Entries

1949年建国の国家が戦勝70周年を祝う愚かしさ

中華人民共和国って、1949年建国じゃなかったっけ?
その中華人民共和国が、抗日戦争を戦ったって?
ん?
日本と戦っていたのは、当時の中華民国じゃないの?
まあ、西欧列強や日本が進出して一国としての体をなしていなかった中華民国ですが、
蒋介石率いる国民党軍と日本は戦っていました。

1945年段階で「中華人民共和国」は存在しなかったのに、
終戦70年とは、どういうことでしょう?
世界標準とは別物の、中国流の歴史があるのでしょうか?

中華人民共和国は、内戦で毛沢東が蒋介石を打ち破った結果成立した国家だと、
私は認識しています。
毛沢東にしてみれば、仇敵である国民党軍を痛めつけてくれた日本軍は
「中華人民共和国」建国の「功労者」ですね。
それから、1945年の日本軍武装解除後、中国共産党空軍の創設に関わったのは、中国に展開していた日本の航空部隊です!
日本軍から巻き上げた武器弾薬もたんまりある!

2019年に内戦勝利70周年記念軍事パレードを行うなら少しは理解できますが、
中国人の頭の中は、いったいどうなっているのか?

連中、もしかして、台湾(中華民国)が当初国連の常任理事国だったことも知らないのでは?
そもそも台湾とは何であるかが分かっていないような気がします。
つくずく「教育」というものは恐ろしいものだと思います。
嘘を数十年教え続けると、あっさり捏造歴史を信じるようになるのですね!

まあいいでしょう。
数千年前から、嘘・裏切りばかりだった民族ですから・・・
中国って、分裂と統一を繰り返す国家です。
現在は、共産党が反日を材料にして国家をどうにか統一していますが、
反日で結束させようとしても、
天変地異とか、国際情勢、経済破綻などで、
国家の基礎はガタガタと崩れます。

中国には、既にその予兆がありますね。
深刻な環境汚染
相次ぐ爆発事故
あり得ないような農薬被害
上海株式大暴落
未だ運行されないAIIB
西側首脳が出席を遠慮した今回の軍事パレード

抗日戦争勝利軍事パレードじゃなく
失政のオンパレードでしょ!(笑)

日本の財力と技術力をもってすれば
ほとんどの問題は解決可能ですが、
面子が邪魔して日本に頭を下げられない。

本当は、日本の援助が欲しいくせに
真逆の「抗日軍事パレード」を行う。

頭を下げるぐらいなら「滅ぼした方がまし」
そういう発想ですね!
非常に危険な民族です。

さて、中国は兵力30万人を削減すると表明しましたが、
除隊させて削減するのではないでしょう。
軍隊は戦わせて「なんぼのもん」ですから、
現政権中に、どこかで大規模な紛争とか侵略を起こすか、
現政権が瓦解して、内戦で兵士が30万ほど消えるのでしょうね!

くれぐれも、日本に兵力を差し向けないようにして欲しいものです。

モンゴルが攻めて来たときは「元寇」でした。
で、
もし、
中華人民共和国が攻めて来るなら「中寇」かな?

「元寇」の時は、嵐で軍船が全滅しましたが
「中寇」の時には、嵐のような砲弾・爆弾・ミサイルなどが中国軍に降り注ぐんでしょうな〜!


朝日より

・・・転載開始・・・


中国、兵力30万人削減表明 戦勝70年「覇権唱えず」
http://www.asahi.com/articles/ASH9335FVH93UHBI00C.html?iref=reca
北京=林望、倉重奈苗2015年9月3日13時03分



 中国共産党と軍、政府は3日、「中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年」の記念式典を北京・天安門広場で開いた。兵士1万2千人による大規模な軍事パレードも行われ、最新兵器を披露した。習近平(シーチンピン)国家主席は演説で、列強の侵略を受けた歴史からの決別と、平和的な台頭を目指すという中国の立場を強調し、中国軍の兵力30万人削減を表明した。

 習指導部は1945年9月2日に日本が降伏文書に調印したことを受け、戦勝を祝った3日を「抗日戦争勝利記念日」とし、終戦70周年に合わせて初めて国家的式典を開いた。

 習主席は演説で「抗日戦争の勝利で日本軍国主義の企てを徹底的に粉砕し、大国としての中国の地位を再び打ち立てた」と戦勝の意義を強調。「中国は永遠に覇権を唱えず、拡張を図らず、自らが経験した悲惨な経験をほかの民族に押しつけることはしない」と平和発展を目指す姿勢を示し、約230万人の中国軍の兵力を30万人削減すると言明した。国際社会に対して、「国連憲章を核心とする国際秩序を守っていくべきだ」と述べた。




・・・転載終了・・・





スポンサーサイト

Comment

元寇について 

元寇1回目は、鎌倉武士団の抵抗激しく、上陸をあきらめて帰還中海上で嵐に遭遇して全滅したものです。
2回目は日本軍も十分準備してましたから、上陸作戦で激戦になります。双方被害を出しながら戦闘が続き、水際で激戦がながく続きましたが、沖で待機している軍船に嵐が来て日本が放った小型船の火付けで炎上して混乱し衝突して全滅します。まあ、こういう結果なので、神風で勝ったというのと少し違います。台風は大変有利でしたが、鎌倉武士団の勇戦がなければ侵略を許したでしょう。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム