Entries

嵐の前の静けさ(1)

ここ数日、たいしたネタが無いのでちょっと退屈・・・
女子高生の13%は援助交際経験者とか
餃子よりラーメンの方が先に出て来たので、客が激怒&居座りで逮捕とか
下らないニュースばかりで、
こんなことでいいのか日本!と思うわけです。

でも、
大きなニュースが無いというのは、
まあ、とりあえず平穏な世の中が続いているのかなと思ったりもするのですが、
それとは逆に、水面下ではいろんな動きがあるということでしょうか?

ソウルでの日中韓首脳会談、日中首脳会談、日韓首脳会談ですが、
あれ、どんな意義がったのでしょうか?
念仏のように「正しい歴史認識」とブツブツ言う中韓両国と日本という構図・・・
これは毎度のことですが、
ただ、念仏を唱えるだけのために三者が会合を持ったのではなさそうですね。
個人的には
日本政府は、中韓の国情に探りを入れている・・・。
まあ、数値を見れば中韓の経済悪化の深刻さは、ある程度推測できるのですが、
実際はどうなの?と直接顔色を見に行ったというか・・・
息しているか確認しに行ったというか・・・

で、韓国は、例えるなら、職を失い数ヶ月ほど辛ラーメンで命を繋いでいる状態か・・・。やせ細り、呼吸も弱っている。診断としては「瀕死状態」。

中国は、脳死状態の人間が生命維持装置で無理矢理生かされているといった感じ・・・。もう既に脳波も止まっているので、医師があれこれ講釈垂れている感じか!もしかすると蘇生するかもしれないとか、脳波はストップしたが聞こえているかもしれないとか、何らかの刺激で突如蘇生するかもしれないとか・・・。

そうそう
あれ!
AIIBとか
習近平が訪米して、旅客機爆買いしたとか・・・
ヨーロッパ行っても似たような事してましたね!
経済力を誇示しているのでしょうか?
しかし
その経済力は張りぼてかもしれません。
外資がどんどん逃げだしているので、
くい止めるための対策なのかもしれません。
中国が携わっている海外事業は、頓挫とか中断とかでほとんどが不良債権化していますので、
多分経済的にはかなり「ヤバい」と思うのですが、
精一杯強がっている感じがします。
旅客機納入しても、金払ってくれなかったりして(笑)

共産国なので、正確な数値は葬り去られます。
真実は闇の中・・・。
告発の動きがあれば即消されます。
だから、誰も何も言いません。

金と命が惜しけりゃ、中国政府を相手にしたビジネスは止めることです。
ただ、大量のドル資産を海外で運用している華僑みたいな連中は別次元なので、
必ずしも「中国=ダメ」ではないかも!

あと、最近の海外ニュースを見るに、
国家間の繋がりというか、連携状況の再確認とか、新規開発みたいな動きがあります。分かり易いところでは、先ほどの中国・・・
ボーイングの爆買は、アメリカとの軍事衝突を避けるための苦心の外交か?
あとイギリスとかフランス、ドイツなどとのビッグな契約で運命共同体みたいなものが形成されつつあります。
中国と運命を共にするなんて、
信じられない・・・。
中国は、ヨーロッパ列強に蹂躙された歴史を忘れていないと思います。
未来志向とかで、フレンドリーな握手を交わしても、ヨーロッパは中国に食い破られるかも・・・。
中国人ってどんな民族なのか?
一度付き合ってみるといいと思います。
日本は懲り懲りです。
至る所に中華ソサエティが林立し、他民族を排除し、大小いろんな抗争が起こります。もちろん市民が巻き込まれますので、国家は荒廃の一途を辿るでしょうね。

ロシアですが、旅客機が墜落しまして、
テロなんでしょうが、
慎重に捜査するとか
爆発音が記録されているとか
衛星写真に記録されているとか
燃料が爆発したかもとか
ロンドン訛りの男が、墜落を喜ぶ通話をしたのを傍受したとか・・・

テロだと分かっているのに
なかなか結論として
「テロ」だったとは言わないですね。
なぜかな?

爆弾を荷室に運び込んだのがIS系なのか?
それともイスラエル系なのか?
それとも・・・

という感じで、
怒りの鉄拳を振り下ろすにも
相手が特定できないといったところか・・・
それから、報復テロで民間機が狙われたとなれば、
プーチン主導のIS掃討作戦にロシア市民から非難が湧き上がるからか?

まあ、でも、分かってるんでしょ?
サウジかイスラエルを攻撃するかも!
まあ、ロシアが○○を攻撃とかテロップが踊ったら
国際社会が緊張しますので、
イスラエルの某基地で爆発が起こったとか、
イスラエル機がエンジン不調で不時着とか・・・
実際は戦闘行為があったとしても、事故や管理不備扱いのニュースとして配信されるのでしょう。
中東の異分子イスラエル・・・
予想では、多分、あそこからいなくなると思うのですが・・・


今日は眠くなったのでここまで!
続編、次回アップします。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム