Entries

受験産業はすでに斜陽産業です。早く脱出しないとババを引くことになります。

今朝の朝日新聞に載っていたんですが、
大学へ進学し、入学金や授業料を支払うため
奨学金を利用するのはいいが、
卒業後、返済不能に陥るケースが激増らしい。

親に経済力があれば、奨学金のお世話にならずに済むが、
何らかの事情で学費に回す金が捻出できない家庭では、
奨学金をあてにするしかないでしょう。

大学の授業料って
文系で年間100〜150万ほど
少なく見積もっても1ヶ月あたり10万ほど必要。
まるまる奨学金をあてにするとすれば、
月々13万ほど借りる必要があります。

で、めでたく卒業出来たとしても、
卒業と同時に500〜600万ほどの借金を背負って社会に出ることになりますね。

就職したとして、
月々10万ほどの返済はきついな・・・。
月収が25万ほどだとしても
残るのは15万ほど。
首都圏だったら、ワンルームでも10万はかかる。
残り5万で生活なんて無理。

正規社員として採用されなかったら、
非正規かアルバイトですが、
返済無理です。

日本は少子化が進み、
小中学校は統廃合が進んでいます。
高校もほぼ全入状態。
大学へも、理論的には、全高校生が入学できる計算です。

数年前から
志願者が減少し、募集停止となる大学も出てきました。

これからは、大学の淘汰が始まるのでしょう。

それにしても、
日本の大学進学率はハンパじゃないですね。
最近の若者のほとんどが「学士」さんか・・・。
でも、
大卒=高学歴で、日本は凄い!
だなんて思うのは大間違いで、
漢字の読めない大学生
アルファベットが書けない大学生
分数の計算が出来ない大学生が大勢います。
それでも、卒業すれば「学士」さんです。

企業はバカではないので、将来性のある学生を採用します。
また、採用後の教育に回す経費や時間が限られているので、
スペックの高い人材を優先的に採用していきます。

とすると
上記のような低学力「学士」はどうなるかというと、
どこにも採用されないということで、そのまま社会に放り出されてしまいます。

そんな中、困った学生の足下を見て、過酷な労働条件を呑ませ採用する企業が出現・・・。
いわゆるブラック企業。
まだ、真面目に働こうとする連中は、それらの企業に吸収されていきますが、
待ち構えているのは
「過労死」・・・

いったい何のために奨学金借りて大学卒業したのやら・・・

学生に奨学金という「借金」させて、潤うのは
大学と
大学教官と
大学関連の業者
学生向け賃貸アパート業者
それから
大学城下町とか・・・

数百万の借金背負って居酒屋チェーン店に就職するぐらいなら、
高卒で行った方がましだろ?

15の春は泣かせない
みんな仲良く公立高校進学
で、みんなが行くから私も大学進学!

そうやって、受験産業を潤わせ、
大学を増やした奴がいますね。
ベネッセとか、地方の目立たない小企業だったのに
今はどうでしょう?

高校の先生も頭の中は進学率アップだけ。
「進路希望を実現」
「夢を叶える」
都合のいい言葉だな・・・

私立大学の偏差値ってあるけど、
あれ何か意味あるのかな?

AO入試とか、推薦入試とか、裏口入学でほぼ学生を確保し
残り少ない席を巡っての争奪戦が大学受験。
そら、首都圏の大学って偏差値高くなりますね。

で、地方の高校のセンセは上京するなら早慶、MARCHを目指せと言います。
でもね!
首都圏有名大学卒業しても、いいとこ就職できるとは限りません。
いい就職先はコネで既に押さえられています。
で、また、過酷な就活を勝ち抜かなければならない。

悲しいですが、これが日本の現状です。


仮に、
奨学金の支給受けて大学卒業出来たとしても、仕事は派遣とバイトしか無く、
数百万の借金で、人生終了って現実が世間に知れ渡れば、
それでも高校生は苦学してでも大卒目指すかな?

今までぐんぐん上昇してきた大学進学率・・・
ガクンと折れ線グラフが下向けば、
まず、大学が次々と潰れていきます。
それから、大手予備校
受験産業などから火の手が上がります。
現状偏差値50以下の大学が消滅すれば、
今度は違った社会現象が起きそうですね。

年収2000万ほどの大学教授が職を失う。
年収1000万ほどの大学事務職員が職を失う・・・。

これら高収入にあぐらをかいていた人たちって、
ほか、何か出来るのかな?
教授は世間知らずで、パワハラ、セクハラ、アカハラやり放題ですので、
一般企業への就職は無理でしょう。中学高校への着任には、免許証と採用試験合格が必要・・・。塾も、予備校も潰れて無くなっていますので、仕事に就けません。

奨学金返済に苦しむ若者と、偉そうな教授の立場が入れ替わる訳か・・・
これはこれで痛快・・・

大学事務職員は、事務作業ができるので、契約社員ぐらいは職ありそう。
音楽系、美術系、体育系の教授って、どうなるんだろ?
専門分野以外何のとりえもない・・・。

このまま不況が続けば、そんな時代がやってきそうですね。
そうなれば、教育関連はおろか、日本経済の根幹が揺らぎだし、
大学進学がどうのこうのって言っている場合じゃ無くなるかも・・・。

近い将来、日本は「これマジ?!」って思わず言ってしまいそうな姿になるかもしれません。




「いいところネット」さんより


・・・転載開始・・・

奨学金=借金!大学生が非正規化や就職できず返済不能が多発中
http://iitokoronet.com/2016/05/21/post-10159/


2016/5/21 2016/6/10 いいところ教育

大学生が、親に言われるがままに奨学金を借り、卒業後に就職できなくて、奨学金の返済不能に陥る…という問題が近年多発しています。社会に出た途端、何百万円もの借金を背負わされる…というのは大変なハンデになります。

近年の大学生用奨学金にまつわる問題を調べてまとめました。



非正規雇用者が増えて奨学金を返せない人が出てきた

2012年度の日本学生支援機構の奨学金利用者は約323万人。その一方で19万4000人(同年度末時点)が滞納しています。滞納者の83%が年収300万円未満で、離職・休職者や非正規雇用者(派遣社員やアルバイトなど)の割合が高くなっているとのこと。

奨学金といえども、返済が3カ月滞ると個人信用情報機関に登録され、クレジットカードが作れなくなったり、住宅ローンの利用などができなくなったりします。返済してもらわないと次の学生の貸し出しに影響が出るわけですから、ある程度厳しいのは仕方ないのかもしれません。



奨学金には、2種類あります。■第一種奨学金:利息無し
・対象者:優れている学生、生徒で、家庭の「経済的な理由」により、「著しく」修学が困難である者。
・貸与月額 : 学種別や入学年度、通学形態別により定められております。
■ 第二種奨学金:利息あり<年利3%を上限とする利息が付く(在学中は無利息)>
・対象者:第一種奨学金よりは、ゆるやかな「基準」により選考された者。
・貸与月額 : 本人がその金額を「選択」できます。また、在学中の採用である場合、申込年度の4月に「遡って」貸与を受けることも可能です。

  

奨学金制度の問題点

奨学金大学生返済

教育ローン的側面がある
日本学生支援機構が実施する奨学金事業は、第一種及び第二種のいずれとも貸与奨学金であり、実質的には教育ローンに他ならず、家計負担の軽減とならない。さらに、第二種の場合は返還総額に利息を上乗せして返還する必要があり、「これが奨学金と言えるのか」という批判もある。



返還滞納額の増加
奨学金との名称ではあるが、実質的には借金であり、卒業後に返還義務があるにもかかわらず、返還の滞納を行う者が後を絶たない。このことからも無駄な支出との指摘が避けられない。また、奨学金の原資には貸与者からの返済金が活用されていることもあり、滞納額の増加は奨学金事業そのものを崩壊させることになりかねない。2007年度末時点で奨学金滞納額は660億円に上っている。



奨学金を返さずにいると、どのようなリスクがあるのでしょうか。
具体的にはつぎのような事態に直面することになります。

・ 延滞し続けると、年10%の延滞金が課される
・ 滞納3ヶ月で個人信用情報機関に個人情報が登録される
・ 9ヶ月以上の滞納で、財産の差し押さえが可能になる
・ 将来的に、ローンやクレジットカード利用が困難になる

一番大きいリスクは、個人信用情報機関に延滞の旨が記録され、社会的に不利になることです。
いわゆる「ブラックリストに掲載される」というわけです。
これは、実際、ブラックリストがあるというよりは、氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先や、貸与額、最終返還期日、延滞などの情報が、個人信用情報機関に提供されることを指します。

  

奨学金が返せなくなる理由と返済対策

奨学金大学生返済

「就職すればある程度の給料がもらえるのだから、月に2万程度の返済なら楽勝だ」
と思って借りられる方が多いのが1番の理由になってきます。

しかし、現実はそんなに甘くなく社会人になれば様々な支払いや、
出費が重なってくるため、2万というお金がなかなか厳しくなってくるのです。
それに、社会人になりバイトの時より大きなお金が入ってきて、自分で
使えるお金としての喜びが先走ってしまい、ついつい無駄遣いしてしまったり、
上手なお金の使い方が分からなかったりして奨学金の返済に回すお金が足らなくなってくるのです。



奨学金を返せなくなる人の特徴
1.奨学金が借金であるという意識が低い
2.自分の収支を把握していない
3.見栄のためにお金を使うことがある
4.給料が少ないことが原因である
5.奨学金を返したと思っていたがまだ残っていた



まず、返せなくなってしまった方には遅い話ですが、奨学金を借りられる時の心構えをしっかりしていただきたいです。
奨学金と言えば聞こえは良いかもしれませんが、借金に変わりはないということを忘れてはいけません。
そして、月2万という返済は簡単に考えられがちですが、いろんな出費や支払いを考えるととても大きい額だということも忘れてはいけません。

この不景気な世の中、残業が無くなったりして給料が少なくなっている会社も少なくはありません。
そんな時のこともしっかり考えて、学生のころからバイトや仕送りなどのお金を少しでも貯めておくことでかなりのゆとりを持てると思います。
確かに学生の頃って、毎日が楽しくてついつい無駄遣いしてしまうのものですが、奨学金という借金を抱えているということを忘れずに生活していただきたいと思います。



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム