Entries

日本案を受け入れても、拒否しても、韓国に明日はない。

慰安婦関連で動きがあるようです。
韓国側の主張によると、
なんでも
韓国が先に解決した産経・請求権裁判が呼び水になったとか・・・

「韓国の裁判所が産経新聞前ソウル支局長に無罪判決を下した」
「憲法裁判所が韓日請求権協定に関連する違憲訴訟を却下した」

韓国が日本に大きく譲歩したので
今度は日本が誠意を見せるべき!

そういったニュアンスですね。

韓国は、
① 請求権協定に「慰安婦」は含まれていなかったことの確認
② 慰安婦徴用に日本軍が関与したことを認める
③ 政府からの謝罪
④ 慰安婦や関連施設への日本政府による賠償と保障、援助
⑤ 国内外の慰安婦像の恒久的設置
を求めているのでしょう。

これに対し日本政府の立場は、
① 請求権協定に「慰安婦問題」が含まれていたことの確認
② 慰安婦徴用に日本軍は関与していない
③ 従って政府からの謝罪は不要
④ 慰安婦や関連施設への日本政府による賠償と保障、援助も不要
⑤ 国内外の慰安婦像の撤去
⑥ 韓国の「誤った歴史認識の是正」

です、
全く相容れない内容ですが、
この状況で交渉とは?!

この禅問答のような難問をどう解決するのか?
今、一休さんがいたら、どんな答えを出すでしょう?

韓国や韓国人は、ルールや契約、約束を簡単に覆します。
仮に、今回両国が知恵を絞って結論を出しても、数年後には「蒸し返され」ます。
ですから、両国が歩み寄るような「妥協案」は、意味がありません。
当然、日本が譲歩すれば更に深い泥沼に足を突っ込むことになります。

そもそも慰安婦問題というのは
「慰安婦と名乗る老婆を使った詐欺」です。


まず戦時中と朝鮮戦争時売春婦をしていた「ばばあ」をかき集める
次に、「ばああ」に嘘のストーリーを吹き込む
そして旧日本軍慰安婦としてデビューさせる
意味不明の援助団体を設立して慰安婦への謝罪と賠償を求める
その後
ナヌムの家など、元慰安婦を収容する施設や、そこで働くスタッフなど、
必要経費を請求する
さらに
全ての慰安婦がこの世を去った後、
残されたナヌムの家や慰安婦像の維持管理費、
スタッフや元慰安婦への慰労金、退職金や年金を要求
並行して、慰安婦関連の新規記念館の設置とスタッフの確保・・・
と、
永遠に続きます。

ですから、
韓国や
挺対協は
この打ち出の小槌を手放すはずがありません。

もし、
本気で
解決するつもりなら
全く違った観点からの発想が必要でしょう。

つまり
韓国や、支援団体が、慰安婦詐欺を放棄せざるを得なくなる状況を作り出すことです。
それを実行するには、日本にも相応の覚悟が必要ですが・・・

まず考えられるのは、
韓国政府と、挺対協など慰安婦支援団体の間に亀裂を作ることです。
あるいは、支援団体間や団体内に亀裂を作り、反目させ合う。
例えば、日本政府がA団体(10人)には5000万円支払う、しかしメインだったはずのB団体(300人)には100万円といった具合・・・
支払金のアンバランスが、団体間に不信感と憎しみを生みます。
支払金のアンバランスは理不尽であればあるほど良し。
あとは、団体間のつぶし合いになります。
もうそこに、元慰安婦への謝罪と賠償という話は存在しません。
相手を潰すか、こちらが潰されるかの闘争になります。
この醜い争いを見て、韓国の国民はどう思うでしょう。
頃合いを見て、韓国政府が乗り込み、鎮圧し団体に解散命令を出す。
次に考えられるのは
海外から韓国に対する、政治的、経済的圧力を加えることです。
韓国が窮地に追いやられ、逃げ場を失ったとき、
救済できるのは「日本だけ!」という環境を作り上げる。
一番簡単なのは、外貨準備高を何らかの方法で枯渇させること・・・
為替操作でもいいでしょう。
または
中国に技術援助をして、韓国の産業を潰すことです。
これは効きますね!
内需が弱い韓国が貿易による収益を失うと即死です。
まあ他にも方法はあると思いますが、
チェンマイ・イニシアティブを食いつぶし、人民元もアテにならない事態が到来します。
さすがの韓国も、背に腹は何とかで、日本に泣きついてきます。
この時、通貨スワップというカードをちらつかせます。
条件は、慰安婦関連団体の即時解散、韓国や世界に散らばる慰安婦像の撤去、
慰安婦関連の問題は、日韓基本条約で決着したと韓国政府から国際社会に発信させる。海外における慰安婦関連の誤った教育内容の是正など、
慰安婦の「い」の字も残らないような大掃除を要求。
さて、後のない韓国は、日本の条件を呑むかな?
呑めば、国民や関連団体から総反発を食らい、最悪内戦に発展するかもしれません。
結果、
韓国が関連団体を不法団体と認定し、殲滅するという面白い現象が起こるかも知れません。

条件を呑まなければ、憤死するか・・・
それとも中国側に寝返るか・・・

もし、中国側に寝返れば、アメリカはどうするでしょうか?
これも楽しみです。
でも、現状、アメリカ軍(国連軍代理)のパワーによって北朝鮮と軍事バランスが取れているので、そのバランスを崩すようなことは出来ないでしょうね。

場合によっては
北のカリアゲ君が登場するようなシナリオもあるかもしれません。

28日に外相が訪韓するそうですが、
どのような案を持っていくのでしょうか?
まあ、どんな話し合いが持たれようとも、
韓国はハッピーな新年を迎えることは出来無いどころか、
2016年は、重く、苦しい1年になるはずです。

年の瀬が迫った今、韓国情勢が面白くなってきたな!





朝鮮日報より

・・・転載開始・・・

慰安婦:岸田外相来韓、韓国が先に解決した産経・請求権裁判が呼び水に
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/25/2015122500420.html

韓国が先に両国間の2大懸案を「解決」
安倍首相、外交ブレーン呼び「外相訪韓」指示



 安倍晋三首相は24日午後、官邸で50分間にわたり岸田文雄外相と面談した後、従軍慰安婦問題を解決するため年内に訪韓するよう指示した。外交政策の中核的ブレーンも同席した。毎日新聞は「年末ぎりぎりという異例の訪韓の背景には、早期解決を目指す両首脳の強い意欲がある」と報じた。ある外交筋は「単に誠意を見せるという次元なら、外相を韓国に派遣してまで負担を大きくする理由はない」と言った。

 これまで日本側は事実上、交渉にあまり関心がなかったと言っても過言ではない。これまで韓国政府に「ソウルにある日本大使館前の(慰安婦を象徴する)少女像を撤去し、慰安婦問題を国際社会で蒸し返さないことを保障せよ」と言ってきた。これに対して韓国政府は「民間人がすることまで交渉の条件にしている」と反発していた。また、今年7月に日本が「明治日本の産業革命遺産」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録をめぐり安倍首相が激怒したのも、交渉の進展を阻んだ。日本政府は当時、韓国の主張を受け入れて「表示板・冊子などを通じて強制労働があったことを伝える」ことで合意した。ところが、その過程で両国の信頼が崩れ、終盤まで交渉が二転三転した。このため、「首相官邸ではもはや『慰安婦問題を解決しなければならない』と考えなくなるのでは」という専門家もいた。

 しかし、日本のメディアは、韓国の裁判所が産経新聞前ソウル支局長に無罪判決を下し、憲法裁判所が韓日請求権協定に関連する違憲訴訟を却下したことで空気が変わった、と報じた。読売新聞は「国交正常化50年という機会を逃さずに何か進展させたいという思いが両国とも強い」と書いた。

 来年の韓中日首脳会談で議長国を務める日本政府内では、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の訪日を成功させるため、慰安婦問題である程度の「手みやげ」が必要だという共通認識もあると言われている。ある外交筋は「日本は5月にG7首脳会議主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を開催するため、その前に韓中日首脳会談を開くことを望んでいる。それには慰安婦問題を遅くとも来年初めには解決すべきだということをよく分かっている」と言った。

東京=金秀恵(キム・スへ)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム