Entries

さて、今後、予見&予言は的中するのでしょうか?

何やら世間では、
ユダヤのイベントに合わせて何事かが起こるとか、
10月中下旬から11月初旬に東京で大災害が起こるとか、

はたまた、松原照子さんの予言によると9月23日(祝日)に
伊豆半島付近で立て続けに大災害が起こり、
東京は大地震、
フォッサマグナには亀裂(陥没)が走り日本列島が分断
続いて富士山大噴火(火砕流)とか・・・

原田武夫さんは、2〜3年後に東アジアに緊張が走り、
日本と某国が武力衝突&関東大震災!とか、

いろいろと
物騒な記事がアップされていますが、
そのような予測(予言)が的中するのであれば、
とりあえず、
明日9月23日は、第一弾勃発ということかいな?
的中して欲しくはないですが・・・

飯山一郎さんのブログにも、
このような怪文書があったので紹介します。

http://grnba.secret.jp/iiyama/

・・・引用開始・・・

・・・・・・きょうは↓下のような情報が入って来た。
本日、中国・福建省の福清市(蛇頭の本拠地)で…、
「ごく近い将来、尖閣の海域で“海戦”がある」
という情報が流れた。
“海戦”とは、中国海軍と日本の海上自衛隊が戦う海戦だ。

・・・・(中間略)・・・・

面黒い情報だが…、同じような情報が台湾にも流れているので、中国人たちの間では密かな共有情報になっているようだ。

海上自衛隊の艦船が、いま、尖閣方面に向かっているという情報もあるし…、安保法制後の東アジアで、何かが起こる気配は濃厚だ。



・・・引用終了・・・


近い将来、尖閣諸島を巡って日中が海上で衝突とのうわさが流れているらしい・・・


何だか嫌〜ですね!

そういえば、習近平さんは22日(アメリカ時間か?)訪米だそうで、
国家主席不在時に、上海あたりが暴発するかも!(これは前、記事にしました。)

中国は、日本に矛先を向けるのではなく、
内乱勃発で自壊して欲しいものです。

そういえば、中国に入れあげているドイツの自動車メーカーは
自動車に不正ソフトを使用して、環境基準を、テスト時だけクリアーできるようにしていたとか・・・
それがアメリカで発覚し、とんでもない額の制裁金が課せられるらしい。
これ、集団訴訟に持ち込まれると、更に金をむしり取られますね。
もしかして、ドイツの他メーカーも似たような細工をしているかもしれません。
何となくドイツの落日と中国の落日が重なっているような・・・
また、世界各国、あるいは投資家は、中国の経済関連の数値が全くのデタラメだということに気付いてきたそうで、
そうなれば、中国から外資が逃げ出し、
「世界の工場」が「世界の産業廃棄物置き場」に様変わりするかも!
日本も、中国の工場を閉鎖し、国内に戻し始めていますね!

それから、戴いたコメントにあったのですが、
習近平さんが進める兵力削減ですが、
ほとんどが陸軍のリストラだそうで、
国内では不満が溜まり大変な状況になっているとか!
もう爆発寸前だそうで、マジ怖いです。

安保関連法案ですが、可決成立したものの、
施行は半年以上あとになるとか・・・

施行前に武力衝突勃発で、臨時国会召集&空転で何も決められず、
無抵抗のまま降伏&停戦協定というシナリオは御免被りたいものです。

でも、実際、今、中国から圧力が加わると、
超法規的措置を取る前に、何もかもが崩れ去るような懸念があります。
ああ、世も末か・・・





追記!
あっ!忘れていましたが、モルモン教の方々が、9月28日に人類が滅亡するとかで大騒ぎだそうで・・・。
巨大隕石が地球に衝突するとか
未曾有の天変地異が起こると信じて疑わないのだとか・・・

それから、カリフォルニアのサンアンドレアス断層が大崩壊を起こして、
東海岸壊滅とか・・・

まあ、後になって、
「あれは予言だった!」なんてネット上の過去記事を掘り起こす人いますが、
何だかんだ、いろいろ思いつきで書いていたら、偶然当たる事ってありますね!

ちなみに、
侵略あるいは制圧目的での中国の日本攻撃は無いと思います。
日本を潰したいのは中国?韓国?
いやいや、
本当は、欧米でしょう。
今回の「安保補関連法案可決成立」について欧米は歓迎の意を表していますが、
連中の真の目的は、アジア同士で戦わせ、
日本抹殺
中国満身創痍で
その後、東アジアを乗っ取るつもりでしょう。
安倍さん、それを重々承知で前進していますが、
果たして、欧米の思惑通りに事は進むのかな?
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム