Entries

韓国はあらぬ方向へ走り出すかも!

11月26日に予定されていた、産経の前ソウル支局長加藤氏の判決公判が、12月17日に延期されたって・・・。
金泳三元大統領の国家葬が影響しているのでは?との話ですが、
延期の明確な理由は加藤氏側に告げられていないということですから、
何か「言えない」事情があるのでしょう。

まず考えられるのは、
先日話題になった、「帝国の慰安婦」の著者が在宅起訴された件・・・
元慰安婦らが名誉毀損で訴えていたということですが、
日本はもちろんアメリカなど、自由主義国家から激しいブーイングが起こりました。
韓国には表現の自由が無いのかと・・・。
まるで「北朝鮮」とか(笑)

それから、
韓国野党が空白の7時間について調査に乗り出したとのニュースもあったような・・・。

そもそも一国の首長が、7時間も所在不明って・・・
我が国日本は勿論のこと、他国でもそのようなことは聞いたことがないな。
いったい、どこで何をしていたのやら・・・
誰でも不審に思うでしょう。
今回、セウォル号事件で、朴槿恵の長時間所在不明癖がたまたま発覚したと考えることも出来ます。
朴槿恵は長時間所在不明の常習犯か(笑)!

さて、もし、判決公判延期が、野党の調査開始と連動しているとすれば、
公判を延期してまで、野党の動きに対応しなければならないということですから、なんらかの「不都合な真実」の存在が疑われます。

セウォル号沈没に至るまでの7時間の間、与党は大統領とは連絡が取れていたと言いながらも、朴槿恵が表に出てこなかったという事実は歴然としてあるわけで・・・
なぜ、あれほどの大事故の真っ直中で、大統領が国民の前に姿を現さなかったのか?という素朴な質問に答えられない以上、疑惑は更に深まっていくでしょう。
7時間所在不明の理由は、某氏との逢瀬かもしれませんし、
それこそ、国民には告げられない、トップシークレット級の事情があったのかもしれません。
今考えると、後者の可能性が大きいかもしれません。

さて、どのような判決が下されるか見ものです。
ソウル検察の主張を認め、有期の懲役もしくは罰金となるのか、
執行猶予となるのか?
却下し無罪とするのか・・・。

ただ、検察側の求刑を全面的に退ける判決は、
現在の韓国の国情としては期待できないかもしれません。
野党側の反応を警戒しているからです。

いや、逆に、ソウル検察の求刑を退け、
それに乗じて朴槿恵の不在の調査に意欲を見せる野党を叩く口実にし、
韓国は、内向きの政治に転換し、大統領の強権発動など、反対勢力を容赦なく鎮圧するファシズム的な国家にシフトするのかも・・・。


産経より

・・・転載開始・・・


【本紙前ソウル支局長公判】
26日の判決公判が急遽延期 来月17日に
http://www.sankei.com/affairs/news/151123/afr1511230025-n1.html


2015.11.23 18:05



 【ソウル=藤本欣也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の判決公判が、26日から12月17日に延期された。ソウル中央地裁が加藤前支局長の弁護人に23日、延期を通告した。理由は明らかにしていない。

 検察側は、加藤前支局長のコラムは「朴大統領を誹謗(ひぼう)する目的で書かれた」として懲役1年6月を求刑。弁護側は「コラムには公益性がある」と無罪を主張し、26日午後2時から開かれる判決公判が注目されていた。

 韓国では、22日に死去した金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の国家葬が26日まで行われ、同日午後2時からは告別式がソウル市内で営まれる。政府は国家葬期間中、各種行事を延期するよう呼びかけている。ただ、司法関係者は「公判延期の名目にはなっても実質的な関連は低い」との見方を示している。




・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

言われている事ですが 

済州島でIAEAを騙す形で核拡散、独自の核兵器を開発ていたことが疑われています。(これの火元もクネのパパwで、計画が暴露されています)
一方沈没したフェリーには原爆の元となるウランが積み込まれており、乗客が救助されず半ば放置されたのも核による放射線汚染を恐れ、故意に『沈めた』という話もあります。
  • posted by hanehan 
  • URL 
  • 2015.11/24 16:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム