Entries

暴力の連鎖。ドイツでテロか?

先日フランスのニースでテロがありました。
次はどこで起こるのだろう?ドイツ?だなんて書きましたが、
悪い予感が的中しました。

ドイツ・バイエルンのローカル列車内で、17歳のアフガン難民の少年が、ナイフと斧を振りかざし、15名ほどが重傷。うち4名ほどが重体だそうです。
犯行時「アッラー・アクバル」と叫んでいたそうで、
単独犯であったにせよ、イスラム原理主義との関連は否定できません。

この少年、ビュルツブルク近郊の難民向け施設などで暮らしていたそうですが、
何が少年を狂気に導いたのか?
逃走中に警察によって射殺されたので、犯行の動機や、事件の背景を知ることはできませんが、

難民=危険
イスラム教=テロリスト

という図式が更に色濃くなるはずです。

さて、難民問題を嫌いEU脱退を国民投票によって決定したイギリス、
難民に寛容なドイツ、
難民受け入れを強いられるEU諸国・・・

今回の事件を
ドイツ政府やメルケル首相は
偶発的な事件として処理するでしょうが、
ドイツやEU加盟国が納得するかどうか
忍耐が続くかどうか・・・

国民の不安を払拭するために
否応なしに
ヨーロッパは何らかの決断を下し
対策を講ずることになるでしょうが、
それが更に
難民vs.ヨーロッパ人
イスラム教徒vs.キリスト教徒
イスラム国vs.ヨーロッパ諸国
の対立に拍車をかける結果となると、
もうヨーロッパは安心して生活できる地域では無くなってしまいます。

ヨーロッパ各地にある観光スポットや美術館、文化遺産などが破壊されるテロが繰り返されれば、観光資源は失われ、観光客の足はヨーロッパから遠のきます。

観光産業が大きな打撃を受けると、各国の収入が大幅に減少し、国庫に赤信号が点ります。

さて、そんな最悪の事態に備え、ドイツ率いるEUはどのような答を出すのでしょうか?


ロイターより

・・・転載開始・・・


ドイツ列車乗客襲撃、犯人はアフガン難民 警察が射殺
http://jp.reuters.com/article/europe-attacks-germany-police-idJPKCN0ZY2MW

2016年 07月 19日 08:18 JST

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツ南部バイエルン州で18日夜、ローカル列車の中で男が斧で乗客を襲い、数人が重体となっている。バイエルン州のヘルマン内相は19日、公共放送ARDに対し、襲撃した男が17歳のアフガン難民で、警察に射殺されたと明らかにした。現在のところ、襲撃の動機などは分かっていないという。

襲撃は、バイエルン州ヴュルツブルク近くの地点で起こった。周辺の路線運行が停止されたという。



・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

 

日本は(難民みたいなもだった)在日が特権を獲得し司法や行政メディアを掌握してコントロールする国になってしまいました! 欧州はどうなりますかね。ただし欧州にGHQが無いので阻止できるかな?
  • posted by カンチョクト 
  • URL 
  • 2016.07/20 11:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

カンチョクト様、コメント有り難うございます。今後、イギリスのEU脱退とか、アメリカに見るナショナリズムへの回帰とか、今回のトルコのような事象が他国でも見られるようになると思います。日本も例外ではありません。地震・軍事衝突・金融危機・政界スキャンダルなどが引き金となり、何らかの事態に発展する可能性はあると思います。
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2016.07/22 05:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム