Entries

米艦船の南沙突入は「思いやり予算」増額狙いか?!

ん〜
「思いやり予算」ね!
米兵は、日本の米軍基地勤務を何よりも喜ぶらしい・・・
なぜって、
紛争地ではない
戦闘行為がない
敵兵を殺すことも自分が殺されることもない
日本は先進国なので、休暇時が最高に楽しい
そして
報酬が断トツ「いい」

ドイツなどにも米軍基地がありますが、
報酬は「しょぼい」・・・

今回、
財務省・・・
思い切った事をしましたね!

減額提案

何だか、
アメリカ人の47%は
極東アジアで紛争が起こった場合
米軍は兵を送るべきではないと
言っているそうですが、

それは困るね!
食い逃げは許しまへ〜ん。

日本が米軍という番犬を飼っているのは
有事勃発時のためです。

アメリカ人は、日本での米軍厚遇を知らないのでは?

有事の際は、大軍を派遣して、
日本人の楯になって貰わねばなりません。

だって、日本には軍隊はありませんので・・・

憲法9条だか何だか知らないけれど
日本から軍隊を奪い去ったのは
何を隠そう「アメリカ」です。
その代わりに、米軍が日本各地に展開して
日本を護っています。

さて、
先日の米駆逐艦による南沙海域突入行動ですが、
この「思いやり予算」と連動しているのか?
もっと金を出して欲しいから
あんなデモンストレーションをやった?

もしそうだとしたら、
アメリカって「せこい」国だな〜。

これ以外にも、いろんな所で
「甘い汁」吸っているに決まっている。

アメリカは、日本側の減額案に理解を示すどころか
「増額」を訴えているそうです。
どこまで厚かましいのか・・・。

まあ、南沙の人工島を地震兵器で巨大津波を起こし、全部流し去るか、
それとも、ミサイルを1万発ぐらい撃ち込んで木っ端微塵にすれば
増額もあるでしょうが・・・

そんなことやったら、
米中本当の戦争になってしまいますね。
それは、米中とも望んではいないと思います。

何だか・・・
中国をやっつけろ!
なんて大騒ぎしている右巻きの人が大勢いますが、
戦争って・・・
資金がなければ出来ません。
そして
ドンパチするだけが戦争ではありません。

逆に考えれば、
金融上、
実は
「戦争」は既に始まっているのか?

今回中国は「自制」したようです。
やはりSDRの件で、
下手な手は打てないと悟ったのか・・・

なら、日本の哨戒機やイージス艦が突入しても
「自制」するでしょう。
3000mの滑走路があるので、着陸して
日章旗と星条旗を立てるといいね!







ロイターより

・・・転載開始・・・


財務省が「思いやり予算」減額提案、娯楽施設の人件費廃止促す
http://jp.reuters.com/article/2015/10/26/finance-m-idJPKCN0SK0S020151026


2015年 10月 26日
 10月26日、財務省は、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会で、在日米軍駐留経費の日本側負担となる「思いやり予算」の減額を提案。

[東京 26日 ロイター] - 財務省は26日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会で、在日米軍駐留経費の日本側負担となる「思いやり予算」の減額を提案した。

安全保障法制の成立で日本の役割拡大が見込まれる中、基地内の娯楽施設従業員に関する人件費負担の廃止などを通じて歳出改革につなげたい考え。

2015年度の思いやり予算は1899億円で、このうち人件費は1164億円と6割強を占める。財務省の提案では、ゴルフ場やバーなど娯楽施設に勤める従業員約5800人の給与は、各施設の収益で支払われるべきとし、政府負担の廃止を検討するよう促した。

また、基地内施設の従業員の給与が、一般の民間企業に勤める人より高い点も指摘した。例えば、パン製造に携わる従業員の平均給与は、基地内で月額29万1700円なのに対し、民間企業で19万5900円と約1.5倍の開きがある。こうした格差を生む語学手当などは「廃止に向け早急な見直しが必要」と強調した。

思いやり予算の根拠となる特別協定は、来年3月に改定期限を迎える。日米両政府は今夏から見直し交渉を開始したが、これまでの交渉では、日本側が減額を要求する一方、米側はアジア太平洋地域に戦力を集中させているとして増額を求めており、「着地点はまだ見えない」(政府関係者)という。

*写真を追加しました。

(梅川崇)



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

その一方で 

太平洋をエリアとする米第七艦隊の『母港』は横須賀です。 そして、横田基地もアラスカからパナマ,カンボジア,インドネシア中東までの地域をカバーする米第5空軍司令部と在日米軍司令部が置かれています。(ですので、米覇権を減弱させるためにシナ肝いりの『反基地闘争』が仕組まれていますしw)
いかに『出血』を渋ろうとも、米軍の『目』や『頭』が潰されれば、お話になりません。寧ろ、否が応でも米が『食い逃げ』出来ないように知恵をめぐらせる事が、米軍の補完的装備しか持てない日本の最大の自衛策ではないのでしょうか。
  • posted by h 
  • URL 
  • 2015.11/04 09:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム