Entries

次の世界経済危機の震源は中国かも

伊勢志摩サミットも無事終了。
オバマ大統領が広島平和記念公園を訪問し、献花と演説。

サミットでは、「リーマン・ショック」級の経済危機の兆候ありと
安倍首相が訴えたのに対し、ドイツなど欧州各国は世界経済情勢に対する認識の違いを見せた格好になりました。

この件については、欧州系のメディアがこぞって取り上げ、日本の一部メディアも「安倍首相の一人相撲」的な捉え方をしていますが、

正直言って、
ヨーロッパは、経済情勢よりもっと深刻な問題を抱えています。
難民問題、ISやテロの問題、頻発する旅客機墜落事故、
ロシアの動向、トルコ情勢・・・。
経済談義どころでは無いはずです。

それから、
ギリシャ問題・・・
ギリシャは遂に、観光資源売却にでました。瀬に腹はかえられぬというところか・・・
それから、イギリスがEUを離脱する可能性がありますので、
今は、EU内の問題に集中したいところ・・・。

ただ、中国の脅威については一致したようで、
そのあたりは、アメリカの作戦勝ちという印象があります。

黙っていないのは中国。
日本を名指しで非難しました。

アメリカをはじめG7各国を直接非難できないので、日本を非難するという構図ですね。
相変わらず「せこい」です。

でも、事の真相は別の所にあるようで・・・
それは中国の鉄鋼ダンピング問題。
これが明らかとなりアメリカなどが制裁措置を取れば、
中国は苦境に陥り、中国経済は活力を失うでしょう。
それが結果的には世界経済に暗い影を落とすことは確実。
つまり、中国発世界大不況が到来するかも!ということで、
安倍首相の「リーマン・ショック級」というのは当たっているかもしれません。

そんな中国、
台湾で新総統が就任し、「一つの中国」が揺らぎ始めています。
前総統は中国寄りでしたが、
蔡英文氏は親日派。
中国が標榜する「一つの中国」に対して明言を避けました。
この方は李登輝系の政治家です。
戦後、内戦で敗北し共産党に追われて台湾に逃れた蒋介石は、日本統治時代を否定する工作をしました。しかし、その後、日本統治時代の様子を正しく教育してきた時代があったので、台湾は親日です。

さて、このタイミングで、台湾に親日政府が誕生というのは、中国にしてみれば明らかに都合の悪いもので、
長期間放置することは無いでしょう。

何らかの揺さぶりをかけてくるか、
軍事力で威嚇してくるか、
とにかく嫌らしい手を使うはずです。
まず思い浮かぶのは、金門島ですね。

人民解放軍が包囲するとか、砲門を向けるとか、
何らかの行動を取るかもしれません。

それから韓国ですが、

オバマ大統領の広島訪問では、「韓国人犠牲者に謝罪せよ」なんて意味不明な要求をしましたが、
彼らの説によると、原爆投下は、戦犯国日本を懲らしめるために、神に代わってアメリカが行ったものらしいです。
ということは、韓国人にも神の鉄槌が下されたということ?
それが、どうも受け入れられないようで笑えます。
当時アジア最強だった日本の庇護を受けるために望んで併合に応じた大韓帝国・・・。韓国人(当時は日本国籍)も日本人と共に鬼畜米英と戦ったのでは?

そういう事実を隠蔽するから、このようなときに矛盾が生じてきます。

それから、韓国メディアには、「出稼ぎに広島に来ていた多くの韓国人が被曝した」とかいてありました。
韓国の主張によれば、当時広島にいた韓国人は、「強制徴用」されたのじゃなかったのかね?
と素朴な疑問を抱いていたら、いつの間にかその記事消えていました。
韓国人の頭の中にある「歴史」って嘘の塊ですね。
嘘を誤魔化すため、さらに嘘を上塗りする・・・。
そのうち嘘が尽きて破綻すると思いますが(笑)

あっ、主要メディアや民間団体レベルではまだまだ「反日」を繰り返しているようですが、最近韓国政府は以前のような強い反日姿勢は見せませんね。
やはり、アメリカの恫喝が効いているのでしょうか?
それとも、日本に比べ明らかに軽く扱われるようになったことへの不安が増大しているのか?
朴政権発足以降、中国に尻尾を振って「反日共同戦線」を構築していましたが、
そんな中国からは何の見返りもありませんでした。
自国の愚かな行為に少しは気付いたのでしょうが、今さらアメリカと日本に取り入ろうとしてもね(笑)

ちょっと気になるのは、27日羽田で起こった大韓航空機の火災事故・・・
単なる事故なのか?
タイミング的にはG7の最終日と重なっており、あの事故が原因で滑走路が閉鎖され、広島に飛べなかった政府関係者が多くいたとか・・・
まあ、それはそれとして、
あの事故は、韓国内の北朝鮮シンパによるテロかもしれません。
せっかく韓国と日米との分断工作に成功したのに、
今さら戻るな!という警告だったりして。
大韓航空の整備士に北のシンパが潜入しているかもしれませんね。

何となく、きな臭い東アジア・・・

もしかすると、
そう遠くない将来、
台湾関連で武力紛争が発生し、
日米がそちらに釘付け状態となっている間に、
朝鮮半島で何事かが起こるかも・・・。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム