Entries

日本は韓国を助けません。自衛隊、朝鮮半島行けませんので・・・

韓国は日本との軍事情報包括保護協定締結を考えているのか・・・
この話は、以前も読んだような気がするな・・・
違ったかな?
軍事に関する情報を「共有」することを日本側が提案したけれど、
結局不調に終わったのではないか?

その時の理由も、日本が「信用できない」的なものだったと思います。

国会の同意がなければ自衛隊は朝鮮半島に入れない。
日韓は相互不信の関係にあると?!

朝鮮半島で有事が勃発した場合、
まず気がかりなのが、在留邦人の安全確保です。
他国、例えばアメリカなどでしたら、自国民救出のため軍を派遣すると思いますが、いちいち韓国の承認なんて必要ないのでしょう。
日本にだけハードルを設けていると言うことか?
国会を開いて自衛隊が朝鮮半島に入ってもいいかどうか討議する?
国会って、ソウルで開くのでしょうが、ソウルと38度線は数十キロしか離れていません。
北朝鮮が国境付近で軍事行動を起こせば、数時間でソウルが包囲されるか攻撃される恐れがあります。
そんな切羽詰まった状況で、国会を開くなんて無理なのでは?
奇跡的に開催できたとしても、
自衛隊に関する件なんて後回しになるでしょうから、
実質、自衛隊は邦人救出に向かえないということになります。

非常時って、交通が麻痺します。道路は車で埋め尽くされ、列車などの公共交通機関も運行できるかどうか疑わしい・・・。
空港や港湾へ辿り着けば、他国の救援隊のお世話になることも可能でしょうが、
交通手段が無ければ脱出不可能です。

北朝鮮軍に、韓国人もろとも殺されるか、
あるいは、「日本人が水道施設に毒を入れている」とかデマが流れて、日本人は韓国人の手によって皆殺しにされるかです。

韓国にいる日本人は、覚悟しておいた方がいいかも知れません。

それから、先ほど書くのを忘れていましたが、現状日本は、9条の縛りがあり、紛争地への派兵はかなり難しいです。
仮に北朝鮮が韓国に対して武力侵攻を実行しても、日本は韓国を軍事的に援助することは無いでしょうね。
あっ!
日韓でこういうやりとりがあたっとき、韓国側は凍り付いたとか(笑)
実際に朝鮮半島で有事が勃発するかどうかわかりませんが、
もし、北朝鮮が南下してくれば、韓国軍は為す術がないということでしょう。
追い詰められると、後ろは「海」ですから・・・。
一方北朝鮮はいくらでも退路を確保できます。
後方は広大なアジア大陸ですので・・・。
地政学的には北朝鮮の方が有利かと思います。
ということで、
同盟国からの軍事援助が無ければ、韓国は一週間も保たないでしょう。


聯合ニュースより


・・・転載開始・・・



国会同意なければ自衛隊は朝鮮半島に入れない=韓国国防部
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2016/10/28/0400000000AJP20161028002300882.HTML


2016/10/28 12:09
【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は28日、国会国防委員会に提出した懸案報告書を通じ、「(日本との)軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が自衛隊の朝鮮半島進出を保障するという懸念が出ているが、韓国の主権問題としてわれわれの要請や同意なく自衛隊が韓国の領域に入ることはできない」と述べた。自衛隊が朝鮮半島に進出しようとする場合には、韓国の憲法に基づき国会の同意が必要だと強調した。日本とのGSOMIA締結に向けた議論再開の決定を受け、自衛隊を警戒する意見が出ていることに反論するもの。

 国防部は「GSOMIAは情報交流と保護の手順を明示した基礎段階の協力であり、日本の軍事大国化、安全保障関連法、改憲などの動きとは別個だ」と述べた。GSOMIAが日本の安保法制を容認するものではないかという指摘にも、「GSOMIAの締結により自衛隊の法的な地位と役割に変動が発生することはない」と説明した。

 国防部は「高度化する北の核とミサイルの脅威に効果的に対応するには、日本ともGSOMIAを締結することがわれわれの安保利益に合致する」と述べた。政府は日本との特殊な関係や歴史問題を考慮し、国民の支持と協力を得ようと努力しているという。

 GSOMIA締結による韓国の実益については、「日本の情報能力を韓国の安保に利益となる方向へと活用することが可能だ」と強調した。韓日の情報交流は朝鮮半島情勢の安定と北朝鮮に対する抑止力確保にもプラスに作用するとした。

 一方、国防部はこの先、日本と中国をはじめとする11カ国と軍事情報保護協定の締結を推進することも報告した。韓国は現在、米国やロシア、フランスなど19カ国と協定を結んでいる。

mgk1202@yna.co.kr




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム