Entries

女性教師を「雌」として見る韓国中高生

韓国では男子生徒の女性教師に対するセクハラが4年で2倍になったそうです。


<セクハラの例>

「うわあー、先生の胸はち切れそう」
「どうしてそんなに足が細いんですか」
「グラマーでセクシーなお姉さんが授業をしてくれれば聞くのもありかも」
「退勤後は何をするんですか。彼氏とモーテルに行くんじゃないですか」
「性関係をしましたね」 
「処女だと思っていましたが、子どもが二人もいるのを見ると性関係をしましたね」
「一緒に寝てみたい」
「社会の窓を開けるからキャンディー下さい」

ハッハッハ
さすが姦国!

近辺の学校では、そんなこと聞いたことないな・・・
同じようなことが起こっているが、学校が隠しているのか?
いやいやそんなことは無いです。

韓国って、「儒教」精神があるんじゃなかったの?
年長者や師を敬う精神はどこに行ったのかな?

中高生でこれじゃ、先が思いやられるな!
女性教員を
「教師」ではなく
「メス」としてしか見られない。
さすが、大姦民国です。

韓国では非常に性犯罪が多いです。
まあ、たまに、性による男性強姦なんていう事件もあるようですが、
圧倒的に、加害者は男です。

で、記事には「青少年たちの性文化と青少年の間でのスマートフォンの高普及率など社会全般的な問題と密接な関係がある」なんてありますが、
全くの見当違いです。
なぜなら、スマートフォンの普及は、先進国においてほぼ同じ状況ですが、それによって女性教師へのセクハラや性犯罪が増えたなんて話は聞いたことがありません。日本でも、そのような件が話題になったこともない・・・。

韓国特有の現象です。

もともと性衝動の強い民族で、本能を理性で抑える力も弱く、他人の心を思いやるような情緒なんて一切持たない民族に、女性の裸体や、SEX動画に簡単にアクセスできるツールを与えるということは、野に放った殺人鬼に刃物を与えるのと同じです。
原因は、スマートフォンの普及ではなく、民族の体に流れる「血」ですね。

こうやって、もっともらしい記事を書いている記者も、内心では中高に通う男子生徒が「うらやましい」と思っていることでしょう。


朝鮮日報より


・・・転載開始・・・



男子生徒のセクハラに悩む女性教師、韓国で急増
4年で2倍に
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/19/2016091901066.html



 京畿道で中学校に勤めるA教師(36)=女性=は3、4年に1回学校を異動するたびに恐ろしくなる。新たに赴任した女性教師には、男子生徒たちが行き過ぎと思われるほどの性的な冗談を頻繁に投げ掛けるためだ。Aさんは「生徒たちにあいさつしようと教壇に立ったところ、『うわあー、先生の胸はち切れそう』『どうしてそんなに足が細いんですか』といった話を何のためらいもなく口にする。こうしたことが何度もあるため、生徒たちが私をちらちらと見つめながらひそひそ話をするときは頭に来るが、恥ずかしくて生徒たちを見つめることもできない」とつらい心境を吐露した。

 Aさんのように生徒たちのセクハラに遭う教師が年々増えている。教権を侵害するケースは年々全国的に減ってはいるものの、特にセクハラだけは増加傾向にある。セヌリ党のヨム・ドンヨル議員室が7日、教育部(日本の省庁に当たる)から入手した『教権侵害現況』と題する資料によると、全国の小、中、高校生による教権侵害件数は2011年の4754件から昨年は3346件と減少した。教権侵害の類型の中でも大部分を占める授業進行の妨害や暴行、暴言なども毎年減る傾向にある。しかし、特にセクハラだけが2011年の52件から昨年は107件と2倍に増えた。

 セクハラの中でも教師に向かって性的な冗談を言う生徒が多かった。2014年に大邱の中学校である生徒が授業中に無駄話をして授業を妨害したため、教師が話をやめて授業に集中するよう促した。すると、この生徒は「グラマーでセクシーなお姉さんが授業をしてくれれば聞くのもありかも」と答えた。同生徒は10日間の謹慎処分となった。

 昨年3月には慶尚南道の高校の男子生徒たちが女性教師に「退勤後は何をするんですか。彼氏とモーテルに行くんじゃないですか」と言った。また、釜山の中学のある生徒は女性教師の子どもの写真を見ながら「性関係をしましたね」と言って、校内奉仕処分となった。

 このほかにも、生徒たちが教師に「処女だと思っていましたが、子どもが二人もいるのを見ると性関係をしましたね」(慶北、中学生)、「一緒に寝てみたい」(忠南、高校生)、「○○(生徒の名前)と寝ましたか」(忠南、高校生)、「社会の窓を開けるからキャンディー下さい」(慶南、高校生)など、到底考えられないような淫談を口走るケースもあった。

 特に生徒たちの間でスマートホンが普及したことで、スマートホンやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用して教師をセクハラするケースが年々増えている。例えば慶尚北道の中学のある生徒は2014年から15年まで携帯電話で2人の女性教師のスカートの中を十数回動画でひそかに撮影したことが発覚し、他校に転校した。また、昨年ソウルの中学1年生は教師の写真と淫乱な写真を合成してSNSに掲載したほか、全羅北道の高校2年生は教師のスカートの中を携帯電話で撮影し、これをカカオトーク(スマートホン向けの無料チャット・通話アプリ)のチャットルームに掲載。他の友人と写真を共有した。

 専門家たちは教権侵害事件の中でもセクハラは特に被害教師らに大きな衝撃を与えると説明する。韓国教総(韓国教員団体総連合会)のハ・ソクチン教権局長は「セクハラは心理的な衝撃に加え、性的羞恥心まで抱かせるため、心理的回復が非常に遅い」と警笛を鳴らす。

 教権侵害を阻むために昨年改定された「教権保護法」が先月施行されたものの、現場では教師のセクハラ問題の解決に対して相変らず懐疑的だ。教権保護法は、学校長が教権侵害事件を教育当局に必ず報告するよう命じており、深刻な教権侵害を経験した教員には専門的なカウンセリングを支援する「教員治癒支援センター」を運営するよう規定している。

 ハ・ソクチン局長は「教権保護法は事後対策に重点を置いており、加害者を教育する上での強制性もない。特に教師に対するセクハラ問題は青少年たちの性文化と青少年の間でのスマートフォンの高普及率など社会全般的な問題と密接な関係があり、法だけで解決することは到底難しい」と説明した。

キム・ヨンジュ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版





・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム