Entries

本当はシャープが鴻海を買い上げればよい

現在シャープの経営不振と、鴻海との交渉が話題になっているようですが、
日本の電機メーカーは全て危機的状況です。
パナソニックも
東芝も
日立も
ソニーも
音響のパイオニア、ケンウッド(まだあったかな?)なども・・・
サンヨーは早いうちに消え去りました。

鴻海との資本提携交渉では、液晶や複写機の技術流出に懸念があるとか・・・
でも、日本メーカーは
戦後補償の一環として、韓国や中国に技術供与を行ってきました。
また、現地に工場も進出し、
電子部品などは大量に輸出しています。

また、不況によるリストラで、有能な技術者が韓国メーカーに流れました。
今さら技術漏洩を心配してどうするのでしょうか?

それから、今深刻なのが、サイバー攻撃による情報漏洩・・・
また、派遣労働者による電子情報抜き取り・・・

核心技術なんてすぐ漏れます。

まあ、設計図や原材料リストがあっても、
「同じ物」を作ることは難しいですが・・・。

だから、韓国はいつまで経っても日本に追いつくことは出来ません。

数年前は韓国メーカーに追いつかれそうで日本が焦っていましたが、
最近では中国に追いつかれて、韓国が絶望の淵に立たされています。
ここ1〜2年で韓国メーカーは駆逐されるでしょう。


もしかして、鴻海は、
設計図や使用素材を真似ても日本メーカーと同等の製品を作れないので、仙三現場の技術者のノウハウを知りたいのか???
もしそうであれば、
技術者は産業革新機構が全員引き抜き、
役立たずのホワイトカラーと末端労働者だけ残して、
鴻海に売り渡せば?
シャープ買収に成功した鴻海は発狂するだろうな(笑)

ところで、鴻海はシャープを買い取るほど金持っているのかね?
何となく怪しい感じがしますが・・・。


技術立国日本とか
もの作りの日本とか言いますが、

私に言わせれば、
テレビや炊飯器
冷蔵庫とか洗濯機
オーディオなど
そこそこ技術があれば作れるものは
韓国や中国、発展途上国に作らせればいいと思います。

電機メーカーをいろいろ見ていると、
空調のダイキンは、兵器製造に関わっています。
三菱はご存じの通りあらゆる分野
日立は造船
住友電器はカーナビとか自動車関連の電装部品
東芝は誘導弾とか・・・
日本電気は通信システム
ダイキンは戦車の砲身とか、炸裂弾!

どれをとっても世界最高水準です。

思うに、
これからの電気メーカーは

儲けのない家電を作るより

1 軍需産業
2 ロボット
3 自動運転など自動車メーカーとの連携
4 ハウスメーカーと連携し、家庭内での電気、ガス、水道などの制御
5 野菜工場
6 原発に代わる革新的な発電システム
7 新型交通手段の開発
8 インターネットに代わる通信システムの開発
9 光合成の実用化
10 介護関係の装置や設備
11 医療関係

とか
書き出したらキリないですが、
新たな領域を開拓すべきでしょう。

思い返せば、
スマホの登場で
電話
電卓
レコーダー
スチルカメラ
ビデオカメラ
電子スケジュール帳
テレビ
ステレオ
ゲーム機
カーナビ
時計
電子辞書
百科事典
など
かさばるものが要らなくなりました。

ということで
こんな傾向は
今後
さらに
加速するでしょう。

極端な話・・・
テレパシーを実用化すれば
電話もネットもテレビも要らなくなります。

自動車の自動運転が完全化されれば
交通事故のおそれが無くなるので、自動車は強度を気にせず簡単な作りでよくなる。
さらに
瞬間転送装置が出来れば
全ての乗り物は不要になる・・・。

現状の家電なんて、日本の人件費で儲けを出すのは「無理」です。
さっさと頭切り替えて次に進まないと!
ところで、各メーカーのトップは
そのあたり
ちゃんとビジョン持っているのか?
まあ、サラリーマン化した社長や幹部では無理だろうな!

才能のある若い連中は、スポンサー見つけてベンチャー企業を立ち上げるべきだと思います。

私が今一番作って欲しいと思うものは、
大気成分から短時間でレストランのショーウインドウに並んでいるような
旨そうな食い物や飲み物を作ってくれるマシーンかな(笑)


産経ニュースより


・・・転載開始・・・


シャープ経営再建 焦る鴻海、はや不協和音
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160206-00000070-san-bus_all

産経新聞 2月6日(土)7時55分配信

 シャープの経営再建をめぐる台湾の鴻海精密工業とシャープの交渉は早くも両社の不協和音をうかがわせる展開となった。鴻海の郭台銘会長が優先交渉権の取得をアピールしたのに対し、シャープ側は即座にその事実を否定。両社の主張に食い違いが生じている。鴻海はなぜシャープの買収を急ぐのか-。

 「交渉のハードルは90%乗り越えた」

 5日午後5時半すぎ、大阪市阿倍野区のシャープ本社。報道陣の前に笑顔で現れた郭会長はシャープの買収に自信をのぞかせた。

 「郭会長はシャープのすべてを欲しがっていた」

 鴻海関係者は今回の買収についてこう明かす。

 家電や電子機器などの組み立てという業態で世界有数の企業に成長した鴻海はあくまで世界の大手ブランド企業の下請けという“黒子”だ。消費者の手にわたる最終商品を手掛けるシャープを傘下に加えることは、ブランドの入手とともに、メーカーとして表舞台に躍り出ることを意味する。ただ、郭会長の今回の性急な動きからは、コスト削減を目指す大手企業から受託して安く大量生産する同社のビジネスモデルが限界にきていることへの焦燥感もうかがえる。

 鴻海は受託製造業務の大半を子会社の富士康科技(フォックスコン)を通じ中国で展開している。1988年に中国へ進出。広東省深センや山西省太原など数十カ所の拠点で約100万人を雇用するまでに成長した。しかし、近年は中国の人件費の高騰で収益が圧迫されており、下請けからの脱却を模索してきたのが実情だ。また、2009年ごろから深セン工場などで従業員の自殺が相次ぎ、従業員ら数千人による暴動も頻発。労働環境への不満も原因と伝えられる。

 自身の発言をシャープが否定したことについて郭会長は「最初は拒否されたとしても時間をかければ心を開けるのが日本の文化だ」と語った。だが、鴻海は過去にいったんは合意したシャープへの出資を見送った経緯もあり、郭会長の言葉への不信も簡単には拭えそうにない。(織田淳嗣、上海 河崎真澄)




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

そういえば 

ニッポン放送の番組で、島田某女史が日本は武器など輸出したことがないなどというお花畑な事を言っていましたw
現在の先端技術、しかも高性能な兵器に於いて『made in JAPAN』の部品は心臓部・要諦部を占めているのは多人の知るところです。
先般の東日本大震災において工場閉鎖による影響が、世界中の先端製造メーカーにたちどころに及んでいます。
世界の裏側の事故なのに、異常なほど残留放射性物質に拘ったのも、切っても切り離せない『身近なもの』である裏返しです。
私たちが本当に警戒しなければならないのは、先端技術の源泉である中小企業を、民間企業を装ったシナ共産党の国営企業が買収する事態です。
  • posted by hanehan 
  • URL 
  • 2016.02/19 10:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: そういえば 

数年前、タイで大水害があり、トヨタなど日本企業も被害を受けたとか・・・
実は、
トヨタは、自動車生産ラインと称し
軍事ロボットを生産していたという情報があります。
なるほど!
被害を受けたトヨタの生産ラインは放映されることはありませんでした。
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2016.02/25 23:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム