Entries

日本がゼロ戦を実戦配備した70数年前、中国人が作った飛行機はあったのか?

ゼロ戦が鹿屋の上空を飛行したそうです。
戦後、日本の空を飛ぶのは初めてか!
詳細は、ニュースで流れているのでカット。

中国の反応ですが、ゼロ戦のことを「殺人魔機」
ゼロ戦飛行を「軍国復活」と口汚く罵っています。

はて?
「殺人魔機」と!
戦闘機の仕事は、敵機を撃ち落とすこと。
当然、敵機のパイロット、爆撃機や輸送機の乗員は
墜落すれば命は無いでしょう。
戦場では当たり前です。
ゼロ戦のことを「殺人魔機」と呼ぶのであれば、
中国の「殲-20」とやらも「殺人魔機」です。
しかも、中国は「殲-20」をたくさん配備しているのだろ?
寝言は寝てから言ってくれ!

ゼロ戦飛行が「軍国復活」?
今回飛んだゼロ戦って、70数年前の飛行機・・・
機銃など兵器は積んでいません。
どちらかと言えば「クラシック機」でしょう。
クラシック機飛ばして喜ぶ姿を見て「軍国復活」とは?
いったいどう考えたらそういう結論になるのか・・・
もしかして、あのゼロ戦に7.7mm機銃と20mm機関砲を積んで
中国の「殲-20」とドッグファイトさせたら・・・
「殲-20」撃墜されるか(笑)
現役の坂井三郎とかが搭乗して対戦したら、
急旋回、急上昇、トリッキーな曲芸飛行でミサイルをかわし、
「殲-20」に20mm機関砲撃ち込むかもしれません・・・
多分、「殲-20」は、ゼロ戦が怖いので、ミサイルを束で撃った後は
脱兎の如く音速で逃げ去ると思います(笑)

中国さん
ゼロ戦でガタガタ言っている場合ではないでしょう。
間もなく実証機の「心神」が飛行テスト・・・
データを集め、改良を加え、防衛省に納入。
現在は小型ですが、
試験飛行で得られた各種データを入力し、
新型戦闘機の開発に取り組みます。
多分第5世代越えでしょう。
信じられないほどの推力を持つジェットエンジンも製造可能ですので、
失速の心配なし。
軽い素材と優秀な電子機器、搭載するソフトも万全なら、
信じられないような飛行が可能でしょう。
多分、パイロットは搭乗しない・・・。
人工知能が操縦する戦闘機。
「殲-20」など敵ではありません。

怖いですね〜
困りましたね〜

さて、どうしますか?中国さん・・・


産経ニュースより


・・・転載開始・・・



「殺人魔機」ゼロ戦飛行は軍国復活 中国中央テレビが批判
http://www.sankei.com/world/news/160128/wor1601280010-n1.html


 中国中央テレビは27日、日本の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を復元した機体が同日、海上自衛隊の基地で試験飛行したことについて「日本の(軍国主義復活の)野心を暴露した」などと報じた。

 同テレビはゼロ戦について「殺人魔機」として「臭名(悪名)が高い」などと批判。日本政府の安全保障政策などと絡め、試験飛行が日本の軍事大国化への願望を示すとの考えを主張した。(共同)



・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

言い古されていますが 

中国共産党にとって、歴史は事実ではなく政治闘争そのものです。 嘘であろうが誤魔化しであろうが、相手を物量で圧倒した方が『勝ち』という、およそ日本人とは真逆の思考をするのが支那人のDNAなのです。

第二次世界大戦中、植民地の解放ではなく有色人種を裏切り白人の植民地支配を支持したのが支那です。
そして、国際条約に違反したアメリカの航空義勇軍と称したアメリカ空軍のフライング・タイガーを引き込み、重慶爆撃に至る日本と支那の紛争の泥沼化を意図したのも『連合国』の支那です。
このような事象を一切無視し、『弱者・被害者の支那』『非道な侵略者の日本』と壟断するのが、連中の生まれながらの仕様なのです。
  • posted by hanehan 
  • URL 
  • 2016.02/01 15:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 言い古されていますが 

支那人は昔からそうですね。歴代皇帝も国家を私物化し好き放題してきました。
今は共産党が中国を支配していますが、内実は権力闘争のみ。
さて、今の中国、いつまで保つ事やら・・・。
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2016.02/05 00:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム