Entries

パリのテロ、タイミング良すぎるだろ?!

パリのテロですが、
ネット上では「偽旗事件」だと断言している方々もおられるようで・・・
理由としては、現場の凄惨な映像が全く出てこないとか、
逃げ惑ったり絶叫する女性が「演技」じみているとか・・・
具体的に理由をあげていますね。

まあ、偽旗で、犠牲者が1人も出なかったのなら、それはそれで結構なわけですが、
世界は、「ISによる凄惨なテロがパリで発生し、130人ほどの市民が犠牲」は実際に起こったこととして、次の動きに移っています。

戦火が絶えず、混乱の続く中東地域ですが、
かつて広範囲を統治していたオスマントルコ帝国の弱体化とか、
大量の石油の発見とか、
宗教関連の対立とか、
ユダヤ関係が複雑に絡み合っており、
また、民主化?運動や大国の介入により、
フセインやカダフィーなどの強力な支配者が消されたことも関係ありますね。

そんな中で、イスラム原理主義とか、アルカイダとか、テロ攻撃とか・・・
最近ではISISとかISIL?(同じか!?)とかカリフとか・・・
何が何だか?訳わからなくなってきていますが、
ネットの発達に伴って
首チョンの衝撃映像とか集団処刑の動画とか・・・
恐怖を植え付ける戦法とかが主流になって、
まあ、ネットの特性を最大限活用して、
民心を不安に陥れたり
敵ではない組織や国を「敵」に祭り上げたりと・・・
中には、偽情報も混ざっていたりして、
一般庶民には「真実」がどこにあるのか
さっぱりわからなくなってきています。

最初に書いた「偽旗」ですが、
テロ自体が本当に起こった事件なのか?
捏造映像や記事を見せられ信じ込まされているのか?
それすら分からないのが現状か・・・。

まあ、でも、中東の混迷というのは、自然にそうなったのではなく
意図されたものなのだということを、最近強く感じるようになりました。

ですから、パリのテロも、何らかの目的や狙いがあって起こされたのでしょうし、それによって国際情勢は大きく変化すると思います。

パリのテロが起こるまで、ヨーロッパ最大の関心事は
「難民問題」だったのでは?
人道上の問題と、国家の治安問題をいかにクリアするか、
難民受け入れ国は頭を悩ませていました。
日本のバカな政治家も、日本も中東の難民を受け入れるべきなんて
IQ28レベルの発言をしていましたが、
テロが起こって事態は一変!
難民または、中東出身者にテロリストが混ざっているという事実を突きつけられ、
「難民受け入れ」体制から
「難民排除」または「難民受け入れ拒否」の方向にシフトしつつあります。
ただ、人道的な部分がありますので、
表だって排除や拒否は出来ませんので、
難民が押し寄せる原因を突き止め、それを断とうと・・・
そう考え始めているようですね。
つまり、
中東が安定すれば難民は減る・・・
ということでしょうか?

どうすれば中東に安定をもたらすことができるか?

ISISの殲滅?

アメリカは当初、シリアを潰そうと考えていたようで、
反政府組織を援助していましたが、
ロシアがシリアの要請を受け、掃討作戦を敢行した結果、
ISISのみならず反政府組織へも攻撃を加えたので、
アメリカとしては面白くなかったのですが、

ここに至って
瓢箪から駒というか
渡りに船というか・・・
つまり
中東の安定化という最もらしい共通の目標が出来まして、
アメリカは、AIIBなどでアメリカから離れていったヨーロッパ諸国との連携を取り戻すチャンスが生まれ、
また、ウクライナ・クリミア半島問題で冷え込んでいたロシアとの関係改善にも道が開けたということで、「ウハウハ」なのでは?

その証拠に、オバマはG20の場で、プーチンと会談を持っています。

それから、気のせいなのか、最近ウクライナ・クリミア半島問題についてはあまり話題に上がってこないような???

など・・・
あれこれ考えていると、
パリのテロって、
本当にISの連中がやったんかいな?と思うのであります。
あまりにも出来過ぎているというか、
都合が良すぎるというか、

なぜなら、テロを起こしたことによって
IS側は、雨あられとミサイルを頭上から撃ち込まれ、消滅の危機に晒されています。
難民に対する警戒感が高まっているので、難民に混じってヨーロッパに乗り込むことも難しくなる・・・。
マイナス要因ばかりで、戦術的に考えて、今回のテロは失敗でしょう。

どう考えても、ISがやりそうなテロではないような気がしますが・・・。

ん〜
ISIS殲滅有志連合国の猛攻で
中東のISは消滅か・・・
というか、
ミサイルが束になって飛んでくる前に
全員フル装備で、トヨタのピックアップトラックに武器弾薬、食料を満載し、シリアを離れて遠い旅路へ・・・
そのうちISもどきみたいな武装勢力が
突如!中国に現れ、ウィグル弾圧を口実に大規模なテロを起こしたりして(笑)



産経より

・・・転載開始・・・

【パリ同時多発テロ】
仏軍、シリアのイスラム国拠点を空爆 仏警察はベルギー在住フランス人を指名手配 犠牲者数は132人に
http://www.sankei.com/world/news/151116/wor1511160027-n1.html



2015.11.16 11:06

 【パリ=松浦肇】フランスの首都パリで起きた同時多発テロで、フランス警察は15日、容疑者の一人として、ベルギー在住のフランス人、アブデスラム・サラ容疑者(26)を指名手配した。顔写真を公開して、事件前後の足取りや交友関係に関する情報提供を求めている。一方、フランス軍は15日、犯行声明を出したイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に対して、テロ事件後初めて、シリア北部ラッカの拠点を空爆した。

 フランスメディアによると、病院関係者の話として、テロ事件の犠牲者は14日発表から3人増えて132人になった。なおも40人以上が重体の状況にあるという。

 3部隊が組織的に襲撃したとされるテロ犯の素性は徐々に浮かび上がってきており、欧州各地に関連先が広がっている。

 1月の風刺週刊紙シャルリー・エブド本社の襲撃事件と同様に、今回のテロでも、隣国ベルギーとの接点が明らかになり、ベルギー治安当局はこれまでに7人の容疑者をテロに関与したとして逮捕した。

 今回、仏警察が新たに指名手配したサラ容疑者は、実行犯2人の兄弟とみられ、うち1人はパリ市内での襲撃で自爆死したという。事件にはベルギーで登録された車両2台が使われており、仏メディアの報道によると、そのうちの1台がサラ容疑者の名義でレンタルされたもようだ。

 捜査を指揮するフランス検察は襲撃犯7人の死亡を発表しているが、テロリスト集団の全貌はいまだつかめていない。テロの再発を恐れる市民は外出を控えており、パリ市内の人通りもめっきり途絶えた。仏紙フィガロは「当初12日間に限られていた非常事態宣言が3カ月間に延長される」可能性を報じている。

 一方、仏国防省は15日、戦闘機を含む計12機を、イスラム国が支配地域にしているシリア上空に派遣、指令施設や訓練基地などを破壊したと発表した。

テロ事件後、フランスのシリアでの空爆は初めて。オランド仏大統領はテロに対して厳格な態度で臨むことを表明しており、イスラム国掃討に向けた報復攻撃に乗り出したとみられる。



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム