Entries

もうすぐ在韓日本大使館員全員帰国ですか?

改築に関連し、景観保護などと意味不明な規制を振りかざし
当局から散々嫌がらせを受けてきた日本大使館ですが、
建築許可が下りて、工事にかかっているようです。

ただ、下記の記事にもあるように、まず、埋蔵文化財の発掘調査とかで、
かなり深くまで掘り下げたようです。
案の定、遺構や遺物が発見され、発掘調査・・・

まあ、大したものは出てこないのでしょうが、
輝かしい李氏朝鮮時代を演出するためには、安物の焼き物の破片が見つかっても、考古学上注目すべき発見とかニュースで流して国民を騙すのでしょう。
李氏朝鮮って、宗主国への献上物も無くなり、金品の代わりに若い女を献上していたのだろう?
掘っても大したもの出てくるはずがない。

まあ、それはいいとして・・・

発掘調査は終了したそうで、
これからが基礎工事!
なはずが、
一旦掘ったところに土を運び込み戻しているらしい。

で、韓国ではいろいろな憶測が飛び交っているようです。

多くは
「正面に慰安婦像があるので、違う場所に移転するのではないか」
というものですが、
果たして、秘密裏に移転計画が進んでいるのでしょうか?

改築するためには旧日本大使館を取り壊し、
一旦更地にする。
で、埋蔵文化財の発掘調査をする。
調査が終了すれば、埋め直して、ボーリング調査・・・
地盤が確認されれば岩盤に向かって杭打ち・・・
で、
基礎工事か・・・
地下室も作るのでかなり深く掘るでしょう。
セメントに鉄筋
型に流し込んで積み上げていきます。

いったん土を戻すのは通常の工程では?

第一、 日本大使館が移転したら、
慰安婦像も移転するんじゃないの?

だから、大使館は移転しても意味が無い。
そもそも大国日本が、そんなせこせこした工作をするわけ無いです。

大使館移転説は、韓国的な考え方ですね。
つまり、近い将来が全く読めないということ・・・

ということで、
予定通り着工するのでしょうが、
それは
何もなければ・・・
の話です。

有事となれば
工事中断!
駐韓大使、大使館員、日本人スタッフ全員帰国となります。

スイスが北朝鮮への制裁を突然開始しました。
スイス銀行の北朝鮮資産は凍結
その他
凄まじい内容となっています。

これは・・・
カリアゲ君激怒でしょうね!

他国もスイスに倣ってきつい制裁措置に移行するなら、
北朝鮮ピンチです。

カリアゲ君
座して死を待つのか?
それとも
暴挙に出るのか?

朝鮮半島が大混乱に陥れば、
我が日本にも大きな影響が出て来るでしょう。
北東アジアに激震が走るということです。
そうなりゃ、
オリンピックどころではないですね!

そういえば
最近南北統一に必要な経費は108兆円とか118兆円とか
盛んにニュースが出回っていますが、

朝鮮半島はカリアゲ君国家になるのかな?
で、
タックスヘイブン暴露で困っている日本の連中が、
その分、「投資」と称してドカンと投入するのか?

ん〜
朝鮮半島再建という名目なら、
100兆、200兆・・・・
いや、いくらでも資金を流せそうだな〜

パナマの次は朝鮮半島か?



聯合ニュースより


・・・転載開始・・・



ソウル・日本大使館の建て替え工事中断 敷地から遺物発見
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2016/01/11/0800000000AJP20160111003100882.HTML?72b23b20


2016/01/11 16:20【ソウル聯合ニュース】建て替え工事中のソウル・鍾路の日本大使館の敷地内で朝鮮王朝時代後期のものと推定される遺物が見つかった。

 韓国文化財庁は11日、日本大使館の敷地で試掘調査を行った結果、朝鮮王朝時代後期から近代のものとみられる遺構が見つかったため、詳しい発掘調査に入ると発表した。

 同庁関係者によると、遺構のほかに朝鮮王朝時代後期の陶磁器の破片なども出土した。

 興仁之門(東大門)、崇礼門(南大門)、粛靖門(北大門)、敦義門(西大門)のソウル4大門の内側の地域で建設工事を行う際は、埋蔵されている遺物がないか調べなければならない。

 日本大使館での試掘調査は昨年末に始まった。詳しい発掘調査が終わるまで建て替え工事は中断となる。

 同庁関係者は発掘調査の期間について「遺構の面積などを踏まえて決定する」と説明した。

hjc@yna.co.kr




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム