Entries

中国はソフトランディングに向け各国と接触しているのでは?

中台首脳会談が話題になりましたね。
過去、このような場面が無かっただけに注目度アップ!

メディアやネット族の見方は、「中国の脅威」か・・・
中台が「一つの中国」を確認したことにより、台湾内では不安を訴える声が大きくなっていると・・・
台湾が中国に呑み込まれる?
その証拠に、中国は台湾のAIIB加盟を承認した・・・

ますます強大となる中国と
時代を読み切れずにいる霞ヶ関の住民・・・

中国は東南アジア諸国を屈服させ、
台湾併合、尖閣取り込み、その次は沖縄か・・・
なんて、誰もが想像するようなシナリオがあちこちで見かけられますが、

はっきり言って、アメリカと日本が金融緩和政策をしなかったら、途上国とか資源輸出国などはとうの昔に破綻しています。
中国もハードランディングしていたことでしょう。
当然韓国なんて消し飛んでいたはず。

日本は既に300兆円ほど吐き出して、国際経済を支えています。
アメリカも同様・・・
しかし、緩和政策は無期限延長できるわけもなく、
やがては打ち切りの期限が・・・

習近平の派手な外遊・・・
強い経済力と軍事力を背景に膨張が止まらないと形容する人がいますが、
果たしてそうかな?

馬英九総統と習近平が直接会談するなんて、数ヶ月前では、
想像もしませんでしたが、

中国を巡るアジア情勢、国際情勢では、
見えないところで大きなうねりが湧き上がっていると見た方がいいですね。
果たして日本は蚊帳の外なのか?
いやいや、このうねりに日米が大きく関わっているとしたら・・・

中国がハードランディングしたならば、その破壊力は計り知れず、
ほとんどの国々が大きな痛手を負うでしょう。
そんな中国と無関係を装っている日本ですが、
われわれの理解を超える領域で、決死の交渉が為されているとすれば???

その交渉の成果の断面図の1枚が、中台首脳会談かもしれません。
習近平が頑張って腐敗撲滅運動を行っても、腐りきった共産党政権が蘇生するはずありません。国家主席が自らの命の心配をしなければならない国家って・・・
共産党支配は既に死に体だと見ていいでしょう。
かといって
あの巨大な中国が空中分解すれば、地球規模の大混乱が生じます。
いかにして中国をソフトランディングさせるか?
そしてソフトランディング後のロードマップ・・・
政権移行について・・・
中国は広大です。
まだまだ魅力的な市場でしょう。
ただ、現共産党政権では今以上の経済発展は難しい・・・
さて、どうするか?

ミヤンマーではアウンサン・スーチー氏率いる野党が大躍進とか・・・

さて、近い将来
中国では
どんなことが起こるのでしょう?





産経より

・・・転載開始・・・



習主席、台湾提案に「ゼロ回答」 主導権ガッチリ…“アメとムチ”政策強める
http://www.sankei.com/world/news/151108/wor1511080008-n1.html


 【シンガポール=矢板明夫】習近平氏と馬英九氏の中台トップ会談で、中国は最も確認したかった「一つの中国」についての言質を台湾側から引き出したが、台湾側が提案した「台湾向けのミサイルの撤去」などの具体的に事項について、中国側はほとんど回答しなかった。

 台湾側が「対等な立場」と繰り返し強調した会談は、ほぼ中国ペースで進められたといえる。

 この日の会談で、習氏は台湾独立志向の民進党を批判した。その上で、中台の統一問題について「歴史に対し、民族に対し、責任ある態度で正しい選択をすべきだ」とも述べた。あたかも馬氏に説教したかのようだった。

 中国は2000年ごろから、台湾民衆の反中感情が高まるのを警戒し、経済、文化分野を中心に交流を進めてきたが、政治的分野については介入してこなかった。しかし今回、中台トップ会談が実現したことで、習政権はこれまでの政策を改め、台湾への統一工作を加速するとみられる。

 中国側が今回の会談の成果を生かすためには、引退後の馬氏の台湾における影響力を温存することが必要だ。今後、台湾の親中国勢力に対し利権を配分するといった形で懐柔し、独立勢力に対し経済的な制裁を加えるなど“アメとムチ”政策をますます鮮明化していくとみられる。




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム