Entries

ネット上の様々な予言、日本と書いてあるところを韓国に置き換えれば、ばっちり的中!

来月、中国が日本に攻撃を仕掛けてくるそうです。

「2016年2月に中国が日本を攻撃する」現代のノストラダムスと呼ばれる牧師が断言!」
http://tocana.jp/2016/01/post_8388_entry.html


という物騒な予言があるそうです。
預言者は「リカルド・サラザール」と名乗る牧師だそうで・・・
その他にも、物騒な預言をつぶやいているらしい。

中国が日本に攻めてくると言われても、
ちょっとピンと来ないのですが、
最近中国軍に新設された「ロケット軍」が日本を標的にするのでしょうか?
要するに核ミサイルを扱う部隊なんでしょうが、
最近の核爆弾は破壊力が凄まじいので
東京と名古屋と大阪に核ミサイルが落ちたら日本壊滅です。
というか、
木っ端微塵になって、
放射能汚染も激しいから、
仮に、中国軍が壊滅した日本を占領しても、
どうしようもないですね。
まあ、まず、死体の処理か・・・
通常は、生き残った住民とか、近辺から住民を連れてきて、作業に充てるわけですが、直径100km〜200kmぐらいは吹き飛ぶというか、蒸発ですか?
ということは、
直径400kmぐらいで、生存者はいません。
で、日本人がいるのは、北海道と九州だけ・・・
中国軍が本州に上陸する頃には、みんな海外に逃げているでしょう。
ですから、「日本」という占領地を何らかの形で活用しようと思うのであれば、
死体処分から、瓦礫の撤去など、すべて、中国人の手で行わなければなりません。さて、放射能ビンビンのところに、誰が喜んで行くでしょうか?
それから、瓦礫の撤去には最低でも10年はかかるでしょう。中国人にやらせたら、その2〜3倍の期間が必要かもしれません。
また、中国人だったら、放射能だらけの瓦礫を、適当に捨てたり、海に流したりで、日本近海も汚染され、
結局、何のために攻撃を仕掛けたのかわからなくなります。
日本全土が死の大地になるとすれば
中国に何のメリットもありません。

それに、日本が核攻撃を受ければ、即、アメリカの原潜から、報復の核ミサイルが束になって中国大陸に降り注ぎます。

そうなれば、ロシアはどう動くでしょう?

とか考えると、
中国軍の日本への核ミサイル攻撃は「非現実的」ですね。
まあ、アホな兵士が発射スイッチを押す可能性はあるかもしれませんが・・・

ということで、通常戦力で攻めてくるのが現実的ですね。

日本を攻める口実が何かわかりませんが、
戦闘機や戦闘爆撃機が、給油無しで日本列島に飛来することは不可能です。
空中で給油してくれる飛行機が必要でしょう。
そんな飛行機、中国は持っているのかな?
あるとしても、数機では無理・・・。

それから、航空自衛隊や米軍の戦力を無力化するためには、日本にある自衛隊基地や米軍基地を攻撃する必要がありますが、
レーダーでばっちり捕捉されますので、途中で全機撃ち落とされます。

揚陸艦とかで攻めてくるのも難しい。
潜水艦なんて、出港した時からマークされますので、哨戒機が標的を正確に突き止め、適当なところで沈められます。

まあ、EMPとか、日米の兵器を無力化する秘密兵器があるなら話は別でしょうが、
そんな兵器を持っているのなら、アメリカさんが真偽を確かめ、対策を講じているでしょう。

日本沿海まで近寄り、水陸両用車とか上陸用舟艇とかで上陸を試みても、
あんなものは、スピードが遅いので、漂流している桶みたいなもの・・・
物量にものを言わせて、鉄の嵐を20分ほど浴びせれば、海に浮かんでいるものは何一つ無くなるでしょう。

中国軍が日本に攻撃を仕掛けるためには、日本から制空権を奪わなければなりません。
それはちょっと無理でしょうね!

やるとすれば、夜陰に紛れて特殊部隊を尖閣諸島に上陸させ、中国旗を立てるぐらいのことか・・・。

でも、奇襲に気付いて、海上自衛隊や米軍が海上封鎖をすれば、上陸した特殊部隊はお手上げですね。

だいたい、
何だか、
数年前・・・
未来から来たタイムトラベラーが2ちゃんねるに予言を残したとか、
未来から来た韓国軍兵士が日本の滅亡を書き記したとか
またまた最近では、未来から来たイランに住む日本人が、日本の滅亡を書き記したとか・・・
いろいろ予言がありますが、
どれも当たったことないですね。

それらの予言・・・
現状を見るに
「日本」のところを「韓国」に変えれば、
高い確率で予言は当たるかも(笑)


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム