Entries

異変が起こるのは地中海か?!

イタリアで地震か・・・
過去にラクイラ地震というのがあったな。
今回以上の揺れで、死者も結構出たように記憶しています。

イタリア半島って、ユーラシアプレートとアフリカプレートがぶつかり合っていますので
大きな地震が発生する事があります。
火山も多いですね。
過去の災害としてはポンペイとか・・・
超有名です。

さて、震源は地下10kmということですが、
日本などの大地震も地下10kmが多いです。
地下10kmで何が起こっているのでしょうか?
地殻変動かな?

もしかして、近い将来、地中海とかエーゲ海で大規模な地殻変動が起こり、
海であったところが隆起
ヨーロッパ大陸などは逆に沈降とか
笑えない事態になるかもです。
事実、アルプス山脈は岩塩の名産地です。
海洋生物の化石が出土します。
あの高いアルプスは、大昔海だった証拠です。

地球内のマントルの流動が激しくなり、地球の磁極が反転すると主張する人もいます。
もしそれを信じるなら、地球内部で大きな変動が起こっているわけで、
地殻にも影響を及ぼすであろう事は簡単に想像できます。

でも、マジでヨーロッパが水没したら、
フランスの原発ヤバいですね!
ヨーロッパを中心に地球規模の放射能汚染が起こるでしょう。

そういえば、今朝のニュースで
フランスの原発に規格外の部品が使われていたことが発覚とか・・・
品質保証偽造で、本来の性能を発揮しない、もろい材質の部品が多く使われているようで、
原発事故に繋がるほど危険な状態だとか・・・。
韓国の原発は常時放射能漏れを起こしていますが、
フランスの原発も、大きな事故を起こすかもしれません。

なんとなく、将来を暗示しているようで「怖い」です。

それから、シリアを巡って、ロシアと米軍とかNATOの対立も激化しているようで、ウクライナで事変が起これば連動的にシリアでも米ロの衝突が表面化するかもしれません。

11月に大統領選を控え、大規模な軍事行動は避けたいアメリカですが、
そんな時期を巧みに突いたロシアの作戦かもしれません。

米ロの軍事衝突が起これば、地中海を挟んでの戦闘になりますので、
やはり「災いは海からやってくる」ことになります。
こうなれば、ドイツもイタリアも、その他NATO加盟国(もしかしたらトルコは除く)は非常事態になるのかもしれません。


ロイターより


・・・転載開始・・・

イタリアのペルージャ付近でM6.2の地震、建物損壊との報告
http://jp.reuters.com/article/italy-earthquake-idJPKCN10Z056


2016年 08月 24日

[ローマ 24日 ロイター] - イタリアのペルージャ付近で24日未明(日本時間午前)に、マグニチュード(M)6.2の地震が発生。首都ローマでも揺れを感じた。

イタリア首相府報道官は、災害対策関係当局と連絡を取り合っているとツイッターでコメントした。

米地質調査所(USGS)によると、地震が発生したのは24日0136GMT(日本時間午前10時36分)。震源の深さは10キロメートルと非常に浅い。

消防当局のスポークスマンは、建物が損壊したという報告を受けているが、今はこれ以上の詳細な情報は入手していない、としている。




・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム