Entries

安倍首相「約束を破れば、韓国は国際社会の一員として終わる」

慰安婦問題の裏には北朝鮮の工作員の暗躍が存在すると、よく言われています。
韓国と休戦状態にある北朝鮮にとって、韓国と日本が手を携え、共存共栄を目指すことは、自国の存在を圧迫することとなり、何としても妨害したいところでしょう。
また、韓国自身も日韓併合という屈辱的な過去を歴史から消し去りたいために、
国際条約の無効を主張し日本政府に攻勢をかけています。
加えて、李氏朝鮮→大韓帝国→日韓併合というプロセスにおいて、特権や利権を奪われた嘗ての両班など支配者層の恨みは深く、そのような憎しみが大きな塊となって、「反日」という怪物を作り上げました。
また、アメリカなどは、日本や日本人を残虐な民族と定義し、さまざまなプロパガンダを展開し、中国や韓国を利用し、日本を牽制してきました。
例えば、あれですね!南京大虐殺とか、731部隊による人体実験とか、百人斬りとか・・・
アメリカなど連合国側はA級戦犯(平和に対する罪)などという訳の分からない罪状を創り出し、東京裁判という「インチキ裁判」で、軍部や当時の政治家に、あらぬ罪をきせ葬り去りました。
日本は、「戦犯国」とのレッテルを貼られ、戦後70年もの間、貶められ続けてきました。

今回の慰安婦問題合意ですが、経済的苦境に立つ韓国が、日本から何らかの譲歩を引き出すために、とりあえず「口約束」で妥結案に合意したというのが現実の姿でしょう。
また、再三にわたるアメリカからのTHAADミサイルの配備要請に背を向けてきた韓国政府が、アメリカなど自由主義陣営から切り捨てられるのではないかとう危機感もあったのではないかと想像しています。

さて、慰安婦問題を解決し、日韓が協調路線を歩むとなれば、韓国はもちろんアジア大陸における「日本」の影響力が増大することになるのですが、それは、アメリカが嫌っていた姿であり、アメリカのアジア戦略において、アメリカより日本が頭一つ前進するなど、あってはならない事態のはずですが、台頭する中国を牽制するためには、日韓協調が必要不可欠だったのでしょう。
それはそれで、何となく理解できるのですが、
アメリカがそんな単純なプランを採用するのか?という疑問があります。
誰もが思いつく戦略など、すぐに妨害が入り立ち往生します。
情報収集・分析力が落ちたと言え、CIAの力は侮れません。
朝鮮半島情勢、北東アジア情勢、日本の動向、対中戦略に関し、
様々なシミュレーションを繰り返し、99%以上の確率で成功するミッションを実行するものと見ています。
将棋で例えるなら、囮の「金」を取らせ、無駄な一手で敵陣営の護りにほころびが出たところを突いて、王手に持ち込むような妙手を考えているのかもしれません。

下記転載記事は、ハングルから日本語に翻訳されたものですが、
安倍首相は

「今後韓国との関係で、この問題(日本軍慰安婦問題)については全く取り上げない。次の日韓首脳会談でも、再び言及しない。」
「それは(朴槿恵大統領との)電話会談でも話していた。昨日ですべて終わりである。再び謝罪もしない」
「ここまでした以上の約束を破れば、韓国は国際社会の一員として終わる」

と述べています。

特に
「ここまでした以上の約束を破れば、韓国は国際社会の一員として終わる」
ですが、
半ば、韓国政府を恫喝しているようにも聞こえます。

さて、朴政権は、挺対協など既存の支援団体やナヌムの家の住民を懐柔することができるでしょうか?

偽慰安婦の老婆はおいといて、
合意にある「新財団」設立によって、利権を失う挺対協などは、野党を味方につけて猛烈に反発するでしょう。
朴政権は、激しい逆風に晒されることとなります。

合意を遵守すべく、挺対協などの団体と折り合いをつけ、3ヶ月後に備えるのか、
あるいは、前述したように、
挺対協などは北の工作機関であるとの証拠を公開し、組織殲滅に動くのか?

それか、
ケツをまくって
合意無効を宣言するのか・・・


「ここまでした以上の約束を破れば、韓国は国際社会の一員として終わる」

もしも安倍政権が、
「韓国政府は約束を守れまい」との読みで
今回の交渉を行ったのであれば、
それはそれで、非常に恐ろしく、また、冷徹な策略であると思います。

韓国が合意を反古することを安倍政権が予見していたとすれば、
当然、アメリカも同様の予想をしているはず。

さて、アメリカは、東アジアエリアにおける安全保障やアジア戦略において
本当に韓国を必要としているのか?
それとも、切り捨て前提で動いているのか?

来年初頭から、在韓米軍の撤収が始まります。
何となく、タイミング的に合っているような気がしないでもないです。

韓国が合意内容を履行しなかった場合、
韓国無しで、アジア戦略を維持する構想がアメリカにはあるのか?
あるとすれば、それは・・・


horukan.comより

・・・転載開始・・・


安倍「28日で全て終結…慰安婦問題で再び謝罪しない」
http://horukan.com/blog-entry-3747.html


引用:ネイバーニュース/聯合ニュース
http://goo.gl/HxG22H
>>>記事の翻訳
安倍首相が韓国と日本の28日の合意により日本軍慰安婦問題が完全に終結し、今後は謝罪しないという意味を明らかにしたと伝えられた。

30日の産経新聞の報道によると、安倍首相は「今後(韓国との関係で、この問題(日本軍慰安婦問題)については全く取り上げない。次の日韓首脳会談でも、再び言及しない」と29日の周りに語った。

彼はまた「それは(朴槿恵大統領との)電話会談でも話していた。昨日ですべて終わりである。再び謝罪もしない」と述べた。 安倍首相は「今回は韓国外交部長官がTVカメラの前で不可逆的と話し、それを米国が評価するという手順を踏んだ。今まで韓国が動いてきたゴールを固定化させていくというものである」とも説明した彼は「ここまでした以上の約束を破れば、韓国は国際社会の一員として終わる」との見解を明らかにした産経は伝えた。

安倍首相は29日、東京のホテルで岸田外相から会談結果を受けて「非常に苦労した。韓国外相が「最終的、不可逆的な解決を確認」と言わしめたのは、(意味が)大きい」は、評価をしたと新聞は付け加えた。



・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム