Entries

コラム書く前に歴史を勉強しろ

韓国は、オバマ大統領の広島訪問に対し、かなり神経を尖らせているようだな。
下に、中央日報の記事を転載しましたが、
何度読んでも意味がわからない。
第二次世界大戦時、枢軸国側だったドイツと日本の戦後の動向をを比較しているわけですが、
ヨーロッパとアジア・・・
歴史も伝統も民族も全く異なるわけで、
これを比較するという発想がわからない。
それから、
ドイツは過去を謝罪した優等生
日本は過去を反省しない戦犯国

意味不明です。

世界が問題としたナチスの犯罪は、ユダヤ人大虐殺ですね。
ユダヤ民族をこの世から抹殺しようとしたヒトラー率いるナチスドイツを問題視したわけです。
他にも、住民を殲滅するような残虐な攻撃を行っています。
ドイツは、それらの戦争犯罪を、ヒトラーとナチス政権の犯罪であったとして謝罪しました。
これ、あえて言うならば「人道に対する罪」でしょうか?

有名なニュルンベルク裁判です。
確かニュルンベルク裁判では「平和に対する罪」って問われなかったのでは?

翻って極東軍事裁判・・・
「通例の戦争犯罪」
「人道に対する犯罪」
に加えて、
「平和に対する犯罪」なんてへんてこなものが加えられました。


「通例の戦争犯罪」とは、戦時国際法違反を指し
「人道に対する犯罪」とは、戦前または戦時中一切の一般人民に対して為された殺戮,殲滅,奴隷的虐使,追放その他の非人道的行為,または政治的,人種的もしくは宗教的理由に基づく迫害行為
です。

欧米人は、
黄色人種である日本人が白人に楯突いたことが余程腹立たしかったのでしょう。
要するに腹いせですね!「平和に対する罪」って・・・。

白人同士が戦っても「平和に対する罪」は問われず、
有色人種が白人に刃向かうと「平和に対する罪」を問われたのです。

中国大陸で、日本軍は逃げ回る国民党軍を追撃し、ずるずると奥地まで引きずり出されましたが、散発的な戦闘が主で、数千数万単位の兵士が戦死するような激戦はありませんでした。

だから捏造・・・
南京大虐殺
百人斬り

どちらもあり得ない
1000人にも満たない日本陸軍が
30万人も虐殺して、死体をどうやって処分する?
まず、虐殺する理由が無い。
殺したのは便衣兵ですね!
兵隊が一般人の服装に変装して紛れ込んでいるわけですから。
戦時国際法違反。殺して当然です。

百人斬りって・・・
一振りの軍刀で100人斬るのは無理
3人目ぐらいで刃がこぼれます。
百人斬りは不可能です。

要するに、この記者は
ヨーロッパでの戦いとアジアでの戦いの違いがまるでわかっていない。

それから何だろう?これ?
「ハワイ真珠湾にゼロ戦の爆撃で沈没した戦艦アリゾナ」・・・
真珠湾攻撃でゼロ戦が爆撃した?
アホかいな(笑)
急降下爆撃を加えたのは九七式艦上攻撃機
魚雷を撃ち込んだのは雷撃機

ゼロ戦はそれらの攻撃隊を護衛する戦闘機です。

何も分かっていない中央日報の記者
これも戦後の反日フルスロットルの韓国式教育を受けた為でしょうか?

終戦までの朝鮮半島は日本領
朝鮮半島の住人である朝鮮民族は日本国籍を有する「日本人」だったわけで、
アジアの強国であり一等国であった日本の国民になれたことを涙を流して喜んでいたのではないのかね?
アジアで最初に軍艦を建造した国は?
アジアで最初に国産機関銃を生産した国は?
アジアで最初に軍用機を生産した国は?
アジアで最初に空母を建造した国は?
アジアで最初に潜水艦を建造した国は?
アメリカより早くジェット機の開発製造に着手したアジアの国は?
アメリカより早くロケットエンジンを軍用機に転用したアジアの国は?
B29よりさらに大きな爆撃機を開発していたアジアの国は?

日本が、幕末、西欧諸国の飛躍的進歩に驚き、
急いで近代化してきた時、
西洋の服を着ていると言って笑っていたのはどこの国の人かな?

歴史の真実を知っていれば、
このような「コラム」は恥ずかしくて書けないはずです。

唯一評価してあげるなら、
ユダヤの存在に気付いていることかな?
でも、残念ながら
ユダヤは韓国に関心が無いみたいですね!
で、
仮に、オバマ大統領の広島訪問に
ユダヤのバックアップがあったとすれば
韓国はどうするつもりなのかね?

発狂でもするか?

あっ!
付け加えておくけど、
11月までに、アメリカで何らかの異変が起こり
大統領選は中止になるかも・・・
その場合、オバマ続投ですが、
そういったケースも想定して
韓国は
ある意味、覚悟を決めておいた方がいいと思うな。


中央日報より

・・・転載開始・・・


【コラム】日本の歴史覆しに対する米国の傍観、自国の損失に=韓国(1)
http://japanese.joins.com/article/707/215707.html?servcode=100§code=120&cloc=jp|main|top_news


2016年05月16日08時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
国際政治は結局、力の世界だ。ドイツの切々たる歴史反省はドイツ人が天使だったからではない。ドイツの安保現実の影響が大きい。冷戦時代、ドイツは極めて危険な国だった。西は西側ビッグ3の米国・英国・フランス、東はソ連治下の東欧帝国に完ぺきに包囲された状態だった。こうした状況でドイツが第2次世界大戦を起こした責任やユダヤ人虐殺を否認するというのは自殺行為と変わらなかった。現実的なドイツ人はいち早く決断を下した。過去の歴史を徹底的に反省して欧州のメンバーシップを認められ、経済で勝負しようということだった。戦後ドイツが灰を踏んで欧州一の経済大国、文明国家になった背景だ。

日本は違う。ドイツと同じ戦犯国だが、地政学的にはドイツほど難しい状況ではなかった。隣の韓国は経済規模が20分の1にもならない弱小国だったし、中国も竹のカーテンを吊るして文化大革命の狂気に陥った三流国家にすぎなかった。ソ連は欧州に集中して日本に関心を向ける余裕がなかった。日本がドイツと違い過去の歴史を反省しない厚かましい国になったのは、こうした環境の影響が大きい。

注目すべきは米国だ。戦犯裁判で首脳部を処断した後、経済を復興させ、共産陣営に対抗する砦にしたのは、ドイツも日本も同じだ。しかし過去の歴史をめぐっては違いを見せた。ドイツに対してはナチスの蛮行を絶えず想起させた。米国ビザを申請する外国人に「ナチスに関与したことがあるか」という質問項目が数年前まで存在したほどだ。しかし日本の戦争責任や蛮行に対してはこのように執拗ではなかった。ハワイ真珠湾にゼロ戦の爆撃で沈没した戦艦アリゾナの残骸を記念館にしたこと以外に、米国内で日帝の罪悪を想起させる施設は探すのが難しい。

なぜこのような違いが生じたのだろうか。米国の根が欧州であるためドイツとの戦争記憶が強く残った側面があるだろう。しかしより大きな理由はワシントンの官民を掌握したユダヤ人のパワーのためだ。ナチスの蛮行とユダヤ人の残酷史を代々伝えて歴史を守ろうとするユダヤ人の努力は想像を超越する。韓国のある漫画がユダヤ人を否定的に描写したとして米国ユダヤ人団体がソウルに飛んできて修正を要求し、米国務省も「反ユダヤ主義」と批判するほどだった。

残念ながら日本に関連する過去の歴史に対してはこのように強力な番人がワシントンにはいない。安倍晋三が見せつけるように靖国神社を参拝しても米国務省は「失望した」という一言で済ませる。ドイツ首相がヒトラーの遺骸が安置された聖堂を参拝するのと変わらない。もちろん米国にも太平洋戦争参戦勇士を中心に日本の歴史修正の動きに反対する勢力が存在する。しかしユダヤ系ほど資金や力がなく、影響力が弱い。このため日本は米国の大統領までも広島に呼んで「被害者」ショーをするに至った。このままだと、日本は真珠湾空襲も米国が誘導したものであり、太平洋戦争の責任を自分たちだけに問うのは不当だと強弁することになるかもしれない。

その場合、最も大きな損害を受けるのは米国だ。米国主導で樹立された戦後の秩序をひっくり返す日本の「作業」を傍観し、助けることで、北東アジアのパクスアメリカーナを自ら崩す結果を招くからだ。これは日本帝国主義から最も大きな苦痛を受けた韓国にも災難だ。日本が米国の黙認の中、過去の歴史覆しに成功すれば、我々に対してよりいっそう厚顔無恥な態度を見せるに違いないからだ。

それだけに我々は米国内の良心勢力と手を握り、日本の歴史覆しが米国に及ぼす悪影響をワシントン官民に知らせなければいけない。慰安婦問題も重要だ。しかしこのように韓日間の問題だけを取り上げれば、米国の積極的な対応は引き出しにくい。人は自己の利害が絡むことに先に動くものだ。国も同じだ。したがって安倍首相の靖国神社参拝や太平洋戦争責任回避のような、米国と直結した歴史懸案を日本が覆そうとする現実を集中的に浮き彫りにする必要がある。このような動きは韓国に先立ち米国の国益を正面から侵害するということを悟らせ、米国が日本の妄動に直接ブレーキをかけるように導かなければいけない。

カン・チャンホ論説委員




・・・転載終了・・・


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム