Entries

「大韓民国臨時政府」は認められませんでした。「北朝鮮亡命政府」も認められません。

脱北エリートがアメリカで「北朝鮮亡命政府」を樹立するそうです。
まあ、北朝鮮が嫌なのか?
金正恩が嫌いなのか?
何か後ろめたいことがあるのか?
事情はわかりませんが、とにかく北朝鮮を脱出したということです。

例えば、この状況を「日本」に置き換えて考えると、
1 日本は安倍になってから右傾化が凄まじく、国民は苦しんでいる。
2 こんな国にはもはや居られないということで、アメリカ駐日大使がアメリ
  カに亡命。
3 同じような理由で亡命した元日本政府関係者らが「日本亡命政府」樹立を
  アメリカで目指す。
さて、こんな事が可能なのか?

実現性は限りなく0に近いです。というか、不可能だと思います。
まず、「2」の段階で絶対無理。
亡命希望はアメリカによって却下され、更迭された後、日本に強制送還か?

アメリカと北朝鮮との間に国交はありませんが、100以上の国家が北朝鮮と国交を結んでいます。それから国連にも加盟しています。
ということは、国際社会は北朝鮮を国家として承認していることになります。

そんな北朝鮮から亡命した来た亜朝鮮政府関係者が「北朝鮮亡命政府」樹立を宣言するとして、それをアメリカはどう扱うでしょうね?各国に配慮しなければならない部分がありますので、そう簡単にはいかないでしょう。
また、韓国は北朝鮮も領土の一部と定義しており、
現在朝鮮半島は内戦中で、38度線で休戦しているだけです。
で、韓国には米軍が展開している・・・。

さて、韓国はご存じの通り、日韓併合は不当であり認めないとの立場です。
その根拠となるのが、彼らの言う「大韓民国臨時政府」の存在ですが、
その昔、満州帝国建国関連でりっとン報告書にぼろくそ書かれた日本政府は、
国連を脱退しました。
当時の日本は朝鮮半島を併合していましたね!
つまり、朝鮮半島込みで「大日本帝国」であると
当時の国際社会は認識していた・・・。
そんな状況下で、国際社会が「大韓民国臨時政府」を認めたのか?
認めてませんね!
「大韓民国臨時政府」の存在を主張しているのは韓国だけです。
しかも、これが、大韓民国建国の礎になっており、抗日・反日運動の根拠ともなっているわけですが、
この大前提が崩れるとなれば、韓国が国民に吹き込んできた「誇らしい歴史」は全部「嘘」ということになりますね!
下に引用した記事は、「東亜日報」の日本語版で、
当然、母国語でも配信しているはずです。
韓国人は、この記事を読んで、
「歴代韓国政府の虚言」と、「壮大な偽りの歴史」に
気が付かないのかな?

気が付かなかったら、正真正銘の「バカ」です。
もう救いようがなですね。
韓進、サムスン、ヒュンダイ、ロッテで崩れ
外資に食い荒らされ、荒れ地になった後、
北朝鮮に食われても仕方ないです。
そうなれば、「北朝鮮亡命政府」とかほざいていた連中らは
強制送還で全員国家反逆罪で銃殺です。



東亜日報より

・・・転載開始・・・


米に「北朝鮮亡命政府」、脱北エリートが樹立計画
http://japanese.donga.com/List/3/01/27/756266/1



Posted October. 07, 2016 08:55, Updated October. 07, 2016 09:20loading

海外に居住する脱北エリートと韓国の主要な脱北者団体長が連帯し、来年上半期に米国で「北朝鮮亡命政府」を樹立する計画だという。最近になって北朝鮮高位層の脱北が相次ぐなど金正恩(キム・ジョンウン)政権に対する内部エリートの反感が高まる中、北朝鮮の民主化運動の求心点を作ることが狙いだ。
亡命政府樹立計画に深く関与している脱北者団体長のA氏は6日、「来年初め、米ワシントンで仮称『北朝鮮自由民主亡命政府』の樹立を宣言する計画だ」とし、「すでに脱北団体長約10人から意見を聴いた」と明らかにした。また、「当初、年末に樹立宣言をする考えだったが、亡命政府設立の資金問題などいくつかの準備が必要で、来年初めに先送りした」と話した。
亡命政府の設立を提起した人物は、最高位級の脱北者とされるB氏。金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の秘密資金を管理する労働党39号室の高位幹部だったB氏は、昨年第3国を経由して家族と共に韓国に亡命した。今夏に米国の永住権を得て、家族と共にワシントンに渡った。B氏は韓国に入国した直後から「時が来た。亡命政府を樹立しなければならない」と主張してきた。
 
亡命政府は、政治的には自由民主主義体制を、経済的には中国式改革・開放政策を導入する綱領を採択している。自由民主主義体制に多少異質な中国式改革・開放政策を導入すると明らかにした理由は中国の支持を得るためだと、A氏は説明した。
韓国でなく米国で亡命政府の樹立を推進する理由は、韓国憲法第3条に違反する可能性を懸念したためだ。「大韓民国の領土は韓半島とその付属島嶼とする」という憲法第3条は、北朝鮮も韓半島に含んでいる。韓国政府が北朝鮮亡命政府を認める場合、北朝鮮を外国と見なすことになり問題となり得る。
国際法の専門家である韓明燮(ハン・ミョンソプ)大韓弁護士協会統一問題研究委員会副委員長は、「北朝鮮が国連に加盟している以上 米国など他国も亡命政府の法的地位を認めない可能性がある」と指摘した。法的地位を認める代わりに亡命政府の活動を黙認する可能性も提起され、結果が注目される。








・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム