Entries

まだですか?米中激突・・・

ライブドアニュースから
長〜い、長〜い記事を転載しました。
南沙で着々と埋め立て工事を進め、滑走路や灯台、港湾施設などを整備する中国・・・。
南沙海域を自国領海と勝手に宣言し、人工島を築き上げました。
台湾、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイは猛反発・・・

でも、中国は、周辺国の抗議を無視し、
強大な武力を背景に工事を継続してきました。
もうそろそろ完成ではないかな???

日本や韓国それからオーストラリア、東南アジア諸国と共に中国包囲網を構築しつつあるアメリカ・・・
中国とは、経済面で相互依存な状態が長く続いたので、
南沙の件では、口先だけの憂慮や警告を繰り返してきましたが、
親中オバマも合衆国自体も、ここ十数年「内向き」となっており、
海外情勢に関し、深く関わることを極力避けてきた経緯があります。
中東でも、本格的な地上軍を派遣する事は控え、
デモンストレーションさながらの「プチ空爆」を行う程度でお茶を濁してきました。

いくら、アメリカほどの大国でも、2方面3方面の戦略を同時に進行させることは難しく、
煩わしい案件に関しては、極力外交努力で穏便に済ませようと・・・
例えばイランとの核合意とか・・・
何だか妙な手を打っています。

ちょっと横道にそれますが、イランとの核合意・・・
米国で批准されるかどうかわかりませんが、
中東情勢で、ISIS掃討のため、ロシアが動き出し、情勢が一変しました。
イラン、シリア、ロシア連合というか・・・
3国が連携して、ISISや、シリア反政府勢力の殲滅に動き出しました。
イスラエルも真っ青です。
これは、さすがにアメリカも予測していなかったかも!
(いやいや、実はロシアが動くことは想定内であり、中東の混乱を更に拡大させる狙いだったかも・・・ 中東ではこの3国に暴れさせて、難民を大量生産し、EUを潰すか・・・)

で、中東における大規模な軍事行動は控え、
南シナ海とか東シナ海で意図的に紛争を起こす・・・

アメリカは、「人工島」は領土と定義されないものと主張しています。
ですから、人工島周辺に中国の主張する領海は無いということで、
その方面に大規模な艦隊を派遣するつもりです。

一方中国の方も、アメリカが艦隊を差し向けたならば、こちらも出撃すると、
一歩も引かぬ姿勢を貫いていますが、
実際、中国が主張する12カイリ内にアメリカ艦隊が侵入すれば、
どうするつもりなのでしょうか?

レーダー照射?
ロックオン?

一触即発のような状況だな!

習近平国家主席は10月19日からイギリスへ・・・
AIIBとかの案件があるのでしょうが、
かなり微妙な時期ですね。
もし、国家主席不在時に、米中衝突が勃発したらどうするつもりなのでしょう?例えば、緊張のあまり、中国艦隊の乗組員がミサイル発射ボタンを押してしまったとか、
中国戦闘機がアメリカ軍機をロックオンしたとか・・・

中国軍が火ぶたを切らなかったとしても、
意図的にアメリカが友軍機を墜落させ、中国軍による攻撃によって撃墜されたと発表することも出来ます。

逆に、習近平が不在であることをいいことに、反習近平勢力が、人民解放軍をそそのかし、米軍に対し挑発行動をとるかもしれません。
あるいは、再び天津ドーンとか・・・

大規模な軍の展開ですから、
睨み合いで終わるということは
あまり考えられません。
何が起こるのではないでしょうか?

以前、台湾軍の戦車や軍用車量、軍用機などから、台湾軍のマークが消え、次々とアメリカ軍のマークに置き換わっているという記事をアップしましたが、
台湾軍は、既に台湾兵士を除隊させ、新たな徴兵も行っていないとか・・・
これは、具体的にどのような状況なのかよくわかりませんが、
もしかすると米軍は、中国内の反習近平組織あるいは反共産政権組織とコンタクトを取っているのかもしれません。
で、台湾の金門島を足がかりにして、何かよからぬ事を企んでいるとか・・・。

例えば、シナリオ的には、

南沙の人工島に米軍が圧力をかける。
負けじと、中国が大規模艦隊を編成して南沙に出撃。
アメリカが中国を軽く挑発。
激昂したか、何らかのミスかで、ミサイルなどが米軍向けて発射されるか、されたことになる。
口実を得た米軍は、戦闘態勢に入り、中国軍を威嚇する。
小規模な武力衝突が起こる。
中国海軍がダメージを被る。
被害を最小限に抑えるため中国艦隊はUターンし戦線離脱。
台湾に展開しているアメリカ軍は、金門島に進出すると共に、
Uターンし、戻ってくる中国艦隊を台湾側から迎え撃ち、
挟み撃ちにする。
さて、退路を断たれた中国艦隊はどう出るでしょうか?
アメリカは、中国艦隊をどのようにでも料理できますので、
艦隊を人質にとって、有利な立場で停戦交渉に臨むことが出来ます。

てな、単純な作戦も思い浮かびますが、
実際には、練りに練った必勝の作戦が準備され、中国艦隊を殲滅するのかもしれません。

さて、どうなるのやら・・・

ただし、国家主席不在を狙って事を起こせば、国際世論上、アメリカは非常に不利になりますし、
英国や英国王室の顔に泥を塗ることにもなります。

英国には、中国との関係を断ち切らせるという強烈なシグナルを送るのか?
それとも、結果的に英国を怒らせ、米英同盟が破綻するのか?
まさか、そこまで行ってしまうことは無いとは思いますが、
米英関係の悪化を回避しつつ、
中国の喉元にナイフを突きつけるのは
11月に入ってからかな?
今頃米軍は、洋上で訓練を繰り返しているかもしれませんね!







ライブドアニュースより

・・・転載開始・・・


「米中対立時代」の到来か!? 早ければ11月、南沙諸島問題をめぐり両国海軍が一触即発の危機
http://news.livedoor.com/article/detail/10722429/


2015年10月19日 6時0分 現代ビジネス


■「われわれの原則ははっきりしている」
10月13日、米マサチューセッツ州ボストンで行われたアメリカとオーストラリアの2+2(安全保障協議委員会)を終えた後の米豪共同記者会見。ジョン・ケリー米国務長官は、これまでの「親中派」の仮面をかなぐり捨て、厳しい口調で述べた。

「われわれは今回、東シナ海と南シナ海において平和と安定を維持することの重要性について、深い話し合いを持った。航行と航空の自由は、国際海洋法において最も基本的な原則だ。だからこそわれわれは、この地域においてそのことを促していく。

われわれは決してクレーマーではないが、これ以上の(中国による)埋め立て、建設、土地の軍事活用化を止めさせるために主張していくことにした。それは、相手がどんな大国だろうが関係ない。われわれの原則ははっきりしている。すべての国の権利が海洋法によって尊重されなければならないのだ」

続いて、アッシュ・カーター米国防長官も、険しい顔つきでこう述べた。

「今回われわれは、ただいま国務長官が述べたような航行の自由、貿易の自由な流れといった基本的な国際慣習を維持する権益を共有していることを確認した。

われわれはまた、特に東シナ海と南シナ海における緊張の高まりに直面する中で、長年確立されている国際慣習を弾圧し、侵害しようとする(中国の)動きに対して、平和的な解決を希求するものである。

(中国は)見誤ってはならない。アメリカは、世界中の国際法が許すあらゆる地域を飛行し、航行する。それは現在の南シナ海も例外ではないし、今後の南シナ海も例外ではない。

これは単に、アメリカがコミットするだけではない。アメリカとオーストラリアは、多くの隣国の国々と歩調を同じくするものだ。日本、フィリピン、インド、ベトナムなども含まれる。どの国も地域の繁栄のために、解決を望んでいるのだ。

そしてアメリカは、この地域の安全保障の中枢を担うパートナーとしての役割を継続していく覚悟だ。それは過去70年間、アメリカがこの地域で果たしてきた使命と同様の役割だ」

オバマ政権が発足してすでに6年半が経つが、国務長官と国防長官が揃って、これほど強い形で中国を牽制したのは、初めてのことだ。

■国際海洋法では、人工島は領土とみなされない
中国はスプラトリー諸島(南沙諸島)の岩礁を次々に埋め立て、人工島を建設中である。

ヒューズ礁(東門礁)、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、ミスチーフ礁(美済礁)の3ヵ所では、大規模な軍事用滑走路を建設中。その他、ガヘン礁(南薫礁)、クアルテロン礁(華陽礁)、エルダット礁(安達礁)、ジョンソン南礁(赤爪礁)、スービ礁(渚碧礁)などを埋め立て、人工島を建設中であることが確認されている。

9月下旬には、これらの岩礁を、呉勝利海軍司令員(海軍トップ)が、中国艦隊を率いて視察したという。また10月9日には中国交通運輸部が、クアルテロン礁とジョンソン南礁に、それぞれ高さ50mの灯台を建造し、その完成式典を現地で開いた。

南沙諸島は中国の他に、台湾、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイが領有権を主張しているが、中国はまさに、南沙諸島全体の実効支配を、着々と進めているのである。

だがこうしたことで、中国はアメリカを、本気で怒らせてしまった。これ以上、黙視していては、アメリカの沽券にかかわるというわけだ。

9月下旬に習近平主席が訪米した際には、オバマ大統領が習近平主席を激しく非難した。この時がオバマ大統領と習近平主席の、6回目の会談だったが、オバマ大統領が習近平主席をこれほど激しく非難したのは、初めてのことだった。

具体的には、オバマ大統領は習近平主席に対して、次の3点を宣言した。

�南シナ海に関しては、近くアメリカ軍の艦隊を派遣し、中国側が建設した埋立地の12海里(約22�)の海域へ入り、かつ埋立地の上空を飛行する。これは本来は習近平主席の訪米前に行う予定でいたが、ライス大統領安保担当補佐官の建議によってストップさせていた。

�南シナ海および東シナ海で、同盟国および友好国との協力関係を一層強化する。それには、日本、韓国、フィリピン、ベトナム、インド、オーストラリアなどが含まれる。

�サイバーテロに関しては、すでに中国に対して報復措置を行ったが、中国が改めないならば、さらに広範な報復措置を取る。

アメリカは周知のように、すでに大統領選モードに突入しており、オバマ政権が少しでも中国に対して弱腰の態度を見せれば、すぐさま民主党・共和党問わず、後ろから矢が飛んでくる。だからオバマ政権は、中国に対して強硬にならざるを得ない。

9月にアメリカ海軍制服組トップの作戦部長に就任したばかりのジョン・リチャードソン作戦部長は、「就任挨拶のためのアジア歴訪」を開始した。実際は、来たる中国との南沙諸島での「対決」の事前ブリーフィングが目的だ。

リチャードソン作戦部長は、アジア歴訪の最初の訪問地、東京で、10月15日に会見に臨み、舌鋒鋭くこう語った。

「国際法で認められている海域でアメリカ軍が航行することを、中国がなぜ挑発行為と非難するか理解できない」

国際海洋法では、人工島は領土とみなされないことを受けての発言だった。

実際、アメリカ軍とフィリピン軍は10月1日から9日まで、マニラ近郊の海軍基地などで、合同軍事訓練を行っている。両軍の海兵隊員ら約1500人が、中国が建設を進める人工島を想定し、海岸から小型ボートで上陸し、敵地を攻撃する訓練だ。日本から自衛隊幹部も現地に赴いて視察したという。

このようにアジアの海が緊迫するのは、1995年-1996年の台湾海峡危機以来である。当時、台湾で初の総統直接選挙が実施され、独立派の李登輝総統が再選される可能性が高まっていた。そのため、江沢民政権は大艦隊を台湾海峡に送り込み、ミサイル発射実験などで恫喝した。

台湾はアメリカに救援を要請。クリントン大統領は、空母ニミッツとインデペンデンスを派遣し、台湾海峡で米中が対峙した。だが、両軍の軍事力の差は圧倒的で、人民解放軍が撤退して危機は去った。

それから19年経って、米中は再びアジアで危機を迎えた。早ければ11月にも、南沙諸島で米中が一触即発となる可能性が出てきたのである。

■「米中対立時代」の到来
そもそも、なぜ米中関係は、かくも「漂流」してしまったのか。いまの米中関係の分析について、10月12日付『日本経済新聞』のオピニオン欄に、大変優れた寄稿文が掲載されたので紹介したい。筆者は、米エール大学シニアフェローのスティーブン・ローチ氏だ。

ローチ氏はまず、現在の米中関係をこう捉える。

〈 米国と中国は持続的な経済成長のため、ますますお互いに頼るようになり、典型的な「共依存」(お互いの関係性が過剰依存し、とらわれている状態)のわなに陥ってしまった。そしてゲームのルールが変わったことに苛立っている。 〉

米中の国交が正常化したのは、1979年のことである。アメリカはベトナム戦争後のスタグフレーションに苦しみ、中国は10年に及んだ文化大革命の後遺症に悩んでいた。その両大国が手を組み、アメリカ企業が中国に進出して安価な製品を作り、アメリカに売るという共存システムを確立した。続いて中国が外貨を蓄え出すと、中国はアメリカ国債を大量に購入してアメリカ経済を支えた。

ローチ氏は続ける。

〈 しかし経済的な共依存は人間の共依存と同じくらい不安定だ。いずれ一方のパートナーは変化し、もう一方は置いてきぼりにされ、嘲笑されていると感じるようになる。 〉

ここで言う「変化」とは、中国の急速な台頭を指す。経済発展モデルが輸出主導から消費主導へと移行し、南シナ海で力を誇示し、AIIB(アジアインフラ投資銀行)新設などで国際金融システムを変えようとしている。それによって、両大国の関係にも変化が見られるようになってきたのだ。

〈 米国の対応は中国を神経質にさせた。米国の「アジア軸足(ピポット)戦略」は、中国を封じ込めるという意味を言外に含む。 〉

そうした中、9月22日から25日まで、習近平主席が国賓としてアメリカを訪問した。

〈 習主席は9月22日に米シアトルでの講演で、米国と中国が「戦略的意図の相互理解」を深めることが必要だと強調した。しかし、3日後の米中首脳会談には、まさにその点が欠如していた。

共依存のクモの巣にからまった米中関係は、摩擦と非難に満ちたものになった。人間の行動において、こうした病理が通常行き着くところは、痛みを伴う別離だ。米中首脳会談も、この可能性を排除できなかった。 〉

図らずも、習近平主席の訪米は、「米中対立時代の到来」を世界に印象づける結果となってしまったのである。

■「守りの外交」を余儀なくされる中国
結果的に、こうした流れに一番うまく乗っかった形となったのが、日本の安倍晋三政権だった。

10月7日に発足した安倍改造内閣は、下着ドロボー大臣やらヤクザと親密な大臣やらが暴露され、早くも迷走気味だ。だがこと外交に関しては、きっちり上述のような「2015年のアジアの潮流」を捉え、その流れに見事に乗っている。

具体的に言えば、軍事面では9月19日に安保法を整備し、経済面では10月5日にTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の基本合意に達した。

この軍事と経済の「両輪」によって、これから本格的に南シナ海に「介入」しようとしているアメリカに寄り添う頼もしいパートナーとして、アジアでにわかに存在感が増しているのである。

同じ東アジアにおけるアメリカの同盟国でも、中国に擦り寄ってきた韓国は、アメリカから「矯正」されるハメになった。朴槿恵大統領が訪米し、10月16日にホワイトハウスで米韓首脳会談を行ったが、オバマ大統領は次の3点を、朴大統領に突きつけたのだった。

�北朝鮮という危険な共通の敵に向けたアメリカとの軍事同盟の強化

�中国への過度の接近からの修正

�同じアメリカの同盟国であり、自由・民主の価値観を共有する日本との関係改善

�の日韓関係について言えば、10月31日か11月1日にソウルで行われる安倍首相と朴槿恵大統領の初めての日韓首脳会談が、こうしたアメリカの要求に韓国がどれだけ答えられるかの試金石となる。

一方、アメリカに睨まれた中国は、「守りの外交」を余儀なくされている。このままアメリカ艦隊が南シナ海に押し寄せれば、当然ながら、中国海軍は太刀打ちできない。

前述のように、1996年の台湾海峡危機では、ニミッツとインデペンデンスという2隻の航空母艦が台湾海峡に向かい、中国軍はお手上げとなった。あの時に較べると、人民解放軍は格段に進化したが、やはり現在においても、アメリカ海軍とガチンコで戦えるほどの戦力は持っていない。なにせアメリカの軍事費は圧倒的に世界一で、2位の中国から10位までを合わせた額よりも多いのだ。

だが、そうかといって、中国がアメリカに怖じ気づいて、いまさら南シナ海の埋立地を元に戻したりすれば、東南アジア諸国には感謝されるだろうが、習近平政権が国内で保たなくなる。だから表向きは、アメリカに対して、あくまでも強硬な態度で臨まざるを得ない。

そこで中国は、周辺外交をソフト外交に転換させる戦術に出た。中国語には、「多一個朋友、多一条路」(友達が一人多ければ、開ける道が一本多くなる)という諺がある。この言葉を地で行く戦術に出たのである。

具体例を挙げれば、これまで「敵国扱い」だった日本および北朝鮮との関係改善を図り始めたのだった。

■外交分野の最高責任者が「訪日」
まず、中国の対北朝鮮外交の変化から見てみよう。

9月3日に習近平主席は、北京で「抗日戦争勝利70周年軍事パレード」を挙行した。中国の外交関係者によれば、習近平主席は最後まで、金正恩第一書記の参加にこだわったという。

それは、中朝両国が1950年代の朝鮮戦争を共に戦い、1961年に友好協力相互援助条約を結んだ軍事同盟関係にあるからだ。この条約は、「両締約国が改正または終了について合意しない限り、引き続き効力を有する」(第7条)という半永久的軍事同盟なのである。

ところが、8月に入っても北朝鮮から「参加」の回答は来ない。中国は、経済援助の縮小などのカードをちらつかせて、北朝鮮に返事を迫った。ついに北朝鮮は8月下旬になって、「(韓国との)準戦時体制に入ったので、最高司令官である金正恩第一書記は国外へ出られない」と返答してきた。

代わって北京にやって来たのが、崔竜海書記だった。金日成主席の盟友だった崔賢国防相の次男である崔竜海書記は、2013年5月に訪中した時、習近平主席との間に一悶着あった。

当時、朝鮮人民軍で金正恩最高司令官に次ぐナンバー2の軍総政治局長だった崔竜海は、習近平主席との会談に際して、軍服にこだわった。だがその3ヵ月前の北朝鮮の核実験に激怒していた習近平主席は、平服でないと会見に応じないとした。この服装問題で中朝会談がご破算となる一歩手前まで行ったのである。この時は、崔竜海が涙を呑んで妥協した。

その崔竜海書記が、2年4ヵ月ぶりに訪中した。習近平主席は表向きは、崔書記を相手にしなかったが、カメラを入れずに非公式で会見したという。そして北朝鮮が何よりも重視する10月10日の朝鮮労働党創建70周年を祝う軍事パレードには、中国共産党ナンバー5の劉雲山党中央政治局常務委員を派遣し、北朝鮮との関係改善をアピールしたのだった。

日本に対しては、習近平政権で外交分野の最高責任者である楊潔篪国務委員(前外相)を派遣し、関係改善を模索した。

10月15日に首相官邸を表敬訪問した楊国務委員は、安倍首相と会談した。だが安倍首相は、南シナ海の埋め立てに関して中国を非難したのはむろんのこと、中国が「南京大虐殺」を国連記憶遺産にゴリ押ししたことについても抗議したのだった。

■東シナ海の実効支配を許してはいけない
さて、今後の展開だが、日本は安保法制を整備したからと言って、南シナ海の紛争に、自衛隊を派遣するのは、明らかに時期尚早だろう。アメリカ軍はもしかしたら派遣を求めてくるかもしれないが、日本としては慎重になるべきである。

それよりも、日本がまず優先すべきは、東シナ海における中国のガス田開発を、ストップさせることだ。

2008年5月に、胡錦濤主席(当時)が来日し、福田康夫首相との間で、東シナ海のガス田を共同開発することで合意した。翌6月には、日中当局の実務者協議が開かれている。それなのに中国は、昨年頃から勝手にガス田開発に乗り出したのだ。

今年7月に日本外務省がホームページで、その模様を撮った写真を公開したが、中国が日中中間線近くに、計16基もの建造物を建造中であることが明らかになった。中国は南シナ海ばかりか、東シナ海においても、着々と実効支配を進めているということだ。

日本としては、この中国が進めるガス田開発を、「2008年の状態」にまで戻すことが、何よりの先決問題だ。それには、アメリカと中国と東南アジアの3方を睨みながら、かなり高度な外交手腕を展開しなくてはならない。

日本にとって追い風となっているのは、習近平政権が発足以来初めて、日本を正視し始めたことである。これまでの習近平政権の対日外交は、簡単に言えば、「日本の親分であるアメリカと中国が決めれば、日本はそれに付き従ってくる」というものだった。つまり、日本は「アメリカの一部」のように捉えられていたのである。

それが、アメリカ軍が南シナ海に迫ってくるという危機感の中で、中国は対日外交を急転換させつつある。その証拠に、これまで重要な日中交渉というのは、常に北京で行っていた。それが今回、楊国務委員が、習近平政権発足以来、「初来日」したのである。

日本としては、次は習近平主席の早期の訪日を求めて、その際の「目玉」に、東シナ海のガス田の共同開発を持ってくるというのも悪くない。

ともあれ、このまま行けば中国は、南シナ海の「埋め立て→実効支配」という「成功体験」を、次は東シナ海においておっ始めるのは、火を見るより明らかだ。日本としてはそうなる前に、これを阻止する手立てを考えておかねば手遅れになってしまう。

重ねて言うが、日本としては、南シナ海問題を「利用」して、東シナ海問題における妥協を迫る外交を展開していくべきである。

・・・・(続く)



・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム