Entries

炭酸ガスと水で石油が出来るって、ほんまかいな?

ん!炭酸ガスと水から石油が合成できるって?
これは凄い!

炭酸ガスと水のみを使用して、
ではなく、

①水中に細かい泡状の酸素(ナノバブル)を送り込む
②それに紫外線を照射
③すると一酸化炭素と水素が発生し、化学反応が起こりやすい状態になる
④そこに石油を加える
⑤水と石油の間に特殊な白い層が発生する
⑥白い層に炭酸ガスを加える
⑦白い層で一酸化炭素と水素が化学反応し炭化水素(石油)ができる

酸化チタンの光触媒作用を利用しているようです・・・
といっても、私にはチンプンカンプン。

3円の電気代で100円相当の石油を作り出せるそうですが・・・
さて、ほんまかいな???

一応、京都大学の研究グループですので、滅多なことは無いと思うのですが、
日本の科学界には前科がありますので・・・
つまり、例のSTAP細胞・・・
それにしても、妙な事象だったな!というのが正直な感想。
笹井さん自殺とか、ちょっとダークサイドっぽい色合いを漂わせたまま
うやむやになってこの世から消されました。

今回の発表は大丈夫でしょうか?
作業段階の「白い層」が石油になるのだそうですが、
膨張して体積だけが増えていた!
なんて結末だけは避けてほしいものです。

あまり話題になりませんが、
OHMASA-GASというのも日本にはあります。

こちらは、水を特殊な振動撹拌で電気分解すると、ナノ・マイクロバブル(酸素と水素のガスが微細な泡になったもの)が出来るのだそうで、それを液化して燃料として使用・・・

原理的には何となく似ているような???

それから、藻で燃料アルコールを作るというやつはどうなったのかな?
こちらは藻が勝手にアルコールを作ってくれるので手間いらず・・・

科学音痴にはさっぱりな話ですが、
光合成みたいな反応を人工的に作り出しているような気がします。

ということは、将来的には、水と炭酸ガスで、デンプンとかも作り出せるかも!

でも、少量の石油と少しの電気代で大量の石油が作り出されるとなると、
石油業者は商売あがったりですね!
石油は掘削段階で1リットル1円ぐらい・・・
それを精製して、ガソリンとか軽油など石油製品にして、いろんな業者を経由し、我々のもとに届くわけですが、その間の経費で製品価格は100倍以上になります。
これは勝負になりませんね!

どこかから横槍が入ったりして・・・


朝日より

・・・転載開始・・・


【京都】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表
9/18 19:07
http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_005_20150918008.html

京都大学名誉教授の研究グループが、炭酸ガスと水を使い効率的に石油を合成することに成功したと発表しました。

合成に成功したのは、今中忠行・京都大学名誉教授の研究グループです。今中教授によりますと、水と石油を混ぜ合せた物質に炭酸ガスを含ませる手法により、水分が減少し、石油の分量が増えたということです。今回、開発された手法により、炭酸ガスと水と石油から化学合成でき、低コストでエネルギーを生み出せるようになります。合成油は精製する必要がなく、硫黄や窒素成分を含まないので燃焼時に地球温暖化ガスも出ないということです。今中教授は今後、石油の量産システムの開発を行い、実用化を進めたいとしています。




・・・転載終了・・・


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム