Entries

下らない話(芸能界など)

下らないニュース。
桂文枝の不倫騒動
「新婚さんいらっしゃい」の司会をしていますね。
微笑ましい番組ですが、
司会やりながら「不倫」していたのか・・・。
そのうち
「不倫さんいらっしゃい」なんて番組できるかも(笑)
局部丸見えの写真がネット上に出回っています。
恥ずかしいでしょうね。
まあ、自業自得ですが・・・。

ベッキー騒動もありました。

最近では乙武洋匡か・・・
「五体不満足」で有名になった奴。
身障者の希望の光
人権運動そのもの。

数年前
レストラン事件というのがあったな・・・
予約を取って行ったら、
レストラン側が
店舗の設備も
スタッフの教育も
身障者に対応していないということで
入店を断られたそうで・・・
だいぶ文句タラタラ。
ネットで見たことがあります。
結局どうなったのか知りませんが・・・

現実問題として
日本社会は未だ完全なバリアフリー国家にはなっていません。
残念ですが、
健常者と同じような行動は出来ないでしょう。

それは本人も分かっているのではないでしょうか?

レストラン側の主張は
「身障者お断り」ではなく
設備やスタッフが身障者に対応していないので
万が一のことがあれば責任が取れないということでしょうね。

私としては、レストラン側の主張を支持します。

このような問題は、個々の店舗を糾弾するのではなく、
行政に働きかけるとか、
政治問題、社旗問題など
大きな枠組みで取り組んでいかないとダメです。

身障者本人は意識しなくとも、
そのような問題を突きつけられた店舗や個人は
「人権」という強烈なプレッシャーを受けるので、
やり方としては「逆効果」でしょう。

さて、
この人権問題の守護神みたいな人がやらかしました。

「不倫」

で、不倫に走った理由が意味不明です。

第一子誕生で、妻が「母」になったと・・・
簡単に言えば、自分の「妻」であった女が
赤ん坊の「母親」になった。

もっともっと簡単に言えば
妻が赤ん坊の世話で大変になり、
自分が構ってもらえなくなった。
多分、夜の営みがご無沙汰になったのでしょう。

まあ、こういうケースで男が外に女を作るという話はよく聞きます。
でも、たいていの場合、風俗に行くとか、
不倫の場合でも、相手は一人ですね。

この人、一体何人の不倫相手がいたんだろ?
少なくとも5人以上・・・
そのほかキャバレーとかホストクラブにも行っていたらしい。
ダミー役の男を連れて、女と不倫旅行もしていた。
確信犯です。
「五体不満足」でも
「一物満足」か・・・。

でも、手足が不自由なのに、
どうやって不倫するんでしょ?

少なくとも「積極プレイ」は無理かな?
自分で服も脱げないでしょうから、
全て相手にやってもらう。

あれの時も、自分は仰向けで
もっぱら積極プレイは相手か・・・

考えようによっては
女が「五体不満足」の男をレイプしたと言えなくもないな〜。

でも、本人が誘い、同意の下にやってるんですから
やはり「不倫」とか「不貞」に当たるんでしょうね。

妻が自分の相手をしてくれなくなったって・・・
奥さんは育児で大変で、多分寝不足もあり、極限状態ですよね。
いい大人なら、そのあたりのことは理解しなければならないのでは?
頭の中が「ガキ」です。

また、自分が「人権問題」を背負っているということは自覚しているはず。
有名人でもあります。
噂によると自民党推薦で政界に進出するかも!?とか・・・

人権を侵害されたら声を大にして抗議。
では、
夫婦関係という観点で、不倫された妻のことはどう説明するのでしょうか。

それから、今回の件で、妻が謝罪をしているようですが、
奥さん何を謝っているのかな?
旦那が不倫したんですから、
奥さんは旦那に裏切られた「被害者」のはず。

不倫の原因は「私が育児に忙しく夫の面倒を充分に見られなかったから」
なんて言ったら、
世の男たちに、「免罪符」を与えることになりますね。
男にしてみれば
不倫に至った理由を正当化できるわけですから・・・。
夫が不倫しても、
「私が悪うございました。」って妻の方が謝る?!
何かおかしくないか?

乙武の奥さん・・・
あの謝罪文、取り消さないと
今後大変なことに発展すると思うよ!

あっ!
もしかして、
この奥さん、
「五体不満足」氏を使って、人権問題の騎手とか
夫を政界に推した良妻とかになるのが目的だったの?

なら、
夫を放ったらかしにしたり、
謝罪したりする理由がわかるな!



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム