Entries

今、中国で何か異変が起こっているのか?

<1月4日に書き、予約投稿したものです。>


中国株が大暴落したようです。
昨年から時折、ガクッガクッっと折れ線グラフが
曲がっては回復し曲がっては回復という感じでした。
多分、中国政府が介入していたのでしょう。

勝手に取引を中止したこともありました。

今回は「サーキットブレーカー発動」だそうで、
中国経済の先行き不安が、形になって現れたのでしょう。

また、アメリカの利上げも関係あるのでしょう。

とすれば、今後、中国だけではなく、
韓国や、ブラジル、
その他新興国からも資本が逃げ出し、
関連株の大暴落が始まるのでしょう。

これと関係あるのかどうか分かりませんが、
中国政府は、14日に北京で開催が予定されている
国際会議を延期すると発表したそうで、
他の情報によると
ほかにもいくつか国際会議が延期かキャンセルになっているらしい・・・。

理由も、延期後の日程の連絡もないということで、
何やら、中国国内で突発的な事象が起こった可能性があります。

数年前から習近平vs江沢民の熾烈な権力闘争が繰り広げられており、
習近平は暗殺を恐れているそうですが、
2017年開催の共産党大会に向けて、何か異変が起こったのでしょうか?
それとも習近平後の総書記と噂されている
胡春華絡みで何かが起こったのか?

ネット上の情報によると胡春華という人物は
かなり「ヤバい」らしい・・・。

中国政局の動向を見ると
2017年に、ほぼ次期総書記が決まり
その5年後の
2022年の共産党大会で
就任か・・・。

こいつが政権を掌握すれば、
かつての「元」みたいに、周辺国家を武力で蹂躙し、
大変なことになるかもしれません。

この場合、日本もただ事ではない事態となるかもしれません。


ライブドアニュースより

・・・転載開始・・・



【中国経済崩壊】韓国人「中国株価が大暴落!中国株式市場サーキットブレーカー発動で取引が中断!」
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/46470263.html

2016年01月04日
韓国の反応中国

[北京= CBSノーカットニュース】中国の株式市場が新年最初の取引日の4日大暴落し、初めてサーキットブレーカーが発動された。取引締切時刻前に取引が完全中断された。


この日の中国株式市場で上海と深セン証券取引所に上場された大型株中心のCSI300指数は、午後1時13分(以下、現地時間)取引中5%下落し、サーキットブレーカーが発動された。

サーキットブレーカー発動で15分間市場で株式とオプション指数先物売買中断され、以降の株式市場が再開したが、暴落は持続した。

結局、CSI300指数下げ幅が7%に達し、残り取引時間中に株式の取引はすべて中断された。

サーキットブレーカー制度は、中国株式市場の過度な変動性を抑制するために、今年1月1日から導入されたもので、CSI300指数は前取引日の終値比±5%以上変動を示せば、株式取引は15分間行われない。

また、取引終了15分前の午後2時45分以降5%以上の乱高下する場合や、取引中7%以上急変する場合には、期限までに取引完全に中断される。

上海総合指数は取引停止された午後1時50分ごろ、6.85%下落した3296.66を記録した。

新年最初の開場で、中国の株式市場が暴落を見せたのは今年の一年、中国の景気後退懸念が大きくなったためとみられる。

中国内外の経済専門家は、今年、中国の経済成長率が25年ぶりの最低値を記録するものと懸念している。

また、この日、中東の足の不安拡散にアジアの株式市場が一斉に下落改装したのに続き、中国の製造業指標も不振が出てきて、証券市場を低下させた。




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム