Entries

助手席で爆睡する女多いんですけど・・・

スバルのCMが炎上中と言うんですが・・・

「早朝、父親がサーフボードを車に積み込み、妻と子供を乗せて海へと向かう。父親がサーフィンと格闘している間、妻と子供はジッと見ているだけ。帰りは妻が車を運転し、父親と子供は後部座席で仲良く居眠り。」


そういえば、大昔こんなCMがあったな・・・

「私作る人、僕食べる人」



なんでも、女性人権団体が「性差別」だとか何とかで、クレームを付けてきたらしい。

「食事を作る=女性」という概念の固定化だそうで、
発展して、「家事=女性の仕事」というイメージの刷り込みだと主張したそうですな〜
ご苦労さんです。

ところで、
「私作る人、僕食べる人」ですが、
ラーメン食ったあと、片付けは誰がするのか?
ラーメン作った女性かもしれないし
食べた男性と子供かもしれません。

後者だったら、家事分業ということで
まことに微笑ましい・・・
なんて言ったら、このブログが炎上するか(笑)

さて、突っ込み開始!

女性が作ったのは「即席麺」です。
「即席麺」を作ることが「料理」?
笑えますね!
ラーメン作りなんて「料理」ではありません。

むしろ女性人権団体は、
「ラーメンを作る女性」を「手抜き料理な女性」だとして
CMでジャンジャン流しているハウスにクレームを入れるべきだと・・・

それから、「料理=女性」がけしからん理由がさっぱりわからないな〜
例えば料亭の料理人とかレストランのシェフとか・・・
「料理=女性」が不当と主張するなら、料理人、シェフ、コックは不当な仕事を強いられているのか?

ん〜
料理は女性の仕事ではない
洗濯は女性の仕事ではない
掃除は女性の仕事でない
買い物は女性の仕事ではない
子育ては女性の仕事ではない
親の介護は女性の仕事ではない
てな感じで、
どんどん仕事を拒否しているわけですが、

最近では、SEXするのに1回に付き夫から3万徴収している女もいるそうで(笑)

私は、家事分担とかを否定しているわけではなく
会社での女性社員のお茶くみとかコピー業務を奨励している訳ではありません。
ただ、
こういうのがどんどん進んでいくと
何も出来ない女がどんどん増殖していきますね。

まあ、これは男にも言えることだけど・・・。
でも、一人暮らしの男って、掃除・洗濯・料理など
頑張っている奴、結構多いです。
一方女性の方は、コンビニのおにぎりで済ませたり、
洗濯はコインランドリーとか・・・
で、栄養補給は彼氏のおごりでか(笑)

まあ、
あれだ、
こんなののなれの果てが、
ゲームがしたいから、うるさく泣く乳児をゴミ箱に突っ込み、
気が付いたら窒息死していた!なんてバカな女になるんだろう。

なんか、ハウス食品の話が長引いてしまいましたが・・・

スバルのCM!
こういう家族もあるでしょう。
ダンナはサーフィンとかスポーツ好き
奥さんはスポーツ嫌いでギャラリー専門とか・・・
数あるファミリーの一例が登場しただけ!
目くじら立てることはないのでは?

もしこのCMの逆パターンを作ったらどうなるか?
早朝、妻が運転して、妻だけ趣味のサーフィンをする。
帰りは妻と子供が後部座席で仲良く居眠り。帰りはダンナが運転・・・。

さて、どうかな?

ちなみに、我が家では、遠距離ドライブとか行ったら、
妻は必ず助手席で爆睡・・・
(妻も運転免許持っています)
私は眠気と戦いながらステアリングを握る・・・

これ、男に過酷な労働を強いてはいないか?
女性人権団体の皆さん!
お答えを!


ライブドアニュースより

・・・転載開始・・・


新CMが依然炎上中…スバル車の売れ行きは大丈夫なのか
http://news.livedoor.com/article/detail/10906331/


2015年12月3日 10時26分 日刊ゲンダイ
 11月2日に大幅改良モデルの「フォレスター」を発売したスバル(富士重工業)。新CM「サーフィン篇」がネットを中心に炎上し、いまだにくすぶっているようだ。

 CMはどんな内容かというと……早朝、お父さんがサーフボードを車に積み込み、夫人と子供を乗せて海へと向かう。夫がサーフィンと格闘している間、夫人と子供はジッと見ているだけ。帰りは夫人が車を運転し、ダンナと子供は後部座席で仲良く居眠りだ。

 そんな光景が映し出されるなか、スピッツの軽快な曲が流れ、奥さんのナレーションが聞こえる。

<夫が突然、サーフィンを始めた。しかも真冬に。自分の可能性を広げるとか、カッコつけ過ぎ>

 さて、どこが炎上ポイントなのか? ピンとこないと女性蔑視と攻撃されかねない。<夫の趣味につき合わされ、帰りは運転させられるなんて男尊女卑><親子でサーフィンを楽しむなら分かるけど><夫は傲慢すぎる><離婚もの>というような批判が噴出しているのだ。

 当のスバルは、ネット上の騒ぎは承知しているものの、CM放映は予定通り続けるとしている。

 経済ジャーナリストの井上学氏はこう言う。

「このCMに対する意見は評価が分かれています。サーフィン妻といわれる女性陣からは、『夫を一人で冬の海に行かせたら危ない』とか、『サーフィン直後の運転は危険』『ほのぼの家族でしょう』など理解を示す意見も出ています」

 炎上騒ぎで、クルマが売れなくなる心配はないのか。

「そもそもスバルは男性に人気のメーカーなので、CMの影響で売れ行きが落ちる心配はないでしょう。ただ、今回のCMは、これまでの路線と若干違った印象を受けます。スバルのCMというと、クルマが爽快に走っているイメージでしたが、今回は親子の登場です。ターゲットをファミリー層に広げる狙いがあったとすれば、出はなをくじかれたかもしれません」(井上学氏)

 男尊女卑か、それとも仲良し家族のほのぼのドライブか。意見は真っ二つだ。




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム