Entries

慰安婦なんてインチキだから妥協案などあるはずがない

岸田外相が訪韓し28日午後会談を持つとのことですが、
そんな中で出てきた韓国側の要求が20億円!
しかも、

日本政府(安倍首相)の謝罪が条件
対日賠償請求は今後も続く
ジャパンディスカウント活動は継続
ソウルの慰安婦少女の像の撤去拒否・・・

と、
日本側に歩み寄るどころか、
更にかけ離れた要求を提示しています。

仮に、今回、何らかの形で合意を得たとしても、
数年後、
例えば日本が竹島問題を取り上げたりしたならば、
「日本は、あの時真の謝罪をしていなかった!」などと
意味不明の論法で再び蒸し返されるでしょう。

日本側としては、合意の条件は「日本の要求が全て反映されること」
一歩も引けないですね。
部分的な譲歩は、韓国に口実を与えます。
彼らの頭の中では
「譲歩」=「負い目」ですから、
将来、必ずそこを突いて無理難題を吹っかけてきます。

一方、韓国の方も、国民の世論もあることから、
弱腰外交は避けたいところ・・・
ただ、
日韓を比較してみますと、
世界的な不景気の下、
両国とも経済的苦境に陥っていますが、

深刻度が全く違います。
日本が軽い咳をしているとすれば
韓国は結核が進行している状態だと言えるでしょう。
体が病に蝕まれ、体力も低下・・・
今日明日にでも集中治療室での加療が必要な状況です。

韓国の弱点はここでしょう。

おそらく、慰安婦問題と経済対策を天秤にかけ、会談に臨むものと見ています。

慰安婦問題の背後には日本を糾弾する国民がついています。これは、歴代韓国政府が行ってきた反日教育と捏造教育が育て上げたモンスターです。
一方、
経済界、特にサムスンなどの財閥や、景気改善を望む国民も、
漢江の奇跡から始まる韓国政府による経済政策が育て上げたモンスターです。

現状、韓国政府にはこの二匹のモンスターを制御する力はありません。
片方の肩を持てば他方が襲いかかってきます。

今回の会談が引き金となって朴政権が倒れ、新しい政権が発足したとしても、
慰安婦問題も経済問題も解決できないでしょう。

僅かに残された可能性としては、慰安婦擁護団体を叩きつぶすことですが、
現実としてそれは難しい・・・。

今回の会談は不調に終わるのではないでしょうか?

慰安婦問題も解決できず、
経済対策で日本から援助も望めなくなった場合、
韓国政府は激しく動揺すると思います。
その動揺は、やがて韓国全土に拡がり、
社会不安を引き起こすでしょう。

二匹のモンスターが激しい反政府活動を展開し、
現政権は倒れ、その代わりに危険な政権が発足するはずです。
もしかすると、長年の夢であった「核保有」に動くかもしれません。
一番安易な方法は、北の核を横取りすることです。
朝鮮戦争は北朝鮮の南進により始まりましたが、
もし、第二次朝鮮戦争が勃発するならば、
今度は、軍国主義国家に変貌した韓国が北上することによって
始まるのかもしれません。

ただ、韓国が「核保有国」になることを
中国もアメリカもロシアも、日本などアジア諸国家は望んでいません。
韓国が暴挙に出たとき、
その日が韓国滅亡の始まりの日になると思います。

多分、韓国政府は、今回の会談後の韓国の将来像をシミュレートしていると思いますが、この流れは誰にも止められないでしょう。


産経ニュースより


・・・転載開始・・・



【岸田外相訪韓】
韓国、20億円の拠出を要求 日本は拒否 「像の撤去」と「請求権協定再確認」など文書化迫る 28日に外相会談 
http://www.sankei.com/world/news/151227/wor1512270020-n1.html


015.12.27 09:51

 慰安婦問題の早期妥結に向け、28日に開かれる日韓外相会談を前に、日本側が打診している元慰安婦への支援拡充について、韓国側が日本に20億円の拠出を求めていることが26日、分かった。政府は韓国の要求額は「受け入れられない」と拒否している。日韓間の立場の隔たりは支援金以外でも大きく、今回の外相会談での妥結は難しいとの見方も出始めた。

 日本政府はソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去と、昭和40年の日韓国交正常化の際に締結した日韓請求権協定の再確認、慰安婦問題を蒸し返さないことなどを文書で確認するよう韓国側に求めている。同協定の締結をもって日本政府は財産・請求権問題は「完全かつ最終的に解決済み」としており、韓国にもこの認識の共有を確認させたい考えだ。慰安婦募集の強制性を流布するプロパガンダの中止も求めている。

 日韓の要求は互いにハードルが高く、会談の展開は「予断を許さない状況」(外務省筋)となっている。支援金をめぐっては、日本政府は韓国人の元慰安婦だけを対象にした基金を新たに創設し、数億円の支援金を一括支給する考え。支出は最終的なもので、韓国の拠出も求めている。

 安倍晋三首相は8月に発表した戦後70年談話で、元慰安婦を含め「戦場の陰には深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも忘れてはなりません」と言及。こうした思いを反映し、新基金は外務省予算に毎年度計上している「アジア女性基金」(平成19年解散)のフォローアップ事業(医薬品などの提供)の韓国分約1200万円を10~15年分まとめて支出することを想定している。政府関係者は「償い金ではない」と強調している。

 元慰安婦や支援団体である「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」は日本に国家責任の受け入れや賠償を求めており、外相会談をめぐる日本側の要求にすでに反発している。複数の日本政府関係者は「朴(パク)槿恵(クネ)大統領に挺対協の反発を抑えるほどの政治力はない」として、妥結に達する可能性は低いとの見方を示している。

 外相会談に先立ち、日韓両政府は27日にソウルで外務省局長級協議を開いて最終調整を行う。


・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム