Entries

これから日本は強力な軍事力を背景に、軍産と紛争地域復興事業で儲けるつもりです。

安保関連法案可決成立のニュースを受けて、
アメリカをはじめ、多くの国々は、
歓迎または肯定的なコメント・・・

敵意剥き出しは「中国」
ネガティブコメントは「韓国」
これは、米韓軍事同盟を結んでいるため、
全面否定的な声明は出せないという事情があるのでしょう・・・
本心の部分では、日本の軍事力行使規模拡大に対しては
「怖い」の一言。
ロシアについてはメディアに出てきませんが、
今後も無言で日本に圧力を加えるつもりですね。

さて、嘘か本当か・・・
防衛省が作成したとされる、
法案成立後のロードマップが野党側によって国会で晒されましたが、
多分、本物で、自衛隊や防衛省に潜入した中国か韓国の工作員のリークでしょう。
国会に提出された暴露資料は、それほど多くなかったと思います。
実際には、数年数十年先までの精緻な工程表が作成されているのでしょうが、
どうやら、工作員の手の届かない場所にあったみたい。
防衛省も、まだ中枢は機密が保たれているようで安心!安心!

それから、兵器製造に関わる民間企業側でも、同様に、法案成立後のロードマップが作成されているはずで、
恐らく、防衛の要である「軍需産業」を保護・発展させるため、
様々な案が検討されているものと見ています。

まあ、日本という国は、最先端技術の塊みたいなもんで、
そんな技術が結集すれば、とんでもない兵器が開発されるかもしれません。

大昔の話ですが、
日本に鉄砲が伝わったのは、戦国時代前・・・
種子島・・・
日本人は、その銃を瞬く間にコピーし、製造!
ただ、銃尾の鉄栓が甘く、火薬の威力で破損することが多かったそうで・・・
当時の日本人は「ネジ山」というものを知らなかった・・・
まっ!それでも、ねじ切って、衝撃に耐えられる鉄栓を完成!
伝来から1年後には量産化に成功していました。
凄いぞ日本!
また、信長時代から、どうやら鉄製の船はあったらしく、
そんなノウハウもあってか、
幕末日本人を驚愕させた黒船を、
次回ペリーが訪れたときには、
しっかり蒸気で動く日本製黒船を作っていました。
凄いぞ日本!

な〜んだ、猿まねじゃん!と思われるかもしれませんが、
基本的な知識や技術がないと作れません。
中国や韓国のメーカーが日本車を分解して部品をコピーし
組み立てても、日本車のような性能を出すことは出来ません。
なぜこの部品はこのような形状をしているのか?とか
なぜこの部品にはこのような材質が使われているのか?とかが
理解できないからです。
基礎知識・基礎技術・経験の蓄積がないので不可能なわけです。

ということで、
例えばアメリカの最新兵器なども、日本の技術者にかかれば
プラモを作るより簡単!
おそらく、アメリカ製以上の性能を発揮する兵器に生まれ変わるでしょう。

ロケット技術についてはご存じの通り世界のトップレベルです。
縦に飛ばせば宇宙ロケット
横に飛ばせば・・・・さて何でしょう?

仮にアメリカがUFOを実用化しているとすれば、
一瞬見ただけで、日本のエンジニア達は、数年のうちに高性能の反重力飛行物体を作るでしょう。
数分のうちに火星へ飛んだりして!

まあ、日本が今日のような最先端技術国家となったのは、アメリカと中国と韓国とロシアが要因ですね。敗戦により、広大な領土を召し上げられ、日本列島と周辺の小島のみに縮小された日本は、テクノロジーを発展させ食っていくしか無かった・・・
材料を輸入し、製品に付加価値を付けることによって、輸出を伸ばして行きました。
また、中国や韓国からの理不尽な反日・・・
横暴なロシア・・・
そういった外部からの不当な圧力が、日本人に警戒感を植え付け、
テクノロジー超先進国家へと向かわせたのでしょう。

さて、安保関連法案成立で、今後日本はどうなっていくのか?
多分、とんでもない軍事技術を開発するでしょうね!

まず遠隔操作、無人兵器が主流となるでしょう。
ロボット技術も飛躍的に発展すると思います。
ミサイル、潜水艦などの通常兵器の革命的発展は勿論のこと、
例えば、相手国のインフラを一気に無力化する装置とか・・・
当然、全世界のコンピュータに侵入することが前提ですが、
痕跡を一切残さずに乗っ取る攻撃法を確立するでしょう。
多分それは、ネット回線を使った従来の方法では無いはずです。
または、超小型の兵器とか・・・
宇宙空間では、相手国の人工衛星やスパイ衛星を無力化する手段を実用化させるでしょうね。

とにかく世界が恐れおののく国家に変貌することは間違いないです。
何度も言いますが、
日本がこのような国になった要因は
アメリカ
中国
韓国
ロシアにあります。
日本を非難する前に
過去から
君たちが日本に対して行ってきた
数々の行いを思い出しましょう。
非礼
理不尽
貶め
蔑み
強奪
恫喝
思い出しましたか?
えっ!
忘れたって?!

今回の安保関連法案・・・
真の目的は、集団的自衛権行使による平和確保ではなく、
ビジネスモデルを軍需産業拡大に転換することでしょう。
将来的に、世界規模の大戦は起こらないでしょうが、
地域での紛争は終わることなく続きます。
つまり、兵器、軍需関連物資が売れるということ・・・。
紛争が起こる限り、潤うという構造です。
あと、紛争終結後の該当地域の復興事業・・・
これも美味しい!

中東のISISによる地上戦をメディアはしきりに流していますが、
あれは、前時代的な戦闘光景・・・
仮に日本がやむを得ず武力行使に踏み切るとすれば、
地上軍投入はごく僅か・・・
90%以上は空(宇宙空間を含む)と海からの攻勢になると思います。
実際に白兵戦のような戦いをするのは現地の連中だけ。
日本の目的は、兵器売買による利潤追求と復興事業による儲けですから・・・。
土木、食品、医療、薬品、娯楽・・・
何でもバンバン儲かります。




スポンサーサイト

Comment

さて、そううまいことゆきますか? 

管理人さん、お久しぶりです。
コメントしてないけど、記事は毎日読んでまさよ~

ところで軍事産業の話なんすが…
二次大戦いらい100万人単位の動員がかかる戦争を人類は体験していません ね。
せいぜい10万人単位。
アメリカが世界恐慌から立ち直ったのは、実は大戦の軍事景気によります。ニューディールなんか焼け石に水で、実際に立ち直ったのは大戦景気ですよ。
現代は高性能のドローンや無人機が発達して、あと10年で航空母艦も大和みたく無用の長物になると言われる時代です。
歩兵が衛星を中継するレーザー照準機を持ち歩く時代であり、既に素人兵士を集める徴兵制は無意味になったとも言える。
てことは、100万人単位の動員は今後もあり得ないわけで、
戦争による特需は見込めないわけです。日本の軍事技術を売るとしても、儲かるのは大手企業だけ。
国内に山積する問題の活路にはなりませんね。
足元が崩れれば、日本社会は傾くわけで、それを防ぐ特効薬には軍事産業の発展は役に立たないのでは?
軍事産業は金は儲かるが、国民の大半を養う事はできません。
それが出来たのは、先の大戦まで100万単位の動員があったからですよ。
ハイテク化した未来の戦争に、それは求めるのは無理でしょう。
軍事技術の輸出は、まあ大多数の中流が没落して、貧民と一部の金持ちに階層分化するのを止める事は出来ないでしょう。
アメリカもそうだったし。
アメリカに出来ない事は、いまの日本には無理でしょう。
  • posted by アブダビ 
  • URL 
  • 2015.09/21 02:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: さて、そううまいことゆきますか? 


アブダビ 様、お久しぶりです。
いつも、コメント楽しみにしております。
さて、今回の安保関連法案・・・
日米軍事同盟の強化でしょうが、
実質的には
アメリカ従属(アッ!イスラエルもかな?)政策であることは
目に見えています。
情けない限りですが、
主権をアメリカに奪われた日本にしてみれば、
安倍さんの米議会での演説通りの「公約」を実現せねばならないのでしょう。
今後、日本は、軍事増強に進むと思いますが、
それによって、東アジアの緊張が高まることは避けられません。
そこまで見越しての、「アメリカからの要求(恫喝)」でしょうが、
我が国として、反発することは先ず不可能です。
まあ、アメリカにしてみれば、アメリカがしてきた、不経済な軍事行動を
日本に代行させる狙いがあるのでしょうが、
このような理不尽な環境下で、日本がどう動くのか?
そのあたりが気になりますね!
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2015.09/21 20:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム