Entries

立命館大学の准教授がテロリストだった?

ダッカ・テロの容疑者の中に、立命館大学の元准教授がリストアップされているのではないか?とのニュースです。
立命館大学国際関係学部の元准教授、デブナット・サジト・チャンドラ氏で、大学のデータベースには、オザキ氏に発音が近い「モハマド・サイフラ・オザキ」と記されていたとか。
他のニュースでは、リストアップされた人物の名前は「オジャーキ」で
立命館大学にいた人物は「オザキ」。

1月から無断欠勤が続き、
3月に懲戒解雇されたそうですが、
かなり怪しいですね。

日本国外へ出たことは確認されているとか・・・。

この人物、バングラデシュの大学生で、多分立命館大学に留学。
年齢的には30歳そこそこ。
で、立命館大学で准教授?
立命館さん、
何で、30歳そこそこの外人が大学の准教授になれるの?
日本では博士課程取得しても就職口は時間講師ぐらいしかなく、苦しい生活を強いられていいます。准教授抜擢なんて夢のまた夢・・・。
「不公平」「理不尽」そんな言葉が頭の中に点滅します。

ところで、この「オザキ」君・・・
日本国籍を取得しているらしい。

もし、この元准教授がリストアップされた人物の同一人物だったと判明すれば、
テロ実行犯の中に
日本人(日本国籍を有した者)が含まれていたということになります。
しかも、その男は、立命館大学で教鞭を執っていた准教授であった。

現在の立命館大学って、
関学、関大、同志社と大して変わらない雰囲気で、
偏差値では同志社を凌駕する学部もあります。
ここ数十年でブランドイメージがすごくアップしました。

私が高校生だった頃の立命館大学のイメージと言えば、
まあ、とりあえず当時から関関同立という言葉はありましたが、
その中で一番ビリ・・・
現在のランキングは
同志社
立命
関学
関大だと思います。
続いて
京産
近大
仏大
龍谷
甲南・・・と

しかし、今の立命館、潤沢な資金を持っています。
この全国ナンバーワンの自己資金力で優秀な教授陣を構成すれば
近い将来、関西トップ、
ブランドイメージでは早稲田を抜き去り
慶応と競い合うまでになるかもしれません。

ちょっと話がずれてしまいました。
で、嘗ての立命のイメージですが、
私大としては非常に学費が安い。信じられないほど安かった!
それから
立命といえば「学生運動」とか「共産主義」のイメージが強かったです。
当時の校舎も何となく要塞っぽい!
あれ、内部の通路が複雑だし、学生立て籠もりようの設計では?

その頃の京都は蜷川府政だったし
真っ赤っか!でした。他の大学も似たようなものか・・・

と、昔の事を思い出しつつ、
今回のニュースを見ると、
「なぜだ!」
「あり得ない!」
という感想より、むしろ
「なるほど」
「ありそうだな」
と、妙に納得してしまいます。

今回のニュース
成り行き次第では立命館大学はテロリスト養成大学だとか
日本はテロリストを温存していたとか・・・

おかしな方向に発展しなければいいのですが・・・



産経ニュースより

・・・転載開始・・・

【ダッカ人質テロ】
バングラ当局 立命館大元准教授? 公開捜査 1月から不明 日本で過激化
http://www.sankei.com/world/news/160720/wor1607200060-n1.html

 
                            2016.7.20 23:54
【ニューデリー=岩田智雄】バングラデシュの警察当局者は20日、首都ダッカで起きたテロ事件の後で公開捜査を始めた「イスラム過激主義者との疑いが持たれている人物10人」の中に、日本での滞在歴がある男性がいると明らかにした。モハマド・サイフラ・オザキ氏で、日本の警察当局も確認を進めている。

 地元警察によると、オザキ氏が特定のテロ事件に関与した具体的な容疑はないものの、家族から行方不明になったとの届けがあった。北東部シレットの出身でヒンズー教徒の家庭に生まれたが、日本で就業中に思想が過激化したとみられるという。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、奨学金を得て留学し、京都の大学で経営学を教えていた。

 一方、地元メディアによると、警察は20日、バングラデシュで行方不明になっている若者261人のリストを公開した。オザキ氏の名も含まれている。


 

 この問題に関連し、バングラデシュ人の立命館大学の准教授が1月から所在不明となっていたことが20日、分かった。大学側は「無断欠勤が続いた」としてすでに解雇。テロとの関連は「分からない」としている。

不明になっているのは、立命館大学国際関係学部の元准教授、デブナット・サジト・チャンドラ氏。大学のデータベースには、オザキ氏に発音が近いモハマド・サイフラ・オザキと記されていた。

 大学側によると、勤務態度に問題はなかったが突然、大学に来なくなり音信不通になったという。無断欠勤が続いたため大学は3月16日付で解雇した。オザキ氏とデブナット氏が同一人物かどうかについては、「海外や日本の警察当局などから照会もなく、分からない」としている。




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム