Entries

植村はヘル韓国へ行く

捏造記事、嘘証言の元朝日記者が韓国の私立大の教授になるそうです。
この人、もう説明する必要はないと思いますが、慰安婦を巡る日韓対立の原因を作った男です。

朝日にいられなくなって、
確か、兵庫県の神戸松蔭女学院大学教授に就任が決まったまではいいが、
この敵前逃亡男を許さぬ右翼系の方々から大学などに苦情が毎日のように届き、
結局契約解消・・・
その後、北海道に落ち延び北星学園大で非常勤講師・・・

韓国に逃亡ということは、北海道にいても身の危険を感じるようになったのか?
それとも、植村の経歴、素性を知る近隣住民が増え、日常生活に支障をきたすようになったのか?

どちらにしても、日本にはいられなくなったというのが実情かと・・・
売国学者としては「保坂祐二」という奴がいます。
韓国に帰化したのでもう日本人ではありませんが、
こいつも反日フルスロットル・ノーブレーキで、
韓国の元気の源か!(笑)

植村は、韓国の大学に留学していたので、韓国語はペラペラです。
あっちに行っても、何不自由なく暮らせるでしょう。

そのうち保坂祐二みたいに韓国に帰化するかも・・・

さて、韓国の大学教授って、
驚きのニュースが昨日辺り出ました。
他人の著書を、表紙デザインだけ変えて、自著として出版している奴が200人もいるそうです。

まあ、韓国の大学教授のレベルって、そんなもんでしょう。
そして、そこで学ぶ大学生も大したことないです。
大卒の高学歴ニートが激増とか言って嘆いていますが、
偽出版教授予備軍みたいなもので、
他人から物を盗むことしか考えていない。下劣な若者ばかりですね。

経済が落ち込んで大変だと騒いでいますが、
低脳大学卒ばかりで創り出した、国家が「韓国」ですので、
経済が低迷しても仕方ないですね。
企業にてこ入れしても、社員が全員「ばれなきゃいいだろう」と考える奴ですから、ピンハネ、中抜きで会社再建に回る金はありません。

「韓国は超学歴社会で、高学歴者の層が厚い」なんて豪語していますが、
あらゆる産業分野において、韓国に日本や欧米より優秀な人材が大勢いるのなら、現代自動車はリッター100kmの自動車を開発するでしょうし、
サムスンは脳波を利用してネット検索やメール送受信が出来る画期的な商品を作り上げるはずです。
現実は、燃費詐欺のポンコツ車と火を噴くスマホです(笑)
軍事面でも、アメリカに頼らずとも、2基のエンジンを制御するテクノロジーなど瞬く間に実用化するはずです。

最近では、天才少年と話題沸騰の17歳の少年の論文がパクリだったとばれましたね!

話が売国日本人から逸れてしまいましたが、
この男、二度と故郷の土は踏めないような気がします。
また、仮に、韓国併合を含む日韓の歴史が、韓国政府や御用学者が国民に提供してきたものと全く異なっており、植民地政策もなければ慰安婦強制徴用も無かった、創氏改名は任意であったなど、日本極悪説が覆されるような事態になった場合、この男は韓国民衆によって真っ先に袋叩きに遭い、引きずり回されるでしょう。

まあ、そんなことにならないよう、韓国の大学では嘘を垂れ流し、
「自分の無実が証明されれば、私は一気に英雄となる」なんて妄言を吐き、
今後も韓国が目覚めないよう、しっかり反日漬けにしておいてもらいたものです。



読売より


・・・転載開始・・・



元朝日記者の非常勤講師、韓国の私立大で教授に
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151126-OYT1T50120.html?from=ytop_main9


2015年11月26日 12時52分

 いわゆる従軍慰安婦報道に携わった元朝日新聞記者で、北星学園大(札幌市)の非常勤講師を務める植村隆氏(57)が26日、同大で記者会見し、任期が切れる今年度限りで辞職し、来年3月から韓国の私立大で招聘しょうへい教授として講義することを明らかにした。


 植村氏は「韓国で教えるほか、国内で名誉毀損(きそん)訴訟を起こしており、時間的な制約から非常勤講師を続けられないと考えた」と説明。同席した北星学園大の田村信一学長は「植村氏の雇用について(大学側から雇用を打ち切るといった)学内手続き、決定は何もしていない」と話した。

 植村氏を巡っては昨年、脅迫状や雇用継続に抗議する電話などが大学に相次ぐなどしていた。



・・・転載終了・・・






スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム