いずれもコミンテルンの策謀によるものです。そんな蒋介石が「国共合作」に合意せざるを得なくなったのも、コミンテルンの卑怯な手口によるものです。
共産党軍と国民党軍が手を携えて日本軍を叩くなんて威勢のいいこと言っていましたが、共産党軍は、もともと資金が脆弱で軍装備も全然ダメ・・・
日本軍が戦ったのは「国民党軍」です。
共産党軍は、卑劣きわまりない地下工作ばかりやっています。

結局、背後には「ソ連」がおり、共産主義者が、中国を「共産主義国家」に作り替えるべく、国民党軍を利用したわけで、
日本が米英軍に降伏し、中国でも国民党軍との戦闘を終了したあと、
共産党軍は、ソ連のバックアップで力を得、国民党軍との内戦に勝利。
その後、中華人民共和国を建国したのですから、
日本に勝利して中華人民共和国が誕生したのではなく、
国民党軍に勝利して中華人民共和国が誕生しているのです。

中国は、このような歴史上の事実を、「抗日戦勝記念行事」などを立ち上げて、
葬り去ろうとしています。

このような歪曲された歴史を土台とする「抗日戦勝記念行事」に参加する韓国は、同じく、捏造歴史を必要としているのでしょう。

まあ、いいでしょう。
自らが選んだ道ですので・・・。

100年以上前、朝鮮半島の「監督権」は日本に与えられましたが、
2015年、韓国の「監督権」は何処の国に渡るのでしょうか?
たぶん中国ですね。
中韓が今後辿る道は・・・。
明るい未来に繋がる道ではなく、
先の見えない、辛く険しい道になるのではないかな?

韓国の判断、いいと思いますよ!
国家が滅亡の危機にさらされ、
這いつくばって苦難の道を進み、
数十年かけて、国家再建までこぎ着けたとき、
さて、韓国は、どの国を「悪者」にするつもりなのかな?
楽しみだな・・・
フッフッフ・・・。




スポンサーサイト

Comment

そもそも 

日本軍と正規戦をしていたのは国民党であり、日本が謝罪するとすれば国民党を頂いていた台湾だけです。
共産党? 日本軍から逃げ回って洞窟暮らしをし、そんな最中ですら政治闘争と称し同志を謀殺していましたね(連合赤軍を彷彿させます)。
国際的に支那の主権云々、ましてや抗日勝利など主張できる立場などではありませんしw
  • posted by h 
  • URL 
  • 2015.08/31 10:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム