Entries

韓国は、慰安婦問題の嘘が暴かれるのを恐れている

出版された本の内容が、元慰安婦や政府の見解と異なるとの理由で、著者が起訴されるなんて・・・
ちょっと日本では考えられないですね。

当時、朝鮮半島で慰安婦の強制徴用があったかどうかは別として、
日本政府は、日韓の戦後処理については基本条約締結で完全に解決済みという立場ですが、
仮に、某作家がそれに反する著書を出版しても、政府が規制したり、
旧日本軍兵士やその家族、遺族らが、名誉毀損で著者を告訴したりはしません。
日本に限らず、自由主義国家では、今回の韓国のような出来事は起こりません。

また、

韓国検察の主張する「客観的な記録」とは・・・
「日本の河野談話」
「国連の関連報告書」
「米下院の決議文」
だそうですが、
それらの記録の根拠となるものは
吉田清治のフィクション

元朝日記者植村隆の「とんでも記事」なのですが、
吉田清治は、済州島で慰安婦狩りがあったという記述は「嘘」であったと証言していますし、
朝日も、植村らの慰安婦記事が事実に基づかない誤った報道であったと
数日にわたって謝罪記事を掲載しました。
結局、慰安婦に関しては、
破格の厚遇で募集するという広告や
元慰安婦の通帳に見る驚くべき額の収入の記録ぐらいしかありません。
ですから、
「日本の河野談話」
「国連の関連報告書」
「米下院の決議文」
なんて、客観性もなにも・・・
前提となる資料が「誤り」である以上、
すべて無効です。
むしろ、
現存する資料として
破格の厚遇で募集するという広告や
元慰安婦の通帳に見る驚くべき額の収入の記録
こそが「客観的な記録」であると言うべきでしょう。

元慰安婦の聞き取り調査では
日本の軍人か警察官に連れて行かれたとか
軍人はブーツを履いていたとか
ジープに乗せられたとか
クリスマス会があったとか
出てきたそうですが、
当時の朝鮮半島での軍人、軍属、警察官はほとんどが朝鮮人・・・
すぐ火病を発症し戦場で使いものにならない朝鮮人は後方に回されていました。
幼女が言う日本の軍人や警察官というのは朝鮮人である可能性が強いです。
いい仕事があるなんて甘い誘いに騙されたのでしょうね。
ブーツ
ジープ
クリスマス
に関しては論外
朝鮮戦争と混同しているのでは?
あっ!ヘリコプターというのもありました。
当然ですが、当時の日本軍にヘリコプターはありません。

慰安婦問題は
突如出現しました。

何者かが、甘い汁を吸うために考え出したのでしょう。

慰安婦問題とは
日本の左系政治家が考案し、韓国と連携し、日本から金をむしり取る
「装置」ですね。

そのうち「嘘」がばれるでしょうが、
今回の仰天ニュースは、
韓国政府が如何に
「慰安婦問題」に関し
神経質になっているかを物語っています。

嘘がばれるとまずいので
韓国政府や関係者らは
もしかしたら、
元慰安婦の寿命が尽きるのを
首を長くして待っているのかもしれません。

雲行きが怪しくなってきたら、
「ナヌムの家」で火災が発生したとか
土砂崩れが起こったとか
ノロウィルスに感染し元慰安婦らは病死したとか
珍ニュースが聞けるかもしれません(笑)


朝鮮日報より

・・・転載開始・・・


「帝国の慰安婦」著者を名誉毀損で在宅起訴=韓国検察
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/19/2015111903093.html



【ソウル聯合ニュース】韓国で出版された書籍「帝国の慰安婦」(原題)をめぐり、ソウル東部地検は19日、旧日本軍慰安婦に対する虚偽の事実を載せ慰安婦被害者の名誉を傷つけたとして、著者の朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授(日本語日本文学科)を名誉毀損(きそん)の罪で在宅起訴したと明らかにした。

 ソウル近郊の施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)で共同生活を送る慰安婦被害者11人は昨年6月、朴氏と出版社の代表を名誉毀損で刑事告訴すると同時に、出版と広告の差し止めを求める仮処分を申請していた。

 検察によると、朴氏は慰安婦の動員に関する事実を否定し、自発的に日本軍に協力したという趣旨で著述したことにより、公然と慰安婦被害者の名誉を毀損した。また、同書の「売春の枠組みに入る」や「日本国に愛国心を持ち、日本人兵士を精神的、身体的に慰安した日本軍の同志」などの記述は、客観的な記録と異なる虚偽の事実だと指摘した。

 日本の河野談話や国連の関連報告書、米下院の決議文などを確認したところ、慰安婦は性奴隷も同然の被害者で日本に協力しなかった事実が認められるにもかかわらず、朴氏がこれとは異なる虚偽の事実で被害者の人格と名誉を深く侵害し、学問の自由の範囲を逸脱したと、検察は強調した。

 出版社代表については、出版と編集に関し朴氏と話し合っただけで内容には関与しなかったとし、嫌疑なしとした。

 一方、出版と広告差し止めの仮処分申請を受け、裁判所は今年2月、「軍人の戦争遂行を助けた愛国女性」「自発的な売春婦」などと表現した部分を同書から削除しなければ軍慰安婦の名誉を損なう懸念があるとの判断を示している。朴氏は6月、問題となった部分を伏せ字にするなどした修正版をあらためて出版した。

 朴氏は昨年11月には日本で「帝国の慰安婦-植民地支配と記憶の闘争」という名で書籍を出版し、被害者らの反発を招いた。

聯合ニュース




・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

うわ~w 

連中の事ですから、自分の都合が悪くなったら後先考えず適当な出まかせでその場しのぎをしようとしますw
当然のことながら、追軍売春婦の『物理的除去』も、荒業のオプションの一つでしょう。
韓国人一人の命の値段など、便所の尻を拭く紙よりも安いのが現状なのでしょうね。
  • posted by hanehan 
  • URL 
  • 2015.11/24 16:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム