Entries

この監督はダメだ!

サッカーですが、2点などリードしていたのに逆転される事って多いです。
それから、
立ち上がり直後とか、味方のファール直後とか、セットプレーとか、得点後とか・・・
何というか・・・
「あっけなく」
とか
「ありえない」
とか
「まさか」
とか・・・
ポジショニングもいつも通り
相手選手のマークも万全
フォーメーションもいつもとかわらない・・・
でも、
なぜか失点する。
スポーツ全般に言えることですが、
サッカーには「魔物」が住み着いています。
逆に言えば
サッカーには「神様」が宿っているのか・・・

今回のU23・・・
リオ・オリンピック出場権をかけたゲームですが、
日韓とも出場権を得ての決勝戦、
結果は日本の逆転勝利でしたが、

まあ、
いつものことですが、
韓国と試合すると
勝っても負けても「後味が悪い」です。
他国チームとゲームをしても
「後味の悪い」思いをすることは無いのですが、
相手が韓国だと
何というか・・・
「不快感」がべったりと貼り付く感じですね!

下記転載の記事は、U23韓国代表監督に関する記事ですが、
日本に対する「敵対心」まる出しというか
「反日」全開というか・・・
いわゆる「韓国人」を絵に描いたような人物ですね。
全ての行動の源は「感情」です。

この監督の発言をピックアップすると、


「このまま私のサッカー人生が終わるかもしれない大会だった」
「ああ、本当につらかった」
「ヨルダンとの準々決勝で負けて五輪出場に失敗したら、私のサッカー人生を整理しようと思いました。」
「日本戦はまるで幽霊に取りつかれたかのようでした」
「韓日戦でなかったら、2点目を入れた後にDFに重点を置いて守りに入っていたでしょう」
「日本の鼻をへし折りたかったから。」
「1人の選手を交代させようとしたけれども、これまでその選手が一生懸命やって来たことを思い出し、そのままにしました。」
「もうそんなことはしません。自重しなければ。キムチスープも飲まないで念入りに準備するでしょう。冷静な勝負師になります」


「このまま私のサッカー人生が終わるかもしれない大会だった」
「ああ、本当につらかった」
「ヨルダンとの準々決勝で負けて五輪出場に失敗したら、私のサッカー人生を整理しようと思いました。」
は、韓国社会特有のプレッシャーというか、
「失敗」は「消滅」を意味する、嫌らしい韓国社会の風潮。

「日本戦はまるで幽霊に取りつかれたかのようでした」
「韓日戦でなかったら、2点目を入れた後にDFに重点を置いて守りに入っていたでしょう」
「日本の鼻をへし折りたかったから。」
は、あまりの感情の激しさで、ゲームが見えていなかった・・・。
これ、もし「戦争」なら、部隊全滅です。
こいつ、前線の指揮官でなくて良かったね!

「1人の選手を交代させようとしたけれども、これまでその選手が一生懸命やって来たことを思い出し、そのままにしました。」
は、はっきり言って「采配」ミス。
それも、個人的感情によるもの。
チームやゲームが見えていません。
選手のためにやったと思っているけれど、結果的には選手を潰し、チームを敗北に導いた・・・。
こんな判断をする監督って、日本をはじめ他国チームにいるでしょうか?

「もうそんなことはしません。自重しなければ。キムチスープも飲まないで念入りに準備するでしょう。冷静な勝負師になります」
は、感情を抑え、冷静に判断するよう心がけるという意味にとれますが、
逆にとらえると、彼の心の中では、何も解決していないことがわかります。

要するに、
スポーツとは?
スポーツマンシップとは?
サッカーとは?
チームとは?
監督の任務とは?

そんなことが何一つわかっていない。
しかも、
こいつ、言うこと全て「自分の為」です。

こりゃダメだ・・・。


朝鮮日報より

・・・転載開始・・・


日本に逆転負けのU23韓国代表監督「5-0で勝ちたくて色気を出した」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/03/2016020300728.html



 「それなりによく食べ、よく寝たのに、体重が2キログラム落ちました。このまま私のサッカー人生が終わるかもしれない大会だったじゃないですか。ああ、本当につらかった」

 男子サッカー8回連続五輪出場を決めて帰国した申台竜(イン・テヨン)監督(45)に2日、ソウル市鍾路区のサッカー会館前にあるカフェで会った。申監督が率いた韓国代表チームはカタールのドーハで行われた2016アジア・サッカー連盟23歳以下選手権(AFC U-23)で準優勝し、3位までに与えられる五輪本大会行きのチケットを手にした。申監督は「ヨルダンとの準々決勝で負けて五輪出場に失敗したら、スタジアムからホテルまで数時間歩いて帰り、私のサッカー人生を整理しようと思いました。代表チームのコーチング・スタッフの座からも降りていたでしょう」と語った。

 五輪出場という第1の目標は達成したが、申監督は笑ってばかりはいられない状況だ。宿敵・日本との決勝戦では2-3と痛恨の逆転負けを喫したからだ。申監督は「日本戦はまるで幽霊に取りつかれたかのようでした」と言った。

 「2-0でリードした状況でゴールを許した後、選手たちを励ましました。そして、ベンチに行って水を一口飲み、戻ったら日本がまたゴールを入れていた。そう、短時間に2ゴールを喫したのはサッカー人生で初めてです。その後は水も飲まずに試合を見ていましたが、もう1ゴール決められてしまって。韓日戦でなかったら、2点目を入れた後にDFに重点を置いて守りに入っていたでしょう」。しかし、攻撃の手を緩めなかった韓国は逆に後半15分で3点を次々と許してしまった。「正直言って欲が出ました。4-0、5-0にできると思っていたんです。日本の鼻をへし折りたかったから。私は血が煮えたぎり、『FWは前へ』と叫びました」

 試合が終わってロッカールームに入ると、ほとんどの選手がうな垂れて苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。申監督は彼らに「ありがとう。これから、このようなミスを再びしてはならない。まず私が反省する」と言った。

 そして、自身の過ちを振り返り、手帳に「情に流されるな」とメモしたそうだ。日本戦で申監督は1人の選手を前半20分で早々に交代させようとした。「プレッシャーから顔色が悪くなっていました。交代させようとしたけれども、これまでその選手が一生懸命やって来たことを思い出し、そのままにしました。結果は裏目に出ました。監督は冷静でなければならないという痛い教訓になりました」 今回の大会では、DFの不安が最も大きな問題だった。「DF個人の実力をもっと伸ばさなければなりません。何よりも所属チームで着実にプレーして試合感覚を磨くのが重要だと思います。これからが果てない競争です」。申監督はDFの強化のため、最大3枚まで使えるワイルドカード(24歳以上の選手)を積極的に活用する考えだ。「兵役かどうかに関係なく、チームに最も必要な選手をワイルドカードとして選びます」と語った。

 U23韓国代表は守備では弱点を露呈したが、攻撃では組織的なパスプレーで合格点を取った。特に最年少のFWファン・ヒチャン(20)は猛烈な突破と決定的なアシストで深い印象を残した。「私のあだ名は『できるヤツ』だけど、ファン・ヒチャンも本当に『できるヤツ』です。若いのにあんなによくやれるとは思いませんでした。近い将来、韓国を代表するストライカーに成長する選手でしょう」

 試合ごとに相手に応じてフォーメーションを変える「七変化戦術」はリオデジャネイロ五輪を控えた申監督の武器だ。「今回の大会で使ったCK戦術の一つは、昨年の東アジア杯で北朝鮮の女子代表がしたのをまねたものです。カタールとの準決勝での3バッグ(最終DFを3人にする戦術)は、コパ・アメリカで優勝したチリの戦術を参考にしました。良いことは学ばなければね」

 申監督は韓日戦前に「勝ったら韓服(韓国の伝統衣装)を着て授賞式に行く」と公約していた。申監督の知人がカタールに送った韓服は、朝鮮時代の王が外出する時に着たものだった。しかし、その韓服は日本戦の負けで日の目を見ていない。リオ五輪にも韓服を持っていくのか聞いてみた。すると、「もうそんなことはしません。自重しなければ。キムチスープも飲まないで念入りに準備するでしょう。冷静な勝負師になります」と答えた。

チャン・ミンソク記者 , ソク・ナムジュン記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



・・・転載終了・・・


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム