Entries

リオ・オリンピックって本当に開催されるの?

リオ・オリンピックがいよいよ開催か・・・
あと2ヶ月ほど。
南半球のあの緯度だったら、
8月は日本の秋〜晩秋ぐらいの気温か・・・

一時、ジカ・ウィルスが問題視されましたが、
季節的に、蚊はいないかもしれませんね。

でも、ブラジル自体の経済状態が悪く、リオデジャネイロも財政悪化が深刻でオリンピックどころじゃないようです。

ブラジルって、ラテン系の陽気なイメージがありますが、
発生する犯罪数がハンパじゃないですね。
強盗事件の発生数は日本の400倍
殺人事件は日本の100倍らしい。

日本の殺人件数の公式数値は1000人ほど。
自殺は約3万人ですが、この中に、実は殺人が含まれています。
変死が約16万人。
行方不明が約8万人

まあ、概算ですが、年間26万人ぐらいが消されています。
この数値をブラジルに当てはめると、
ブラジルでは年間約2600万人が消されているという計算になります。(怖)
まあ、単純にかけ算をしたので多過ぎるとして・・・
でも、子供だけで年間5〜10万人が行方不明になる国なので、
少なく見積もっても500万人以上は殺人などで消えていると思います。

それから強盗件数ですが、
日本でもバイク使ってひったくりとかありますが、
例えば過去1年で1回被害にあった人がいたとします。
その人がブラジルに行くと毎日のように強盗事件に巻き込まれるという計算になります。
事実、ブラジルでは強盗事件なんて頻繁に起こるので、ニュースにもならないのでしょう。

こんな治安の悪い国に、世間知らずの日本人が出かけたら、空港を出た途端餌食になりますね。
怖いです。

選手も、応援目的の観光旅行者も、「命がけ」のリオ行きになると思います。

そんな危険な状態のリオですが、
リオデジャネイロ州はオリンピック期間、警備に充てる予算が無いらしいです。
一体どうなるのでしょう?

南米というか
大航海時代スペイン人が上陸した地域ですが、
どの国も治安が極悪ですね。
ラテン系の人種って残忍なんでしょうか?
それともスペイン人特有の気質?

リオ・デ・ジャネイロって1月の川という意味らしい。
この地域に入り江がありスペインの帆船が入港したのが1500何年の1月で、
当時、その入り江を「川」だと思っていたから、リオ・デ・ジャネイロって名付けたらしい。
入り江を川と間違えるところが「アホ」です。
野蛮でアホな民族が上陸して、現地人は虐殺されました。インカ帝国も滅亡・・・

そういえば、アメリカ大陸を発見したとされるコロンブス・・・
彼自身はイタリア人ですが、船はスペインのものです。
航海の目的は「インド」に辿り着くこと。

で、到着した大陸を「インド」だと思ったんですね!

だから、近くの諸島は「西インド諸島」
原住民を「インディアン」と呼びました。

根本的に「アホ」です。
出会った原住民とインド人との違いも分からない・・・
なぜ、そんな人物にインドへの航路開拓を任せたのか、
ということは当時のスペイン王朝も「アホ」ということになりますね。

まあ、ですから、
独断と偏見ですが
こんな間抜けで野蛮なラテン野郎が支配した地域なので、
南米は今なお、最低の治安状態の国なのでしょうね。

それから、
豚インフルエンザが流行しているそうで、
これに罹ると、死亡率20%ということで、
非常にヤバいです。

今リオに行くということは、西暦500年代の朝鮮半島に渡航するようなものです。
上陸した途端、身ぐるみ剥がれて殺される。
遣唐使が朝鮮半島からの陸路で唐を目指さず、
あえて危険な海路を選び
船を仕立てて直接唐を目指したのは
朝鮮半島が危険すぎたからですね。

話が横にそれましたが、

さて、もしリオ・オリンピックが開催されたとして、
選手団、応援団、旅行者は、全員無事帰ってくることができるでしょうか?

というか、もしかするとリオ・オリンピックは開催不能になるかも!




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム