Entries

下らないニュース(スポーツ編)

最近下らないニュースが続いています。
第一弾
スポーツ界!
トップは清原の薬物か・・・
それから巨人などの賭博
阪神の韓国人選手も取り調べ
他の球団にも波及

角界もひどいもんです。
白鵬
相手を土俵外に思い切り投げ飛ばし、
それをまともに食らった審判長が骨折・・・
過去より
品格が問題視されていると・・・

相撲部屋の親方が知人やマネージャーに暴行とか!
ずっと前は「体罰」も問題になっていたな・・・

力士やスポーツ選手、アスリートっていうのかな?
基本、品行方正な奴もいるけれど
彼らは
競技やトレーニング、体調管理、メンタルヘルスに専念しているので、
語らせれば、禁欲的というか、どちらかと言えば「寡黙」なタイプが多いようで・・・
たまたまそれが「格好良く」見えたり
「品行方正」に思えたりします。

でも、彼らも人間ですから、
日常生活があります。
我々みたいに、「欲」が湧いてくる。当たり前か・・・
旨いモン食いたいとか
若い女性を見ると胸元や腰のくびれやヒップに目がいくとか
スマホでゲームしたいとか
漫画読みたいとか
その他いろいろ・・・

それから、
口には出さないけれど
ライバルへの嫉妬心とか
トレーナーや監督への不満とか・・・

我々一般人は、素晴らしいプレイを披露する選手に対して惜しみない拍手を送ります。
と、同時に、何かを期待してるのではないかな?
つまり

素晴らしい選手=素晴らしい人物

この等式でスポーツ選手を見れば、様々な矛盾点が出てくるのは当然です。

スポーツに求められているのは
華麗なプレイと
勝利です。
当然スポーツ選手も、この2つを目指してトレーニングに励んでいます。

柔道を見てみましょう。
講道館柔道のように
礼に始まり礼で終わる。
相手と組むときは、ほぼ直立の状態・・・
そんな日本柔道がたちまち追い込まれていきました。
講道館スタイルとは全く異なった「JUDO」・・・
低く構え、まるでレスリング。
棒立ちスタイルの日本選手はことごとく敗れ去りました。

相手を倒せば勝ち。
レスリングと違うところは
レスリングウェアーか、柔道着かというところだけ・・・

柔道はオリンピック競技になりましたが、
オリンピックを含め、国際大会でも日本の常勝は無くなりました。

外国(人)のスポーツ観というのはこういうものです。

剣道でも、韓国選手なんかは、礼なんてしません。
礼儀なんて勝敗には関係ないのでしょう。

相手(選手)に対する「尊敬」とか全くありません。
勝つか負けるか!
勝てば天国
負ければ地獄
それだけです。
付け加えるならば、韓国人の場合、負けると相手を恨むという「おまけ」がつきます。

ドーピング問題もありますね。
最近ではテニスのシャラポワ・・・

勝つために、違法な手段で体力や体質を強化する。
勝利を手にするためには手段を選ばない。
ロシアはソ連時代から、ドーピング漬けです。

これが、彼らのスポーツ観です。

朝青龍も白鵬も、
勝負に徹しているだけ。
例の事件も審判長に対して、何らかの恨みがあったのではないかという憶測があるようですが、
「俺には勝てないぞ!」と擦り込むために、完膚無きまでに叩きのめしたのでしょうね。

さて、
スポーツがジャパンナイズされると
そこに礼儀・作法・謙虚・品格が加えられ、
他国とは違った進化を遂げます。

勝利しても相手選手やチームを褒め称え、
ロッカールームやベンチ、控え室を掃除する。
加えて、観衆が観客席を掃除するなんて、
他国では理解できない行動です。
各国からは
驚きの声と
賞賛の拍手が湧き上がっています。

全世界の誰もが認める日本人のスポーツマインド・・・
これが全世界に波及すればいいのですが、
残念ながら、現実は逆方向です。

スポーツの裏には金の動きがあり、
スポーツを楽しむことが目的ではなく、
投資の対象となっている現実があります。
また、
アマチュアスポーツの祭典であるオリンピックでも
贈賄収賄、いかさま、審判の買収など
汚らわしい金が動いています。

やがて日本も、
勝敗にこだわる外国勢の「毒」に侵され、
不謹慎に思える言動をとる人物や
金儲けの手段にする連中が増えていくのでしょう。

外国勢の考えるスポーツというのはこんなもんです。
選手や観衆、スポーツファンを騙し、
金を吸い上げる。

アスリート
スポーツファン・・・

純粋に競技に専念している人も
スポーツ観戦が好きな人も
知らない間に
スポーツ界という「金銭巻き上げ装置」の
「鴨」になっているというわけです。

馬鹿馬鹿しいというのが本日の結論です。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム